眼精疲労の情報まとめ!単なる目の疲れと侮ってはならない!

目の疲れも油断してはいけないものです。

目が疲れた状態を蓄積させてしまうことで
「眼精疲労(がんせいひろう)」と呼ばれる
状態になってしまい、
自力での回復が困難になるほか、
他の病気に繋がったり、視力障害を引き起こしたり
する可能性があります。

そうなってしまわないように、
しっかりと眼精疲労についての理解を
深めておくことが必要です。

スポンサーリンク

眼精疲労の基本

眼精疲労は、目の疲れが蓄積してしまった状態で
基本的には「目の疲れ」を原因としたものになります。
ただし、場合によっては、他の目の病気などが
原因となって症状が出現している可能性もありますから
その点には注意をしなくてはいけません。

症状としては、目の不快症状全般、
視力障害など多岐に渡り、
目以外の症状(頭痛、首の痛み、肩の痛み、精神的症状)に
繋がる可能性もあります。

眼精疲労の基本情報
基本的な情報は記載してありますので、ご覧ください。

症状について知る!

眼精疲労という病気について
ある程度の理解を深めておくことは大事なことです。
最終的には眼科を受診しなければ治療することは
できませんが、ある程度自分で知識を深めておく、
ということは大切なことなのです。

下記に当サイトの眼精疲労の記事を
まとめましたので、お役立てください。

予防方法は?
眼精疲労になってしまった場合は、それをしっかりと治療していく、
ということが大事になりますが、そもそも一番大事なのは「眼精疲労」に
ならないことです。眼精疲労になってしまう確率を少しでも
下げるためにはどうすれば良いのでしょうか。

要注意な眼精疲労
眼精疲労は、具体的に検査で異常が出るわけではないですから、
具体的にはっきりとは分かりにくい病気です。
場合によっては「眼精疲労」だと思っているものが別の病気である可能性も。
要注意な眼精疲労についてまとめましたので、参考にしてみてください。

失明につながる可能性は?
目の病気で一番怖いのが「失明」であると思います。
では、この眼精疲労が失明につながってしまう可能性はあるのでしょうか。
基本的にはよほどのことがなければ眼精疲労から失明、ということはないはずですが、
それでも決して、可能性は0パーセントではないのです。

目以外の症状
眼精疲労の症状は、目だけとは限りません。目以外の部分にも症状が
出ることがあるのです。頭痛、首の痛み、肩の痛み、精神的症状…。
色々な症状が出てしまいますので、注意が必要です。
それぞれの症状が出た場合の対処法をまとめておきました。

何科を受診すべき?
目の疲労で病院を受診する場合、何科を受診するべきなのかどうか。
眼科か、それとも別の科か。
迷ってしまう方のために、情報をまとめました。
また、病院を受診する際の注意点についてもお話していきます。

適当な診断に使われることも…?
眼精疲労は、適当な診断に使われることもあります。
眼科で診察を受けて、特に検査などで異常が見つからない場合、
眼精疲労やドライアイなど、適当な診断をされる可能性も0ではない、
ということです。眼精疲労の診断を受けても
100パーセントそうではない可能性もあるのです。

本の読みすぎも要注意?
本の読みすぎでも、目に負担をかけてしまい、眼精疲労を
招いてしまう可能性があります。よく読書する!という方は、そういった面にも
注意をするようにしましょう!
目の調子を守るためにも、大事なことです。

残像が残りやすい
眼精疲労が原因で、見たものがなかなか視界から消えない「残像」が
残りやすい症状が出る可能性があります。
そのような症状が出てしまった場合にはどうすれば良いのでしょうか。
残像について解説していきます。

関連する病気など

眼精疲労と関わりの深い病気などの情報を
下記にまとめました。

VDT症候群
パソコンやスマートフォンなどの電子機器の利用が原因で
生じる不調…つまりは眼精疲労と同じような意味合いのものです。
基本的には眼精疲労と同じと考えてよいと思いますが
こちらはPCやスマホが原因の場合を示しています。

ドライアイ
目の渇きなどが原因で生じる目の不快感を伴う病気です。
涙の質が変わってしまうことなどにより発症します。
眼精疲労は、こちらの症状にも繋がってしまう可能性があり
注意が必要になります。

スマホやパソコンは病気の原因となるのか?
スマートフォンやパソコンの利用は、目の病気の原因と
なってしまうのでしょうか?スマホやパソコンが目の病気に繋がる
可能性と、その対処法について、それぞれ解説していきます。

目が疲れても仕事で目を使う場合
眼精疲労の予防は、目をなるべく酷使しない、ということになりますが
それでも仕事などでやむを得ず、目を酷使してしまうようなことは
あるかと思います。
「目が疲れていても、仕事で目を使う場合」の対処法をまとめました。

まとめ

眼精疲労は単なる目の疲れと侮ってはいけない病気です。
そこから、思わぬ目の病気に
発展する可能性もありますから
決して甘くみたりするようなことなく
もしも目の疲れが蓄積されていると感じるのであれば
早い段階で治療をスタートすることをおすすめします。

私は、ビジュアルスノウという治療方法不明の
目の症状を発症していますが
そうなる直前、ビジュアルスノウの入り口と
なってしまったのが、この眼精疲労であると考えています。
単なる疲れ、と侮ることのないようにしましょう!
病気は、後から後悔しても、手遅れなこともありますからね。