その目薬は使わないで!使用中止するべき状況を解説!

対策・治療

目薬…

日常生活で活用している人も多いかと思います。

目の健康のため、
目の治療のために目薬は
心強い味方になってくれます。

ただ、”使ってはいけないもの”もあります。
そういったものを使うことで
逆に目を傷つけたり、
目に予期せぬダメージを与えてしまったりする可能性もあるために
厳重に注意する必要があります。

では、”どのような目薬を使ってはいけないのか”
これをご説明していきます。

使用を中止するべき目薬!

目薬は何でもかんでも使っていれば
良いというわけではありません。
場合によっては目にとっての毒になってしまう可能性も
充分にありますから、その点に関しては
しっかりと注意をする必要があるのです。

では、どのような目薬を使うべきではないのか。
それについて解説していきます。

使用期限を過ぎた目薬

まず、使用期限を過ぎてしまった目薬に
ついては使わないようにして下さい。

勿体無いだとかそういう感情は厳禁です。
使ってしまうことで目に傷をつけたり
予期せぬ副作用が出る可能性もあります

目薬の容器やパッケージに必ず
使用期限が記載されていますから
それを守るように徹底して下さい。

なお、一度開封した目薬は
使用期限内であっても
処方されたものは1か月、市販のものは3か月をめどに
使わないようにして下さい。
これは、食料品でも同じことですが、
開封することによって、記載されている使用期限とは変わるので
その点は注意するようにしましょう。

未開封・開封済みに関わらず使用期限を
過ぎたモノは使用しないことが大切です。

(使用期限についての詳細は目薬の使用期限についての記事も参考にしてみて下さい)

変質しているもの

もしも使用期限内だったとしても
”変質しているもの”は使わないようにして下さい。

例えば、見た目が明らかにいつもと変わってしまっていたり、
色が濁っていたり、
謎の浮遊物が液体の中に浮かんでいたり…
そういうことがある場合に関しては
例え試用期限内であっても使用しないようにすることが
大切なポイントの一つになります。

また、万が一異臭などがする場合に関しても
注意するようにしましょう。
使用期限内であっても、食料品と同じように
保管状況や環境によっては
早い段階でそれがダメになる可能性は十分にあります。

そういったものを使ってしまうことで目を傷めたり
する可能性がありますから、
”おかしい”と感じたモノは使わないようにする、ということも
大切なポイントの一つになります

何らかの異常を感じたモノ

目薬を使ってみて、何らかの異常を感じたものに
関してはすぐに使用を中止するようにしてください。
目薬に関わらず、薬というものは人によって
相性があります。
相性の合う、合わないがあって、
相性が合わないものを使ってしまうと、
副作用が出る可能性があります。

これは、多くの人が使っているような
有名な市販薬であっても同じことです。

私自身は目薬ではありませんが
かなり有名な市販の頭痛薬で副作用が
出てしまいます
(他のは全然平気なのですが、それだけ必ず出ます
どの成分が原因かも医師と相談して特定はできているので
私の場合はそれに気を付けていれば問題ないのですが…)

つまり、誰もが使っているような目薬であっても
副作用が出る可能性は十分にある、ということになりますね。

このことは絶対に忘れないようにして下さい。

もしも、副作用らしき症状が出てしまった場合に関しては
しっかりと対応するようにし、
その目薬に関してはすぐに使用を中止するようにして下さい。
勿体無いだとかそういうことではなく、
自分の目のためです。

もしも病院で処方されたものであれば
医師に相談すれば目薬の種類が変更に
なることもあるかと思いますし、
適切な指示をしてもらえるはずです。
市販薬の場合は薬剤師に相談するなどして
対応するようにしましょう。

意味のない利用

意味のない利用…
これも控えるようにしましょう。
どんな薬でも言えることですが、
服用する意味がない飲み薬を飲んだり、
使ったりする必要のない目薬を使ったり…
これはできるだけ避けたいところです。

「目薬を使っていないと調子が悪くなってしまう気がする」
だとかそんな風に思いはじめてしまったら最後です。

本当に必要な場合、
何らかの病気の治療をしている場合、
目のかゆみが酷い場合、
疲れ目などが続いている場合、
こういった場合は、医師の指示に従って利用したり
市販の目薬を用法に従って利用することは
悪い事ではありません。

しかしながら、何の理由もなしに
ただ漠然と目薬をつけていたり、
病気の治療などが終わった後に、
ただなんとなく目薬を使い続けていたり
そういったことは避けた方が賢明です。

使わなくていいものは、使わない方が
良いですからね。

ただ、必要なものに関しては無理して
我慢する必要はないですし
使うべきものはしっかりと使っても
良いかとは思います。

まとめ

目薬を使うこと自体は悪い事では
無いと思いますが、使わなくても良い
目薬を使い続けていたり、
使用期限の切れてしまっているものや
目薬自体が変質してしまっているモノ、
何らかの副作用が出てしまうもの、
こういったマイナスになってしまう場合に
関しては利用しないようにすることも大切になります。

目の健康を助けるはずのものが
目に害を与えることになってしまうことも
実際にあるのです。
そんなことになってしまわないように
しっかりと”使ってはいけない場面”も
覚えておくようにしましょう。

もちろん、自分の症状に合わない目薬を使い続けるだとか
用法以上に使ったりだとか、そういったことも
避けるようにして下さい。