対策・治療

対策・治療

目の老化を防ぐ方法は?なるべく老化を遅らせるために…

人間は必ずいつかは老化していくものですが、その速度を遅めることはできます。目の老化に関しても同様で、できる限り老化してしまうタイミングを遅くする、ということは決して不可能なことではありません。目の老化を遅めるために、どのようなことができるのでしょうか。
対策・治療

目の周辺を虫に刺されてしまった場合はどうすればいいの?

目の周辺に虫さされが出来てしまった場合…これは結構厄介です。他の場所よりもかゆく感じるような場合もあると思いますし、目に影響が出てしまうような可能性もあり、危険な場所の虫さされになります。どのように対処していけば良いのかを解説していきます。
対策・治療

目薬がダメになってしまう!使い方や保管方法に注意!

まだ残っている目薬でも「使えなくなってしまう」ことがあります。容器の中に浮遊物が出てきていたり、ごみが浮かんでいたり、凍ってしまっていたり…そういった目薬は利用してしまってはいけません。そうなってしまわないための注意点をまとめました。
対策・治療

目薬を冷蔵庫で保管しても大丈夫?冷凍はどうなの?

目薬を冷蔵庫で保管しても大丈夫なのかどうかを解説します。目薬を冷蔵で保管した場合に変質したりしないのかどうか、一度冷蔵したものを外に持ち出しても大丈夫かどうか、冷凍は大丈夫なのかどうか、凍ってしまった場合はどうすれば良いのか、それぞれ解説します
対策・治療

目の周りに絆創膏は危険?怪我をしたときはどうする?

目の周りに絆創膏を貼りつけることは思わぬトラブルを引き起こしてしまう可能性もあります。どのようなトラブルの可能性があるのか、絆創膏の代わりになるものはあるのかどうか、それぞれ解説していきます。目はデリケートな場所ですから注意が必要です!
対策・治療

本の読みすぎでも目の疲れや眼精疲労を引き起こすので要注意!

本の読みすぎなどで目を酷使していると、目に負担をかけたり、眼精疲労を引き起こしたりしてしまう可能性があります。目の疲れを蓄積させないために、本を読む際にはどのような点に気を付けて行けば良いのかを解説します。また、対策方法についてもご紹介します。
対策・治療

目が悪いのに眼鏡をかけない人の心理とは?事情は人それぞれ!

目が悪くても、色々な理由から「眼鏡をかけない」選択をする人もいます。中には「どうして目が悪いのに眼鏡をかけないの?」と思う人もいるでしょう。では、目が悪いのに眼鏡をかけない人の理由や心理とはどのようなものなのでしょうか。その点についてお話します。
対策・治療

目薬を常用するのはダメなの?ずっと使い続けるのは…?

目薬をずっと使い続ける、ということは目に逆効果となってしまう可能性もあります。目薬を常用することによって、マイナスになってしまうこともある、ということですね。常用するのはどうしてダメなのか、どのようなことが起きるのか、それをまとめていきます。
対策・治療

目がピクピクする時はどんな目薬を使えばいいの?

目がピクピクする症状が出てしまった場合、もし目薬を使うとしたら、どのような目薬を使えば良いのでしょうか。ピクピクの症状に合わせた目薬選びと、ピクピクしている際に注意しておきたいことをそれぞれ解説していきます。しっかりと注意しておくようにしましょう!
対策・治療

薬の飲むタイミング!食前・食間・食後・就寝前について解説!

病院で薬を処方された際には、そのルールをしっかりと守って服用することが大切になります。食前・食間・食後・就寝前…。処方されたものによって、色々なタイミングがあります。それぞれの意味と、何故そうなっているのか、守らないとどうなるのか、解説します。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました