緑内障の自己診断の方法と注意点!早めの発見が大切!

病気・症状

視野が欠けて行き、放置していると
最終的には失明に至ってしまう可能性もある
恐ろしい病気が「緑内障」になります。

この緑内障の初期症状は
非常に気づきにくく、
視野が少しずつ欠けていくのですが、
人間は基本的に両目でものを見ますから
他の部分で欠けている部分を補ってしまい
(それ自体は助かることですが…)
それによって、逆に発見が遅れてしまう、
という一面もあります。

気付いたときには視野の欠損が
だいぶ進んでいて…
ということもあり得るものになりますね。

そして、この緑内障の怖い所は
「回復」できない、ということです。
治療や手術は「これ以上進行しないようにする」ものであり、
今までに失ってしまった視野を
回復させるものではありません。

なので、早期発見が重要になるわけですね。

では、緑内障を自分で診断することは
できるのでしょうか。
その点についてをお話していきます。

緑内障の基本情報については別の記事に
まとめてありますので、そちらの方をご覧ください。

緑内障を発見する方法は?

緑内障は前述のとおり、初期の自覚症状が
ほとんどない病気になります。
そのため、早期発見が重要な病気なのにもかかわらず
早期発見をすることが非常に難しい病気で
あることも事実です。

そんな緑内障を発見する方法ですが
基本的には「眼科を受診」するのが
一番の方法になります。
緑内障の原因となる眼圧の確認もできますし
視野の確認や隅角の確認などもすることが
できるので、緑内障を発症している場合は
それを突き止めることができます。

また、健康診断などでも(検診の内容によります)
緑内障を早期発見することができます。

このように、基本的には眼科など、
医療機関の力を借りないと、緑内障を
発見することは難しい、というのも事実です。

では、自己診断をすることはできないのかどうか、それを
見て行きたいと思います。

自己診断する方法はないの?

緑内障を自己診断する方法はないのかどうか。
基本的には、自分ではっきりと診断を
つけることはできません。
最終的には、やはり眼科に行かなくてはいけない、
ということになります。

ただ「怪しいな」という目安を
つけることのできる自己診断は存在しています。

ネットでも自己診断をすることはでき
「緑内障 自己診断」とでも検索すれば
緑内障の簡単にできる自己診断のサイトなどが
いくつも出てくるかと思います

視野の欠けをチェックするテストなどを
無料で行うことができますから
実際に一度試してみると良いと思います。

方法としては限られていますが
「自分で視野のテストをする」ことで、
ある程度の参考にはなるかと思いますね。

自己診断はあくまでも目安

ただし、自己診断はあくまでも目安に
なりますから、その診断結果が
100パーセント正しいものであるとは
限らない、ということを覚えておかなくては
いけません。
場合によっては間違った結果が出ることもあります。

自己診断の結果
視野が欠けているように感じても、
本当に視野が欠けているとは限りませんし、
逆に自己診断の結果が良かったとしても
本当に緑内障じゃないか、ということは
判断できません。

さらに言えば、
自己診断というものは、どうしても主観が
入ってしまうものです。
自分が緑内障に関して強い不安を感じていれば
本当は視野が欠けていないのに異常があるように
感じてしまうこともあるかもしれませんし、
逆に、自分は健康だ!緑内障なわけがあるか!と
思っている場合は、多少視野が欠けていても
それを認めたくないという気持ちが
間違った自己診断結果に繋がる可能性もあるのです。

自己診断はあくまでも目安でしかない、
ということは覚えておかなくてはなりません。
参考にするための材料の一つ程度に
考えておくようにしましょう。

最終的には眼科へ

最終的に緑内障かどうかを
知るためには、やはり眼科に行くしかありません。
どんなに自己診断をしたところで、
緑内障なのかどうかの答えは分かりませんし、
視野の欠損が進んで、自分自身で明確に
「緑内障だ!」と分かった時点では
既にもう手遅れです。

もちろんそれ以上の進行を食い止める
治療を行うことはできますが、
欠損した視野は元には戻らないので、
自分で気づくことができる状況=
日常生活でも気になる状況が
これからずっと続くことになってしまうのです。

自分で早い段階で気づく、ということは
非常に難しいことではあるのですが、
少しでもおかしいと感じたら眼科に行くか
健康診断などをしっかりと受け
緑内障を発症していないかどうか
しっかりと確認することが
目を守ることに繋がります。

緑内障の自己診断をしても
ネットでどんなに情報を調べても
結局、自分がそうであるかどうか、
ということを突き止めることはできません。
「たぶん大丈夫だろう」「駄目かもしれない」
これがネットで調べて分かる限界であると思います。

もしも、悩んでいるのあれば、
やはり眼科に足を運ぶしかありません。

まとめ

緑内障は、早期発見が非常に重要な
病気になります。
が、その早期発見が難しい病気であるのも事実。
自分で気づく、というのが非常に難しい病気でも
ありますが、そこのところは上手く判断しつつ
やっていくしかありません。

自己診断を鵜呑みにしてしまうことは
問題ですが、
一種の参考材料として利用するのであれば
全然良いかとは思います。
もしも気になるのであれば、あくまでも目安として
やってみるのは良い事
なのではないでしょうか。

ただし、どのような結果が出たとしても
それを鵜呑みしないように、ということは
注意するようにしましょう。