残像が強く残って消えない!目の残像の原因と治療法は?

病気・症状

目で見たものが残像として残ってしまう…
そんな症状に苦しんでいる方もいるかと思います。

私も、目で見たものが残像として
残ってしまいます。

もちろん、健康な方であっても、
太陽の光を見たりだとか、眩しいモノを見たりすれば、
残像は残るかと思います。

ですが、今回の記事で書くのは
そういった”一般的な残像”のお話しではなく、
”通常よりも残像が強く残る症状”のことです。

残像に悩んでいる方は、ぜひご覧ください。

通常よりも強い残像

「残像が残りやすい」ということに対して、
病名を調べてみましたが、はっきりとしたものは
見当たりませんでした。
実際に、私も、眼科を受診して、残像のついて
お話ししてみたのですが、
「それは健康で神経がよく働いている証拠だ」だとか
「そういう病気はない。気にしすぎ」だとか、
そういう感じでした。
なかなか、理解してもらうのは、難しいことではあるかと
思いますが、不安になってしまいますよね。

例えば、カレンダーの黒い文字を見た後に、
視線をずらしても、その文字が数秒間、
残像として残ったりだとか、そういう”異常な残像”が
見えてしまう状態。
そういうものに悩んでいる方もいます。

この残像の原因、対処法などについて
それぞれ書いていきたいと思います。

別の症状である可能性

まず、残像と一言で言っても、別の病気などで
ある可能性もありますから、その点に注意です。

今回の記事で書いているのは「光以外」のものも
残像が見えてしまう症状のことです。
光ったものを見ていないのに、光が見えたり、
ギザギザした光が見えるような症状が出ている場合、
これは「光視症」や「閃輝暗点」と呼ばれる症状で
ある可能性も高いです。
この場合は、眼科での受診をおすすめします。

このことには、注意しておきましょう。

残像の原因は?

こういった残像が通常よりも強く残ってしまう
症状は、具体的な病名もついていないようです。
反復視やアリス症候群などというものもありますが、
ただ単に残像が強く残る、という症状の場合
これにもなかなか当てはまらないような感じがします。
眼科の先生にも(先生によって所見は異なると思いますが)
否定されています。

具体的な原因として可能性があるものは、

・目の疲れ
目の疲れが蓄積している場合、色々な症状が出る可能性も
あります。眼精疲労になっている可能性も。
目が疲れているのではないか?という言葉に心当たりが
ある場合は、注意した方が良いかもしれません。

・精神的な問題
精神的な問題が原因で、残像が強く残る、ということも
あるようです。
神経が通常よりも、強く働いてしまっている状態、と
脳神経外科では私は言われています。
ストレスや疲労なども引き金になるかもしれません。
そういった部分に心当たりがある場合も
注意しておく必要があります。
また、ネットで見た情報なので、話半分に、と先に
お断りしておきますが「気にしすぎ」と診断されて、
気にするのをやめたところ、症状が改善したケースも
実際にあるようですね。

・何らかの病気
目の病気にも、あまり知られていないものも
多く存在します。そういったものが原因で
残像が発生している可能性も。
残像が強く残る、という症状で、命に影響するような
ものは聞いたことがありませんし、
調べても出てきませんでしたから、ひとまずその点に
関しては安心しても良いかとは思います。
また、失明する、というお話しも聞きませんから
そのあたりも心配しなくても大丈夫かとは思います。
ビジュアルスノウと呼ばれる症状で残像が伴うこともある、と
言われているので、視界に砂嵐のようなものをも見えている場合、
このビジュアルスノウである可能性も0ではありません。

強く残る場合、どうすればいいの?

残像が一時的なものなら、気にしなくても良いかも
しれませんが、長く続く様だったり、だんだんと残像がひどく
なっていく場合は、眼科の受診をおすすめします。
眼科の先生にしっかりと「残像が強く残る」ことを
お伝えして下さい。
カレンダーの文字で例えるのが良いかもしれません。
そうしないと、光視症や閃輝暗点と勘違いされることも
あります(私が一度されました)

眼科でどのような検査・治療が行われるかは、
その眼科の先生の判断次第で、
残像は一般的にはあまりないので、どうなるかは分かりません。
眼底検査をするかもしれませんし、
眼精疲労と診断され、サンコバと呼ばれる目薬などが
処方される可能性もあります。
このあたりは、専門の先生の診断にお任せするのが
ベストではないかと思います。

目に異常がない場合、脳が原因である可能性も0ではありません。
症状が続く様だったり、眼科の先生から紹介された場合に
関しては脳神経外科などを受診し、
MRIやCTの検査を行い、脳に異常がないかは
確認しておいた方が良いかと思います。
脳のごく一部の働きが原因で、先に紹介した
ビジュアルスノウだとか、そういう症状を引き起こす場合が
あり、その場合はMRIやCTでは分かりませんが、
ひとまずMRIやCTで異常がなければ、命に関わるようなものは
ないと思いますから、とりあえず検査をしておくことをおすすめします。

治療方法はあるの?

見たものの残像が強く残る、という症状に対する
治療方法は、あまりないようです。
例えば、上でも書いたように光視症や、閃輝暗点の場合で
あれば、治療方法も多少はあるのですが、
ただ単に残像が強く残る、という症状に対する
薬はありませんし、有効的な治療はありません。

眼科の検査、脳の検査をして、
何か異常な箇所が見つかったのであれば、その見つかったことに対する
治療を行うことになるかと思いますが、
何も見つからなかった場合の治療は困難です。

目薬などを処方してもらい、目に負担をかけないように
過ごしつつ、なるべく気にしないようにするしかありません。

様子を見つつ、もしも残像の症状がより強くなった場合は、
眼科などを再び受診する、というかたちになるでしょうか。

なお、精神的な疲れだとかストレスが原因の場合は、
そちらの方面を解消しなくてはなりません。
ストレスの原因が分かっている場合、
可能な限りそれを取り除き、ストレスをためない様な
生活をすること、
また、生活バランスが崩れている場合(睡眠時間が極端に短いなど)
に心当たりがあるのであれば、それらの改善も、
模索してみましょう。

強い残像が気になってしまう場合や、
精神的なストレスが改善できない場合は、
心療内科などの診察を受けてみるのも
一つの方法ではあるかと思います。
ワイパックスやデパスなどの精神を安定させる薬で、
精神的な不安を取り除き、
経過観察を行う感じになりますね。

場合によっては残像の症状が
落ち着いてくる、ということも考えられますから、
どうしても残像が気になってしまう場合は
検討してみるのも良いかとは思います。

個人的なお話

私も、2018年3月ごろから、残像が強く残る
症状が出ています。
例えば、パソコンで検索エンジンのロゴの部分を見て、
視線を逸らすと、そのロゴが数秒残っていたりする・・・
みたいな状態です。
クルマのライトなどを見ると、数十秒残像が残ることもあります。

ただ、目にも脳にも異常がなかったので
経過観察をするしかない、という状態です。

まとめ

残像が通常よりも強く残る…
私の経験上、なかなか医師の方に理解して
もらうことは難しいです。
気にしすぎだと処理されたり、
もはや相手にされなかったり、みたいなこともあります。

なかなか治療も難しいものですが、
眼科・脳神経外科と検査を受けてみて異常がない場合は
生活しながら慣れていき、それが消えるのを待つしかありません。