2019-08

病気・症状

危険な光視症とそうではない光視症の見分け方は?

光がチカチカ見えたり、イナズマのような光が見えたりする「光視症」これには、危険を伴うケースとそうではないケースがあります。つまり、放置しても問題ない場合とそうではない場合があると言うことです。その見分け方はあるのかどうか、危険な場合はどんな場合か解説します。
スポンサーリンク