適当な診察で不安に!眼精疲労や気のせいは都合の良い言葉!

検査・眼科

目の病気の治療には
眼科の先生との信頼関係がとても大切であると思います。

先生との信頼関係に不安を感じたりすれば、
症状が悪化してしまう可能性もありますし、
もしも診断が間違っていれば、症状は悪化してしまうでしょう。

目は、精神的なものとも繋がっています。
病気の原因は他に合った場合でも”心配”だという
不安な感情は、目の病気や症状を時に、
より悪化させてしまう可能性もありますし、
実際に私はそういう経験もあります。

そのため、眼科医の先生との信頼関係を
築きあげて、安心して判断を任せられる先生を
見つけることも、大切なポイントの一つなのです。

適当な診察をする先生もいる

ザンネンながら眼科の先生には、
適当な診察をなされる先生もいらっしゃいます。
もちろん、目の病気の判断は非常に難しく、
私も、今年の初めに目の調子を崩したことをきっかけに
知りうる限りの全ての目の病気について勉強してみましたが、
正確な判断はとても難しいだろうなぁ、と思います。

先生の立場に立って考えてみれば
間違った診断をしてしまえば、後から文句を言われる可能性も
あるわけですから、慎重になる気持ちも
充分に分かります。

ですが、そうではなく適当な診察で片づけてしまう
先生がいらっしゃるのも事実です。

とりあえず「眼精疲労」
とりあえず「飛蚊症」
とりあえず「気のせい」
そういった診断をされる先生もいらっしゃいます

原因不明は眼精疲労になることも多い

まず、目の病気では、1回の診察でそれを突き止めることのできないような
見つけにくい病気も存在しますし、
眼科の先生の間ですらあまり知られていないような目の病気も
存在します。
ビジュアルスノウやアリス症候群など、検査では異常が
見つけられない病気などもあり、
そう言ったものの場合「まぁ、眼精疲労でしょう 目薬だしますね」で
終わってしまうケースもあります。

もちろん、眼精疲労も可能性の一つではあるのですが、
そうなってしまうと、先生によっては”眼精疲労”だと決めつけられてしまって
以降、検査も何も無くなり「また目薬だしておきますね~」みたいな
診察で終わってしまうようなケースがあるのも事実です。

原因不明の際にとりあえず「眼精疲労」の診断を行う。
眼精疲労とはある意味、便利な単語なのかもしれません。

精神的な問題で片づけられる

原因不明だったり検査で異常が無かったりする場合に多いパターンとして
「気のせいじゃないか」
「気にしすぎ」
だと、バッサリ切り捨てられることですね。

もちろん、気にし過ぎで何らかの症状が出る人はいるかと思います。
ですが、病院の先生に「それは気にし過ぎですね」と
バッサリ切られること以上に、患者が不安に思うことはなかなか
ないでしょう。
精神的な不安は目の症状を悪化させることもあります。
根本的な原因が精神的なものでなくても、
病状が悪化することは、目の病気以外でもあることです。
”不安”は身体にとっての毒になってしまいますからね。

中にはうんざりした様子で「心療内科に行け」みたいな
感じの先生もいらっしゃるので、
このあたりも苦しい所ですね。

粒が見えるは飛蚊症になりやすい

粒粒が見える、と先生にお伝えすると
飛蚊症の診断を受けることが非常に多いです。

もちろん、飛蚊症の方がほとんどなのですが、
ブルーフィールド内視現象だったり、ビジュアルスノウだったり、
粒粒が見える症状は他にもあるのです。
全部が全部飛蚊症ではありません。

が、前者は、何らかの原因で過敏になることもありますが
そもそも病気ではないので、その名を先生の口から
聞くケースは少ないですし、
後者に関しては知名度が非常に低いので、
先生でも知らない方もいらっしゃいます。

「明らかに飛蚊症とは違う粒粒が~」と言っても
「飛蚊症の見え方は変わる」と飛蚊症になってしまった
こともあります
(私は飛蚊症とビジュアルスノウの両方が見えているので
 その区別はよくつきます)

とは言え、世の中では、粒粒=飛蚊症という
概念が出来上がってしまっていますから、
飛蚊症と診断されてまうことが非常に多いのが現実です。

決めつけられてしまうと辛い

眼精疲労でも、飛蚊症でも、気のせいでも、
最初はそういう診断でも全然分かるのですが、
そうと決めつけられてしまって、
「前よりひどくなった」だとか「症状が治らない」と
伝えても、頑なに「気にし過ぎ!」みたいなことを
言われてしまうと信頼関係を作り上げることは
難しいと思います。

ですが、眼科の先生の中にも、大勢、
しっかりと診察して、話を聞いて下さる先生も居ます。
決めつける診療ではなく、ちゃんと判断して
原因が分からないような場合は、経過観察を
根気よく行ってくれるような先生を見つけ出すことが
大切なポイントになるかと思います。

まとめ

適当に「眼精疲労ですね~」と決めつけられてしまって
以降はずっと眼精疲労の治療を続けられてしまったり、
気のせい扱いされて「もう来るな」みたいな雰囲気を
出されてしまったり…
そんなことも実際にあることだと思います。

眼科の先生にも悪気はないのだと思いますが、
そうなってしまうと、信頼関係を築きあげることは
非常に難しくなってしまいますし、
それが症状を悪化させてしまうようなケースもあります。

原因不明だととりあえず「眼精疲労」
とりあえず「気のせい」、
そんな風にある意味、適当な診断をしてしまう
先生がいらっしゃるのも事実です。
患者目線から見るととても不安ですし、
できることであれば、自分と相性の合う先生を
見つけ出せれば、それが一番なのです。