レーシック難民とは?後遺症に苦しむ人々!誰にでもなる可能性が!

検査・眼科

レーシック難民。
これは、レーシック手術に失敗、
もしくは成功したものの、何らかの後遺症に苦しむ方の事を言います。

視力が回復するという希望を持って手術を
したのにも関わらず、逆に苦しむことになってしまう…
ということはとてもつらい事ですよね。

レーシック手術をもしも受けるのであれば、
そういった”リスク”を理解することも大切です。
手術に失敗すると、あるいは成功した場合でも
どのような後遺症を残すことがあるのか。
それについて、解説していきます。

レーシック手術には”怖い一面”もあるということを
しっかりと理解する人が一人でも増えるよう、
こちらで解説していきます。

難民とはどういう意味なのか?

これは、上でも少し書いた通りに
レーシック手術を受けた際に、何らかの後遺症が残ったり、
思った以上の効果が出なかったり、
ドライアイなどの併発症状が出て、それが続いてしまったり
している方のことを言います。
また、その状況に対して、眼科で適切な治療が行われず、
目の不快症状や、逆効果となる状態が残ってしまっている状態ですね。

手術が適切に行われなかったことにより、
手術前よりも視力が落ちてしまった!などというケースも
存在しています。

現在は改善されていますが、かつては価格競争や、
コスト削減のために安全性をないがしろにするようなことも
過去には多く発生しており、
それがレーシック難民を増やしてしまった原因とも言われています。

もちろん、今ではレーシック手術が100%成功するわけではありません。
何らかの後遺症が残ってしまったり、
思った以上の効果が出なかったり、
かえって不快な感覚になってしまったり、
そういうこともありますから、注意することが必要です。
安全性は高い、とは言われていますが
それでも手術である以上”リスク”を0にすることはできないのです。

後遺症に苦しむ方の市民団体「レーシック難民を救う会」なども
結成されており、情報発信・交換の場になっています。
レーシック難民を救う会についてはこちらをご覧ください。

手術自体が悪というわけではない

まず、誤解してはいけないことは、
レーシック手術自体が悪いものかどうか、ということですが、
これは、そうではありません。
実際にレーシック手術が成功して視力を取り戻している人も
居ますし、正しい手術が行われれば実際に効果はあるものです。

ただし、手術をする医師がミスをしてしまったり、
不適切な環境で手術が行われてしまったり
術後のケアが不適切だったりと
「人為的に不適切な部分」があった場合、
後遺症や重大な障害を残してしまう可能性があります。

また、どんな手術にもリスクは付き物です。
どんなに上手く手術をしたとしても
そこに”100%”という数字は存在しません。
それは、レーシック手術においても同じことです。
”絶対に成功します!安全です!”みたいな売り文句も見かけますが
それは、言い過ぎです。

目をいじる以上、何かが起きる可能性はありますし、
実際にレーシック手術が原因で苦しむ、
レーシック難民の皆様がいることを忘れてはなりません。

闇雲に手術は悪いものだ!危険だ!と批判するのは間違いです。
成功している例の方が多いのも事実ですし、
実際に効果があるのも事実です。
が、その安全は100%ではない、
多くのレーシック難民の方がいることもまた事実であり
「失敗」や「予期せぬ後遺症」が出ることも、また事実なのです。

以前は、それを良く知らされないまま
安全な手術だと思わされて、レーシック手術を受けさせられてしまい、
結果、後遺症に苦しむことになってしまった人も居ます。
リスクがあることなんて、聞かされていなかった人もいるでしょう。

ですので、
レーシック手術をもしも考えている人は
「リスク」について、よく理解しておかなくてはならないのです。

レーシック手術自体の概要はこちらをご覧ください!)

どのようなリスクがあるのか?

では、レーシック手術にはどのようなリスクがあるのか。
それを知っておきましょう。
”レーシック難民”になってしまう可能性は
誰にでもあります。
それは、現代においても変わりません。

手術中に何か予期せぬトラブルが発生してしまったり、
手術後に思った以上の効果が出なかったり、
自分にとっては気になる不快症状が出てしまったり…
レーシック難民となり得る要素は
色々と存在しているのです。

手術後に起こる可能性のあることを、見ていきましょう。

・角膜の混濁
・慢性的なドライアイ
・ハローグレア(光の滲み)
・近視の戻り
・感染症
・フラップのトラブル
・眼圧の上昇
・眼精疲労
・肩こりや首の痛み
・視力の低下
・目の痛み
・目眩や吐き気
・うつ病などの精神的症状
・夜間視力の低下

などなど、多数のものが存在します。
ドライアイやハローグレアなどは一般的に
出現しやすいもので、一定期間を過ぎれば
自然と治って行くものではあるようですが
その機関などには差異があり、人によっては
大きな負担に感じることもあるでしょう。

これらが全て出現しない場合もあれば
一部出現することもありますし、
かなりの数の後遺症などを残すこともあります。
最悪の場合は「失明」するリスクも限りなく低いですが
「0」ではないということは
覚えておかなくてはなりません。

ここまで書くと、レーシック手術は怖いものだと
思ってしまうと思います。
が、基本的には正しい方法でしっかりとした設備のある病院で
手術を受ければ、それほど恐れることではありません。
が、どんな手術にも100%はありません。
誰にでも、↑のようなことが起こる可能性はありますし
誰にでも、レーシック難民になる可能性はあります。

とても苦しんでいる方がいるのも事実です。
苦しんでいる方にとっては、
レーシック手術に対して怒りの感情がある方も
いるかと思います。
「しなければ良かった」と。
説明不足のまま手術を受けさせられてしまったり、
ちゃんとした手術が行われなかったり、
またはちゃんと手術は行われたものの
運悪く後遺症に苦しむことになってしまったり、
そういう方も実際に存在するのです。

これだけは覚えておかなくてはなりません。

成功確率を数字で見ればかなり高い数字が出ています。
が、100ではない。
自分がその小さな数字の方に入る可能性はあるのです。
必要以上に恐れる必要はありませんが
そこは、理解しなければいけません。

感情的な内容には注意

これは、当たり前のことですが、
医療関係者がレーシック手術について書いていると、
「安全面」が強調されて、リスクについての説明が
案外疎かになっているサイトや文章もあります。
「100%失明しない」などという記述も見たことがあります。

そして、逆にレーシックの後遺症で苦しむ難民の皆様の
文章は感情的になっていて、
過激に、レーシック手術を批判するような傾向も見受けられます。
もちろん、それは悪い事ではありません。
後遺症が出た方からすれば、レーシックを安全なものだなんて
認めることはできないでしょうし、感情のやり場にも
困ってしまうでしょう。
そして、大変苦しまれていることを、周囲も理解しなくてはなりません。

が、客観的に言うならば、
確率的に言えば「現在のレーシック手術は安全度が高い」ということです。
けれども「成功確率は100%ではなく、誰にでもレーシック難民になる可能性がある」
これが、事実であると思います。
手術をする際には、そのリスクをよく考えた上で
決断する必要があります。

まとめ

レーシック難民になってしまった人は、
誰もが好きでレーシック難民になっているわけではありません。
大変悔しい思いをされていると思いますし、とてもつらい思いを
されていることと思います。

もしも、これからレーシック手術を受ける方は
「そういうリスクもある」ことをしっかりと頭で理解して、
それでもなお、手術を受けるのかどうか、判断する必要があります。