眼鏡をかけたまま寝るのは危険!睡眠時に眼鏡を守るために!

眼鏡を普段から利用している人は
分かっているかとは思いますが

”寝ている時に眼鏡をかけたまま寝る”と
いうのは危険な行為です。

眼鏡が壊れてしまう可能性があるのはもちろんですが、
目を傷めたりする可能性もありますから、
絶対に控えるようにしましょう。

寝るときの眼鏡について解説を
していきたいと思います。

スポンサーリンク

寝る時は眼鏡を外す!

就寝する際には
眼鏡はしっかりと外すようにして下さい。
眼鏡をかけたまま寝てしまうと、
上でも書いた通り、
目を傷つけたり、メガネ自体の破損を
招く可能性があります。

例えば、寝てからずっと起きるまで
仰向けで寝ていられるのであれば
大丈夫かとは思いますが
そんなヒトほとんどいないでしょう。

寝相が良い人であっても
寝返りを打ったり、
そういったことはほぼ確実にするはずです。

そうなれば、メガネがずれるかもしれませんし、
眼鏡が外れて、自分で押しつぶしてしまう
可能性だってあるわけです。

また、メガネがずれて自分の目に
刺さるようなかたちになってしまったりだとか
色々なことが考えられます。

そもそも、寝ている間は
何かを見る必要もないわけですから
眼鏡をかけたままで寝る意味は基本的には
ありません。

しっかりと眼鏡は外す、
ということが大事になります。

それぞれのポイントについて
もう少し詳しくお話を
していきましょう。

どんなことが起きるの?

眼鏡をかけたまま寝てしまうと
どのようなことが起きる可能性が
あるのか。
それを見ていきましょう。

・眼鏡が壊れる
一番の可能性はこれですね。
眼鏡をかけたまま寝てしまって
偶然朝起きるまでそのままなら
ラッキーです。
寝ている間に眼鏡が落ちたり、
自分で押しつぶしたりしてしまって
フレームなどを壊してしまう可能性は
充分にありますし、メガネを壊してしまう原因の
ひとつとして多いのは「寝る」ということになります。
眼鏡は決して安いものではありませんから
そのようなことで、壊さないように注意したいものです。

・自分が怪我をする
眼鏡のフレームなども、自分の目に食い込んだり
だとかそういったことになれば痛いでしょうし
場合によってはどこか怪我をする可能性もあります。
可能性としては低いですが、
決して0ではありません。
自分自身が何らかの怪我をする可能性は十分に
ありますから、その点は注意しましょう。

考えられるのは、この2つですね。
とにかく、メガネにとっても、
自分にとっても良い事ではない、
ということは覚えておくようにしましょう。

どうすればいいの?

どうすれば良いのか。
答えは簡単です。
寝る前に必ず眼鏡を外すことを
忘れないようにしましょう。
そうすれば眼鏡が壊れることは
ありません。

寝ている間に眼鏡を置いておく場所としては
「枕元」「机の上」「近くの棚」など
色々あるかと思いますが
自分自身で一番便利だと思う場所に
置くようにしましょう。

あまり遠すぎても、視力によっては
眼鏡を取りに行くまでが大変!という
人もいるでしょうし、そのあたりは
自分自身の都合を考えながら
対応していくようにするのが
一番良いかと思います。

ただ、注意したいのは
「必ずケースに入れること」です。

例えば、枕元に置いてある場合、
寝相によっては、メガネを巻き込む
可能性も十分にあります。
そうなってしまえば、メガネをかけていなくても
眼鏡が壊れてしまう可能性は十分に
ありますから、その点に関しては
注意するようにしましょう。

どこに置くにしても
眼鏡が壊れないように、
ケースに入れておくことが安全に繋がります。

うたた寝には注意!

通常、寝る時には眼鏡を外す人が
ほとんどだと思いますし、
言われなくても分かっているよ!という感じだとは
思いますが、注意したいのが「うたた寝」ですね。

自宅にいる際に、メガネをかけたまま
ウトウトしてしまうことは
あるかと思います。
普通の睡眠時より、むしろ、こういった場合に
眼鏡を壊してしまったりする人が
多いのではないでしょうか。

寝るつもりが無くても、
ウトウトしていると、人間は急に眠ってしまったり
する可能性も十分にあります。
そうなってしまうと、
眼鏡を壊してしまう可能性もあります。

実際にそういったことは
よく聞くことなので、
うとうとしてきたなぁ、と感じたら
すぐに眼鏡を外す習慣を
つけておくと良いかと思います。

壊れないメガネはあるの?

頑丈な眼鏡は確かにあります。
ただ、どのような眼鏡をかけていたとしても、
やはり、就寝時は眼鏡をとるのが基本ですし、
身体を傷める可能性も十分にあります。

そのため、どのような眼鏡を使っていたとしても
寝る前には眼鏡を外す、ということを
自分の中でしっかりと習慣にして
それを守って行く、ということが
大切になるかと思います。

うたた寝対応の眼鏡なども
出ていますが、
やはり自分自身で気を付けるのが
一番かと思います。

まとめ

眼鏡を就寝時にそのままかけている…
これは、故障原因として、大きな理由の
ひとつになっています。
うっかりと眼鏡をかけたまま寝てしまうと、
安くても何千円、髙ければ何万円の
眼鏡が故障してしまうことに繋がります。

うっかりと眠くなってしまう気持ちも
充分に分かるのですが、
しっかりと注意をするようにし、
そのまま寝てしまうようなことが
ないようにしましょう。

注意するべき点としては
少しですし、それほど難しいことは
ないかと思いますから
しっかりと注意し、
眼鏡壊さないように、大切に利用
していくことが眼鏡を利用する人にとっては
大切なモノになります。