飛蚊症の情報まとめ!原因・対策・治療法・体験談・その他を徹底解説

病気・症状

飛蚊症(ひぶんしょう)は、
黒い浮遊物などが視界に現れる症状です。

病気が原因の場合もありますが
基本的には生理的なものが原因であり
多くの場合は治療などは必要のないものです。

が、視界に常に黒いものが見えるために
気になってしまうのも事実だと思います。

こちらでは、当サイトの飛蚊症に関する情報を
まとめておきました。
基本的な概要から体験談まで、
細かくまとめてあるので、それぞれのページを
参考にしてみてください。

飛蚊症を徹底解説!

当サイトの飛蚊症に関するページを
まとめました。
各ページに情報をまとめてありますので、
黒い浮遊物に悩まされている場合は
参考にしてみてください!

飛蚊症とは?
飛蚊症の基本的な情報についてはこちらにまとめてあります。
原因、症状、検査方法、治療方法など、飛蚊症の基本的なことを
知りたい場合はこちらのページの方をご覧ください!

生理的飛蚊症は放置しても大丈夫?
病気が原因のものと、生理的なものがあります。
そのうちの、病気でないものは基本的に治療をしないで、
そのままにしておくことになります
放置しておいても大丈夫なのかどうか、解説します。

悪化する原因と対処法
”前から飛蚊症になっている”人でも何かをきっかけに症状が悪化してしまうことも
実際にあります(私もありました)。悪化する原因は何なのか。もしも急に
悪化してしまった場合はどうすれば良いのかをそれぞれまとめました。

気にしないようにするためには?
生理的なものが原因である場合、基本的には治療は行わず、
”なるべく気にしないようにして下さい”
という対処法になる場合がほとんどだと思います。
とは言え、変な浮遊物が見えている、という状態は不愉快なもの。
なるべく気にしないようにする方法を、実体験を元にお話していきます。

体験談
私は、小さい頃から飛蚊症の症状があります。もう、20年以上の
付き合いになりました(汗)そんな私の体験談を、一つの参考として
お話していきます。
(人によって原因が異なる可能性があるので、参考程度にしてください)

光視症を同時に感じる場合
光視症(こうししょう)とは、光のない場所で、光を感じる症状です。
その光視症と飛蚊症の症状が出ている場合、どのような原因が
考えられるのかをまとめました!

治療薬について
飛蚊症に治療薬はあるのかどうかをまとめました。

脳との関係は?
飛蚊症の症状は、基本的には、目を起因とするものです。
では、脳には関係はないのでしょうか。目の見え方と脳は関係性の深いものです。
黒い浮遊物が見える状態と、脳の関係性についてのお話をします。

飛蚊症に関する情報は
今後も更新次第、こちらに追加していきます。
私は、小さい頃からずっとなので、これからも
付き合いが続いていくと思いますが、
なるべく気にしないようにしていきたいところです
(10年以上の付き合いでも、どうしても時々気になることもあります)

違う病気の可能性

飛蚊症かな?と思っても、違う病気や症状である可能性も
考えられます。
それぞれ、見え方は違いますが、”視界に何かが見える”という点で
類似したものをご紹介していきます
下記に当てはまる場合、それは飛蚊症ではないかもしれませんし
併発している可能性もあります

光視症(こうししょう)
光の無い場所でも、光を感じてしまう症状です。
こちらの場合は、黒い浮遊物ではなく、”光”だったり
カラフルな点粒だったりするので、黒い物体以外のものが見えている場合は
こちらの可能性もあります(併発することもあります)

ブルーフィールド内視現象
空や白い壁を見ると、無数の透明の粒粒が動き回っているように見える現象です
これは通常の人間の反応で、個人差はありますが、健康でも見えるモノです。
病気ではありません。
飛蚊症の浮遊物よりも早い動きで、カタチも固定されていることが多いです。

ビジュアルスノウ
砂嵐のようなものが視界全体に見える病気です。
飛蚊症は、黒い浮遊物が漂うな感じで、目を動かすと移動するような感じですが、
この病気の場合は、視界全体に、砂嵐のような、ノイズのようなものが見えます。
目を瞑っても、ざらざらした感じに見えることもあり、症状は異なります。

閃輝暗点(せんきあんてん)
ギザギザとした光が目に焼き付くようにして突然出現する症状です。
通常、数十分~数時間で消失し、その後に頭痛を伴います(片頭痛の前兆現象です)
これは浮遊物と言うより、ギザギザした光なので、区別は比較的つきやすいと思います。

こんなところでしょうか。
個人的に思う、誤解しやすい順に並べてみました。
飛蚊症との付き合いが長ければ見分けもすぐにつくのですが
そうでないと勘違いしてしまうようなこともあるかもしれません

大事なことは…

初めて飛蚊症の症状が出た場合は、
その原因が生理的なものか、網膜剥離などの病気が原因か
検査しない限り分かりません。

ネットでいくら情報を調べても
ネットで質問しても
それは、あなたの目を見た上での答えではありませんし
眼科でちゃんと検査をしない限り、
あなたの目がどうなっているか、その答えを出すことは
できません。

飛蚊症が初めて出た場合や
急激に悪化した場合、
気になる場合は、眼科で検査を受けて
答えをはっきりとさせることをおすすめします。

まとめ

多くの場合、飛蚊症は気にしなくても大丈夫なものではありますが、
場合によっては、網膜剥離の症状の一つとして
出現している場合もあります。

そのため、可能であれば眼科で検査を受けておくのが確実です。

どんなにネットで「生理的なものが多い」と書かれていても、
それは100パーセントではありませんし、
最終的に答えを知るためには、眼科で検査を
受けるしか方法はありません。