映画館で映画を見ると目は悪くなるの?視力への影響は?

対策・治療

映画館…皆様は利用したことがありますか?

暗い場所で大画面の映像を見るので
「目に悪いんじゃないか」だとか
そういう風に思う人もいるかと思います。

確かに、暗い場所でテレビを見たり、
スマートフォンを使っていたりすると、
目が悪くなる、というお話はよく聞くお話だと思います。

では、映画はどうなのでしょうか。
映画を何度も見ることによって
視力に影響が出たりすることはあるのでしょうか。

その点について、お話をしていきたいと思います。

映画館と視力の関係

映画館で映画を観ることによって、
目が悪くなってしまうことはあるのでしょうか。
もし、映画を見るだけで視力に影響を及ぼすのであれば、
気をつけないといけませんよね…。

では、実際のところ、映画館で映画を見ることは
目に影響があるのか、と言えば
”特別、影響はありません”

映画の見方によっては影響が出る可能性もあるのですが
それについては後述していきます。

テレビとは違うのでその点は心配なし

まず、映画館の画面ですが、
これはテレビやスマートフォンの画面とは異なるものであり
基本的に映画を見ているだけで目に悪影響を与えたりすることは
ないとされています。
視力低下の要因について100パーセント解明されているわけでは
ないようですが、映画を頻繁に見にいったからと言って、
それが原因で視力が下がってしまったりだとか
そういうことはないので、映画が好きでも
視力への影響は考えなくても問題ないかと思います。

映画は直接映し出されているものを見るわけではなく、
投影されたものを見ているので、
テレビやスマートフォンなどと違い、暗い場所で見ても
目に悪影響を与えることは基本、ありません。

ただ、ご家庭で映画を見る際には、
テレビなどを使うことがほとんどだと思いますので
その際に部屋を真っ暗にしてみていれば、目に悪影響を与える
可能性は十分にありますから
ご家庭で視聴の際は、部屋を明るくしてみるようにしましょう。

目に悪い見方をしている場合は…

上で書いたのはあくまでも一般的な場合で
“目に悪い見方”をしていれば、目に影響を与えて
最終的には視力に影響を与えてしまう可能性も0ではありません。
その点には、注意しておきたいところですね。
下記のような点には、念のため注意しておきましょう。

・瞬きをしない
まばたきを全くしないで、映画に見入ってしまったりすれば
目の疲労などを招き、それを続けていれば眼精疲労などを
招いてしまう可能性はあります。
もしも瞬きが少なくなっているなぁ、と感じるのであれば
そこまで無理にする必要はありませんが、ほどほどに瞬きを
するように、意識してみるのは良いことだと思います。
これは、映画に限った話ではなく、パソコンやスマートフォンでも
そうですし、その他の部分でもそうです。
瞬きが少なくなる、ということは目に悪影響を与えてしまう
可能性があります

・無理して見ようとする
これも映画自体の問題ではなく、見方の問題ですね。
例えば、視力が少し落ちていて、映画館の画面が
見えにくいのにも関わらず、無理をして凝視しようと
したりしていれば、視力に悪影響を与える可能性は
0ではありません。
映画に限った話ではなく、これも日常生活でも同じことで
視力が十分に出ていない状態で何かを凝視したりしようとしたり、
老眼の状態で無理に何かを見ようとしたり
”目に合っていない状態”を無理に続ければ視力などに
影響を与える可能性は十分にあります

・疲れている状態で見る
疲れている状態で映画を無理して見れば
目に負担をかけてしまう可能性があります。
これも映画に限った話ではありませんが、
目が疲れているなぁ、と感じるときは無理を
しない方が良いかとは思います。

こんなところでしょうか。
基本的には映画を見たからどうこう、ではなく、
映画をどのような状態で見るか、
どのような見方をするか、になりますね。
普通に映画を見ている分には、それが原因で
目が悪くなる、ということは無いと思いますし
気にしなくて良いと思います

映画をたくさん見ても大丈夫?

映画をたくさん見ても大丈夫なのかどうか。
これは、全く問題ないかと思います。
映画をたくさん見る人の視力が低いかと言えば
決してそうではありませんし、
映画を映画館で全く観ないような人でも
視力が低い場合もあります。

そのため、映画云々で視力が落ちることは
心配する必要はないと思います
ただ、前述したように瞬きだとか、
目が疲れているときだとか、そういう部分にだけは
注意しておくと目を守ることに繋がるかと思います。

視力が落ちてしまいそうだから~
だとか、そういう理由で映画館を敬遠したりだとか
そういった必要は全くないかと思います。
毎日映画館に行っても視力が問題ない人も居ますし、
映画館に人生で一度も行ったことがなくても
視力に問題のある人は居ます。

そのため、深く気にしすぎる必要はありません。

まとめ

映画が直接の原因となって視力が落ちる、
ということはないので、
その点は心配しなくてもいいと思います。
見にいきたければ行けば良いですし、
特に用がなければ行かなければ良いだけのことです。
難しく考えたりする必要はありません。

ただ、自分自身がどうしても、心配になってしまう、
というのであれば精神的によくないですし、
「目に悪いような気がしてしまう」と言うのであれば
映画は控えたほうが良いかとは思います。
精神的な部分が目に影響することもありますから・・・。