眼科の待合室でのマナー!マナー違反をしないように注意!

検査・眼科

病院では
診察を受けるまでに
待たされることがあります。

それは、眼科であっても同じことで
数十分、場合によっては
数時間単位待たされるようなことも
あるのです。

しかしながら、どんなに待たされたとしても、
マナーはしっかりと守り、
周囲の迷惑にならないように
注意をするようにしましょう。

あまりにもマナーが悪いと、
眼科関係者から注意される
可能性もありますし
最悪の場合、診察を拒否されたり
する可能性もあります。

他の患者さんの迷惑に
なってしまうような行為を
繰り返している場合は
そうなってしまっても
仕方がありません。

自分自身がマナー違反を
してしまっては
いないかどうか、
しっかりと確認するようにしましょう。

待合室でのマナー

眼科の待合室でのマナーについての
お話をしていきたいと思います。

眼科に限った話ではありませんが
一つの常識として
待合室で呼ばれるのを待っている間、
マナーを守ることは
とても大事なことです。

なんとなく無意識のうちに
マナー違反をしてしまっているような
人もいるかもしれませんから、
自分自身が無意識のうちに
そうなってしまっていないかどうかは
しっかりと確認しておく必要があります。

眼科内で騒がない

眼科に限らず、どの病院でも同じことが
言えますが”騒がない”ことは
とても大事なことになります。

眼科内でギャーギャーと騒げば
当然他の患者さんの迷惑にも
なってしまいます。

病院の関係者から
注意を受けることになると思いますし
それでも改善されない場合は
お帰り下さい、になってしまう
可能性も十分にあります。
病院内では基本的に静かにするものですし
眼科の場合は視力検査の受け答えなども
ありますから、騒がれると
検査の最中の人間にとっても
非常に大きな迷惑になってしまいます。

病院では静かにすること。
当たり前の常識ではありますが
もしもうるさくしている場合は
しっかりと見直すようにしましょう。

通話はしないこと

眼科内でスマホによる通話や
ガラケーによる通話はしないようにしましょう。

昔は、病院内では携帯電話の電源を
お切りください(医療機器などに影響が出る為)の
ところが多かったですが、最近は影響が
出ないことから、そういった表記は
あまり見当たらなくなりました
(中にはまだそうしているところもあるので
 その場合はそれに従ってください)

なので、基本的にはスマホを出したり
いじったりしている分には
あまり問題はありませんが、
通話をしてしまうと、上でも書いた部分にも
ひっかかりますが、ウルサイので
とても迷惑がかかります。
小声でひそひそであってもあまりよろしくは
ありません。

大病院であればともかく、
地域の眼科だとか
そういったところでは
通話をしていると、
非常に目立ちますし、
周囲から白い目で見られるでしょう。

そうなってしまわないためにも
もしもどうしても通話が必要なのであれば
一度眼科の外に出て、建物の前で
通話するのがベストであるかと思います。
くれぐれも院内で平然とした顔をしながら
通話を続けたりだとか、
そういったことはしないようにしましょう。

周囲の大きな迷惑行為になってしまいます。

座り方に注意

待合室では椅子に座るかと思いますが
座り方に注意しましょう。

特に、通路が狭い病院などでは
足を前に出した姿勢で座っていると
人が通れなくなってしまうことも
あります。

自宅であれば、どのように
座っていても自由ですが
病院はあなたのためだけの場所では
ありませんから、
その点はしっかりと理解し、
マナー違反のないように、利用していくことが
大事なポイントになります。

ちょうどこの記事を書く少し前に
病院(眼科では無いですが)に
行きましたが、足を前に出し
通路を埋めているような
迷惑な患者さんがいました。

困惑している他の人や
病院の人にも「すみません」などと
言われてしまっているような始末。

病院は、あなたのものではない、
ということはよく覚えておき、
そのような失礼な行為は
しないようにしましょう。

また、道を塞いでいなくても、
座席の幅を必要以上に取っていたりだとか
そういった行為も
控えるようにして下さい。
特に混雑時に関しては
こういうことをやられてしまうと、
非常に周囲の迷惑になってしまいます。

待たされる時間が長いと
だんだんとだらけてくるかとは思いますが
態度の悪い待ち方に
なってしまわないように、注意が必要です。

飲食に注意

大病院であれば、飲食が可能なスペースも
あるとは思いますが
地域の眼科だとか、そういったところでは
基本的に飲食は禁止のはずです。

待合室で突然おにぎりを食べ始めたりだとか
お菓子を食べ始めたりだとか
そういったことはないようにしましょう。

子供を持つ親の場合は
親の管理責任になりますので、
親がしっかりとそのあたりは
指導をするようにして下さい。
指導ができていないと、親子ともども
周囲から白い目で見られることになります。

飲み物については
お茶を飲むぐらいであれば恐らくは平気だと
思いますが(心配なら眼科に確認してください
ニオイの強い飲み物だとか
アルコール類だとか、そういうものは
避けるようにしましょう。

万が一、食べ散らかしたりでも
したらマナーとしては最悪ですから、
そのようなことは絶対にないように
注意しなくてはいけません。

すぐに文句を言わない

待ち時間は混雑していれば
当然長くなっていきますし、
予約をしている場合であっても、
それはあくまでも”目安”の時間です。

考えれば分かるとは思いますが、
患者ひとりひとりが全く同じ診察時間な
わけではありませんし、
患者さんからの質問などもあるわけですから
診察時間が長くなることだってあるのです。

そのため、予約した時間に診察が
始まらないこともありますし、
長い時間待たされることもあります。

それを理解せずに、
すぐに受付にクレームをつけたりするのは
控えて下さい。
あなただけが待っているのではなく、
周囲も待っているのです。
自分勝手な行動をするのであれば
公共の場に出るべきではありません。

もしも、忘れられていないかどうか
聞きたいのであれば、普通に丁寧に
聞けば良いだけです。

いきなり喧嘩腰だったり
怒ったような口調だったり
文句を言いだすようなヒトは
自分を見つめ直すことを
強く、おすすめします。

先ほども書いた通り
周囲だって待っているのです。
例えば、私の小さい頃の経験として
歯医者で16:00に予約をしていたことが
ありましたが急患なども入り、17:00が
近づいても呼ばれませんでした。

その時、隣にいたおばさんが
怒りの口調で、「私、16:30予約なんだけど!」と
喚き散らしていました。

私は16:00ですけど、と言ってあげたい気持ちに
(そのおばさんに)なりましたが
我慢しました。

自分勝手に喚き散らすと
周囲から、「なんだこいつは」という目で
見られることになりますし
執拗なクレームをつけていると
今の時代はスマホなどで撮影されて
ネットで大問題になる可能性もあります。

あまりにも非常識的な行動はしないようにする、
ということは鉄則中の鉄則になります

まとめ

当たり前のことばかりですが
このような当たり前のマナーを
守ることすらできない人が
世の中には存在するのも事実ですし、
無意識のうちにマナー違反を
してしまっているような人が
いるのも事実です。

そのようなことになってしまわないように
するために、
今一度自分の行動をよく見直したうえで
注意をしていくようにしましょう。

もしも思い当たる部分があるのであれば
今からでも遅くありませんから、
直してください。