視野が欠けているかどうか自分で確認することはできるの?

検査・眼科

目にとって「視力」も大事ですが
「視野」も大事なモノになります。

視野とは、目で見えている範囲ですね。

これが狭くなったり
一部が欠けていたりする場合は
何らかの病気のサインである可能性もありますし、
緑内障などの病気の場合、
視野が欠ける、という症状が発生します。

この視野の欠損は厄介なもので
少しずつ進行している場合に関しては
なかなか気づけない場合があります。

脳の病気などで、急激に視野が狭くなったり
した場合に関しては、さすがに本人も自覚
できるとは思いますが、そうではなく
少しずつ視野が欠けている場合は
なかなか気づくことができず、
気付いたときには緑内障などの病気が進行
してしまっていた!などという可能性も十分にあります。

そうなってしまわないための検査が
「視野検査」になります。
仮に、視野が欠けていることを自覚できていなくても
この検査を行うことで、視野の欠損を確認することが可能になるのです。

では、この視野検査を眼科などに行かず、
個人で行うことはできるのでしょうか。
それについて見ていきましょう

こちらでは個人で視野検査を行う方法について
解説していきたいと思います。
視野検査についての記事のほうで、検査自体の
内容については紹介していますので、
そちらの方も参考にしてみてください!

自宅で視野検査をすることはできるの?

基本的に、視野検査に限らず、目の関係の検査を
行うためには眼科などに足を運ぶ必要があります。

しかしながら、視野検査もそうですし、
視力検査や色覚検査などの簡単な検査などであれば
自宅で参考程度に検査をすることは
可能です。
その方法について、そして、もしも自分自身で
視野検査を行うのであればどのような点に
注意をすれば良いのかをそれぞれまとめていきたいと思います。

もしも視野の欠損が気になる場合は
定期的にやってみるの良いかもしれませんね。

自主的に検査する方法

視野検査を自主的に行う場合は
ネットを利用して行うのが一番手っ取り早いかと思います
「視野検査 自分で」とでも検索すれば
自分で視野を確認するための
サイトがいくつか出てきます。

これらを用いれば
もちろん参考程度にしかならないのは
事実ですが、ある程度の目安には
なるかと思います。

自分自身でなんとなく視野が欠けていないか
どうか心配な人は、こういった検査を
利用してみるのが良いかと思います。

もしも、自主的に検査をしてみて
異常がない、と感じるのであれば
そのまま経過観察をしてみても良いと思いますし
(ただし、自主検査の場合、異常が必ずしも
ないとは限りませんので気になる場合は
様子を見たり、眼科を受診して下さい)、
異常がもしも見つかったのであれば
眼科などで治療を受けることを
おすすめします。

あくまでも目安

自主的に視野検査を行った場合、
ある程度目安にすることはできるかと思いますが
あくまでも目安、ということは
忘れないようにして下さい。

どんなに自分で色々と確認してみても
正式な診断は、個人で出すことはできませんし、
本当に視野が欠けているのかどうかを
断言することはできません。

また、視野が欠けてしまっていたことが
分かった場合でも
”なぜ”視野が欠けたり、狭くなったりしているのかを
自分自身で知ることはできませんし、
その治療を行うこともできません。
ですので、最終的には眼科での
検査・治療が必要になる、ということは
忘れないようにして下さい。

目安として
・検査をしたけど、自分自身が気になる場合
・自主的に検査をして視野欠損が見つかった場合
・視野欠損が明らかに自分で分かる場合
・どんどん症状が悪化している場合

などの場合は
眼科を受診することをおすすめします。

自分自身で視野検査をする、ということは
予防目的の人もいるかと思いますが
多くの場合は、何らかの理由で自分自身が
視野について気にしているから
自主的に検査をするのだと思います。

目安程度に利用する場合は
構いませんが、本当に気になってしまって、
という場合に関しては、やはり、眼科に
行かないと、その答えを知ることはできません。

悩むよりも、眼科に行く、ということが
一番の正解である、ということは
書いておきたいと思います。

視野が欠けていると…?

視野欠損が出ている場合は
何らかの原因がある場合がほとんどです。
何の異常もないのに視野が欠ける、
などということは基本的には
考えられないことです。

急激な視野の欠損であれば
脳の異常なども考えられますが
基本的には「緑内障(りょくないしょう)」と呼ばれる
目の病気である可能性が考えられます。
もちろん、これが全てとは限りませんが
いずれにしても、何らかの病気である可能性は
非常に高くなりますから、
視野欠損が起きた場合に関しては
念の為眼科で検査などを行うようにしましょう。

上で挙げた緑内障などの場合に関しては、
眼圧検査(がんあつけんさ)などを行い、
調べることができます。

が、ザンネンながらこの眼圧は
自分自身で調べることはできませんので
眼科を受診して調べるしか方法はありません。

まとめ

視野の簡易的な検査であれば
ネットなどで行うことができますから
もしも心配なのであれば
一度検査をしてみることをおすすめします。

ただし、あくまでも自分で行うことのできる検査は
目安でしかなく、病気かどうかなど
確実な答えを得ることはできませんし、
万が一何らかの病気であった場合に関しても、
それを治療することは難しいです。

目安としては良いですが、
最終的には眼科を受診しなければ
答えを得ることはできない、
ということは覚えておきましょう。