目薬関連情報まとめ!正しい利用方法で目の健康を守る!

対策・治療

目薬は目の健康を維持したり
目のかゆみを止めたり
病気の進行を抑えたり、と
色々なことに使われます。

しかしながら、その利用方法を
間違えてしまうと逆に目に重大な
トラブルを引き起こすことになってしまいますから
注意をしなくてはいけません。

目薬関連の情報をまとめました。

安全な利用方法を知る!

目薬を安全に利用するための方法を
しっかりと理解しておく、というのは
とても大事なことです。
目薬の安全な利用方法をしっかりと理解して、
逆効果になってしまわないように、
利用していくように心がけましょう。

目薬を知る!

目薬関連情報を下記にまとめました。
安全のための情報や扱い方について
まとめてあるので、しっかりと理解して
利用していくようにしましょう

口に入ってしまった場合
目薬を利用していて、うっかり口に入ってしまった場合の対処法をまとめました!
目薬を使っていると、どうしてもうっかりと口に入ってしまうようなことも
あるかと思います。健康被害はないかどうか、もしも口に入ってしまった場合は
どうすれば良いのかを解説します。

実際に処方された目薬
私が今までに実際に処方された目薬をご紹介していきます。
過去に色々な症状で眼科に足を運びましたが、
その都度、症状に応じた目薬が処方されました。
あくまで一例ですが、処方された目薬をご紹介します。

市販の目薬レビュー
これまでに私が試した市販の目薬のレビューです。
今後も新しい目薬を試すごとに、増やしていく予定です。
あくまでも個人的な感想になりますので、自分でしっかりと
良い目薬を見極めるようにして下さい。

市販の目薬を購入する際のポイント
市販の目薬を購入する際のポイントをまとめました。
市販の目薬を購入する場合にも、注意しなくてはいけないことがあります。
自分の症状に合うものをしっかりと見つけて、
治療をしていかなくてはなりません。

使用期限について
市販の目薬にも、病院で処方される目薬にも「使用期限」というものがあります。
これをしっかり守らないと、逆効果になってしまうことも…。
使用期限についてをしっかりと理解しておき、使用期限が切れてしまった
ものは利用しないようにすることが大事です。

常用について
目薬を常用することはダメなのかどうか、まとめました。
常用することによって、思わぬ逆効果を招いてしまう可能性も
ありますから、利用する際には、必要以上に常用してしまって
いないかどうか、よく確認する必要があります。

使いきることができない場合は?
目薬を使いきることが出来ない場合はどうすれば
良いのでしょうか。無理して使うことのないようにしましょう!

併用について
市販の目薬を2種類以上同時に使う場合は、注意しなければいけない部分もあります。
目薬を併用する際の注意点をまとめました。
併用すること自体は絶対禁止ではありませんが、併用の仕方を間違えると
トラブルの原因になってしまいます。

未開封の目薬の使用期限が切れたら?
まだ一度も使っておらず、開封していない目薬の使用期限が
過ぎてしまった場合は、どうすれば良いのでしょうか。
そのまま使っても良いのか、それとも使うべきではないのか、
それを解説していきます

目薬がダメになってしまう?
まだ残っている目薬がダメになってしまうこともあるので、要注意です!
しっかりと保管しておくことが大事ですが、もしもそうなってしまった場合には
使わないようにしていかなくてはなりません。
目薬がダメになってしまうパターンをご紹介します。

目薬にごみが入ってしまった場合
目薬を使っていると、容器の中にゴミが入ってしまうようなこともあります。
もしも、目薬の容器の中にごみが入ってしまった場合は、
どうすれば良いでしょうか。
取るべき行動と対処法について解説していきます。

目薬に高いお金を出す必要はあるの?
市販の目薬には安いものから高いものまで色々あります。
ただし、闇雲にお金を出せば良い!という問題ではありません。
安いものであっても、自分に相性が合っていればそれで良いですし、
逆に相性が合っていなければ高い目薬であっても逆効果の場合もあります

目薬は1日何回まで?
目薬は1日何回まで使っても良いのでしょうか。
用法を守ることは、とても大切なことになります。
1日にどのぐらいの回数に目薬を利用しても良いのかどうか
使いすぎるとどうなってしまうのか、それぞれ解説していきます。

目薬を使ってはいけない状況
まだ残っていても”目薬を使ってはいけない状況”というものも
存在します。浮遊物が浮かんでいたり、何かゴミのようなものが
見えたり、濁っていたり…そういったことが起きた場合には
注意をしていかなくてはなりません

冷蔵庫で保管しても大丈夫?
目薬を冷蔵庫で保管することは問題ないのかどうか。
目薬の最適な保管方法から、冷蔵庫で保管しても、変質したり
しないのかどうか、冷蔵庫で保管する場合にはどのような点に
注意したら良いのか、それぞれまとめました。

冷凍してはいけない理由
目薬は冷凍してはいけません。その理由と注意点をお話します。

用法を守らないと毒になることも

目薬は用法や決められた使い方を
しっかりと守ることも大事なポイントの一つに
なってきます。
用法をしっかりと守らないで利用していると
結局のところ、目薬が”毒”になってしまい、
逆にマイナスになってしまう可能性が非常に
高くなりますから
しっかりと安全面についてを理解し、
ちゃんと目薬を利用していく、ということが
大切になってきます。

くれぐれも、自分の判断で勝手な使い方を
したりだとか、そういったことは
ないようにしていきましょう。
間違った使い方は、
目に思わぬトラブルを引き起こすことにも
繋がってしまいます。