目のマッサージは効果があるの?それとも逆効果?ポイントを解説!

対策・治療

「目のマッサージ」

目の周辺のツボ押しなどをすると
眼精疲労に効果がある、などと言われています。
しかしながら、これが本当なのか、それとも逆効果なのかは
色々と言われており
「効果がある」と言う人も居れば
逆に、「逆効果」と言う人も居ます。

実際のところどうなのか、
気を付けるべき点はどこなのか、
私の実際の経験も交えて解説していきます。

マッサージをするとどうなるの?

目のマッサージにはあらゆる種類があります。
本当に色々な種類があるので、
興味のある人はネットで検索してみて下さい。
すぐにマッサージのやり方が見つかるはずです。

が、気になるのはそこではなく、
”本当に効果があるの?”という点と
”逆効果じゃないの?”という点であるかと思います。

実際に効果があるのか、ないのか、
調べてみるとこれは賛否両論であり、
実際に通っている眼科の先生にも聞いて見たところ
「効果はあまりないと思う」とのことでした。

効力としては「目の疲れの解消」がメインで、
中には「視力回復に効果がある!」などと言っている
マッサージもありますが、基本的には
”目の疲れの解消”ということになるかと思います
(基本、視力はそんな簡単に回復するものじゃないです)

が、逆効果という人がいるのも事実です。

このように意見が分かれるのは何故か。
それは、”方法が色々ある”からでしょう。
効果が期待できるマッサージもあれば、
効果が無いマッサージも、逆効果になるマッサージもある、
ということだと思いますし、
どのぐらいの力でマッサージをやっているか、などの「やり方」
自分の目の病気の有無、周囲の環境など、
色々なモノに左右されてしまうことにより、
効果が出る人も居れば、逆効果になる人も居る、ということなのでは
ないかと思います。

人によって意見が分かれるので
”正解”はなさそうですが、下記のポイントは
抑えておいた方が良いでしょう。

病気を治すものではない

目のマッサージはあくまでも「目の疲れをとる」程度の効果になります。
目の病気を治すものではないので、そこのところは注意しましょう。
マッサージをしたから緑内障や白内障が治る!だとか
そういうことはありませんし、それは他の病気でも同様です。
また、目に傷がついてしまう系統の病気の場合は、逆に目を
傷める可能性もあります。

病気に関してはマッサージではなく眼科での適切な治療が
必要になりますから、
”目がおかしいなぁ”と感じた場合は、眼科を受診することが大切です。

また、マッサージで視力回復することは基本的にはありません。
目の疲れが取れたり、心因性のものが偶然解消されたりする
可能性はありますが”マッサージそのものが視力を回復させているわけではない”
ことは覚えておく必要があります。

過剰な期待はしないことです。

プラスになる可能性もある

目のマッサージは逆効果!と頭ごなしに決めつけるのも
どうかとは思います。
方法によっては目の疲労に効果のあるものもあるでしょうし、
そういうお話も聞きます。

ただ、個人個人のやり方や、体質などで色々左右されるとは思いますし、
それほど劇的な効果を出すものではありませんから、
あまり過剰な期待はしない方が良いです。
(上で書いたように病気の治癒などもあり得ません)

が、”目にいいことをしている”という精神的な部分でも
プラスになる可能性はありますし、”やりすぎ”に注意しながら
目のマッサージを行うことは、悪い事ではないかと思います。

マイナスになる可能性もある

ただし、逆にマイナスになる可能性についても
考えておかなくてはいけないのも事実ですね。
やり方によっては、本当に目に傷つけるものもあると思いますし、
マッサージを過信しぐして、目の病気を放置してしまうようなケースも
マイナスになります。

また、マッサージをしていて目に違和感を万が一感じた場合は
すぐに中止した方が良いでしょう。

ちなみに
「マッサージしてても大丈夫なのかな?」と心配しながら
マッサージをしている人は、やめた方が良いです。
不安になってまでマッサージをしても、そこまで効果はないですし、
”大丈夫かな?”という気持ちが、目の不快感を引き起こす可能性も
なくはないです、

少しでもマッサージが不安だと思うのであれば
目のマッサージはやめておいた方が確実です。

他にも疲労対策はいくらでもありますから、
不安に思いながらマッサージを続けると言うのは
目にとって、毒にしかなりません。

個人的にやってみた結果

私も、目のマッサージをやってみました。
医師にもお話をして「別にマイナスになることはないと思う」とのことだったので
一定期間試してみましたが
私の場合は”何の効果も”ありませんでした。

疲れ目解消は特に感じませんでしたし、
視力回復などの効果も感じることはできませんでした。
プラスの効果も、マイナスの効果も無かったということです。

”効果が出ればラッキー”ぐらいの気持ちで
気休め程度に考えておいた方が一番良いのではないかと思います。

まとめ

目のマッサージは、たとえ効果があるものを適切に
行っていたとしても、
それは「目の病気」を治すものではなく、
視力回復のためのものでもありません。

あくまでも”気休め”の一つであるかと思います。

そのため、不安に思っているのであれば、
そこまでしてやる必要もないと思いますし、
必ず必要であるものでもありません。

マッサージを試してみたい!と思うのであれば
試してみれば良いと思いますし、
不安であれば、わざわざ不安を抱えてまでやる必要はありません。

・病気は治せない
・基本的に気休め程度
・不安に思う気持ちがある場合はやらない方がいい
・必ずやる必要のあるものではない

これは、覚えておきましょう!