眼鏡が合わない場合はどうすれば?無理すると起こることと対処方法!

対策・治療

眼鏡は、自分に合う眼鏡を利用することが大切になります。
自分に合わない眼鏡を無理して使い続けることで、
結果的に自分の目の助けになるどころか、
逆効果になってしまうことも考えられますから、
しっかりと自分に合う眼鏡を作ることが大切になります。

できれば、最初に眼鏡を作る際には、
眼科医の指導のもと、しっかりと適切なものを
作ることをおすすめします。

が、そうは言っても、合わない眼鏡を作ってしまった!
などという人はいるかと思います。

そんな場合はどうしたら良いのかを、まとめてみました。

合わない眼鏡を作ってしまったら…?

眼鏡は、自分と相性の合うものをしっかりと使っていくことが
大切になります。
どんな眼鏡が自分にとって良い眼鏡かは、人それぞれ違いますから、
眼鏡店、もしくは眼科でしっかりと検査を行ってから、
眼鏡を作る必要があるのです。

例えば、自分の視力に合っていないレンズなどを
使っていれば、見えにくいだけではなく、
目に余計な負担をかけますし、
その他の症状であっても、それは同じことです。
”合わない眼鏡を使う”ということは目にとって
プラスどころか、マイナスになってしまうのだと言うことは
覚えておかなくてはいけません。

では、自分と相性の合わない眼鏡についての
ポイントを書いていきます。

無理して使い続けると…?

合わない眼鏡を無理して使い続けると
どのようなことが起こってしまうのでしょうか。
結論から言えば、目の負担になりますから、
目を助けるどころか、苦しめることになります。

合わない眼鏡を無理して使っていることにより
引き起こされる症状としては
「眼精疲労」や「視力の低下」などでしょうか。

まず、合わない眼鏡を使っている、ということは
無理してものを見ようとしますから、目に負担が
かかります。
そうなると、眼精疲労の症状を引き起こす可能性があります。
眼精疲労の症状は、目の疲労感から肩こり、首の痛み、
精神的な症状など、色々な症状を引き起こしてしまいますから、
注意しなくてはなりません。
目の疲れが引き起こす眼精疲労の記事で詳細を解説しています)

また、無理やりモノを見ようとすることで
疲労が蓄積してしまうだけではなく、
視力低下にもつながってしまう可能性は
充分に考えられます。

”眼鏡をかけると視力が低下する”という話を
聞いたことがある人もいるかと思いますが
実際のところは眼鏡自体が視力を引き下げるわけではありません。
正しく眼鏡を使っていれば、眼鏡をかけたからと言って、
視力が下がるようなことは、本来はないのです。

それでも、眼鏡をかけると視力が下がる、と言われるゆえんの一つが
「自分に合わない眼鏡を使ったことによる視力低下」のようです。
合わない眼鏡を使い続けることによって、
目に負担が下がり、結果的に近視が進んでしまう、と
そういうことになるわけですね

また、日常生活においても、
見え方に不自由がある眼鏡を使っていれば、
ふとした瞬間に転倒したり、そういうことに
繋がってしまう可能性は十分にあるのです。

合わない場合はどうすればいいの?

作った眼鏡が自分の眼鏡と相性が合わない場合、
どうすれば良いのか。

まず、眼鏡の販売店に問い合わせてみるのも
良いかもしれません。
この場合、お店次第になりますから、対応してもらえるかは
分かりせんが、ちゃんと検査して作ったにも関わらず
何か違和感を感じるのであれば、一度
相談してみるのも良いかと思います。

もしくは、眼科で診察を受けて、
眼科医に検査してもらい、どのようにするべきかの
判断を仰ぐのも良いと思います。

大切なことは”間違ってもそのまま我慢しない”ということです。
多少でも、見え方に違和感を感じる場合は
眼鏡の販売店、もしくは眼科医に相談してみましょう。

どのような対応になるか分かりませんが、
何らかのアドバイス・対応はしてもらえるかと思います。

また、しばらく使っていた眼鏡に違和感を感じるようになった場合、
自分の視力などが変化して”眼鏡が合わなくなった”可能性もあります。
その場合も、面倒がらずに、眼鏡屋、もしくは眼科に
相談するようにしましょう。

ちゃんと相性を合わせるために…

眼鏡を作るのにもお金がかかります。
種類にもよりますが1万円以上かかることがほとんどです。
そのため、”失敗しない眼鏡づくり”を心がけたいモノですよね。

いざ、眼鏡を購入して、自分に合わない、となると
面倒なことになりますし、場合によっては、さらに費用が
かかるような結果になってしまう可能性もあります。
しっかりと事前に眼鏡販売店か眼科で、検査を受けて、
自分に合う眼鏡を調べてもらい、
眼鏡を作るようにしていきましょう!

ただ、時間の経過と共に、自分の目の様子も
変わってくるかと思いますから
違和感を感じたら、無理をし過ぎないように
することが大切になります。

まとめ

目の助けになってくれる眼鏡も
自分との相性が合わないものを無理して
使い続けていれば、逆に目に負担をかけることになり、
眼精疲労や視力の低下などを招いてしまう場合があります。

そうなってしまわないためにも、
眼鏡を作る際には、しっかりと検査などを行っておくことが
大切なポイントになりますし、
もしも、この眼鏡だと見にくい…だとか、
そういう風に感じるようなことがあるのであれば、
それは自分と相性が合っていない証拠です。
くれぐれも無理をすることなく、
眼科医や眼鏡の販売店に相談してみるようにしましょう。

我慢は、目にとって、毒でしかありません。