緑内障の情報まとめ!知識を蓄えて病気と向き合う!

緑内障や視野の欠損を生じる病気と
なっており、失明してしまう可能性もある恐ろしい病気です。

さらには「一度欠けてしまった視野」は
取り戻すことができない、という
特徴も持っており、
なるべく早い段階で気づくことが
重要な病気となっています。

緑内障について、
最低限の知識を身に着けておくことは、
自分自身を守ることにもつながるのです。

スポンサーリンク

緑内障の基本

基本的な症状としては「視野の欠損」と
なっており、急性のものを除き、
緩やかにその症状は進行していきます。
初期症状は、わずかな視野欠損となるために
なかなか気づくことができず、
気づいたときには、だいぶ視野欠損が
進んでいる、といったようなことも
起きるのも事実です。

下記に緑内障に関係する内容を
まとめました。それぞれのページで
詳しい内容をご覧ください。

緑内障の基本的な情報はこちらをご覧ください。

緑内障を知る!

緑内障についての情報を下記にまとめました。
知識を蓄えておくことは、
自分の目を守ることにもつながります。

急性緑内障発作とは?
緑内障には、いくつかの種類が存在します。
その中でも恐ろしいのが、急性緑内障発作というものになります。
きわめて短時間で失明まで進んでしまう可能性もありますので、その症状などに
ついて、しっかりと理解しておきましょう。

初期症状について
緑内障の初期症状は、ほとんど自覚症状がありません。
どのような商機症状が出るのかどうか、初期症状に気づきにくいのは
なぜなのかどうか、それについてお話していきます。
いち早い発見が、緑内障治療の大事なカギになります。

回復しないという事実
緑内障の治療は「症状を食い止めるためのもの」であり、
一度失ってしまった視野は回復することはありません。そのため、いち早く
緑内障を発見する必要があるのです。
一度欠けてしまった視野が回復しない理由や注意点をお話します。

完治は難しい?
緑内障を完治させることはできないのかどうか。
その点についてを解説していきます。
確かに治療方法はあるのですが、完治ということは、今の医療では
難しいことなのです。

前兆を知る!
緑内障は早期発見が非常に大切な病気ですが、
同時に、早期発見が非常に難しい病気でもあります。
では、そんな緑内障の前兆というものはあるのでしょうか。
それについて解説していきたいと思います。

放置するとどうなるの?
緑内障を放置してしまうとどうなってしまうのか。
解説していきます。

緑内障手術とは?
緑内障には治療方法というものがちゃんと存在しています。
点眼薬や内服薬などによる治療も存在していますが
場合によっては手術が必要になる可能性もあります。
そのタイミングなどについて、解説していきます。

自己診断の方法は?
緑内障を自己診断する方法はあるのでしょうか。
眼科に行かず、自分で緑内障を見極めるための方法をそれぞれまとめました。
最終的には眼科に行かなくてはいきませんが、
ひとつの目安として、判断材料にしていきましょう。

スポンサーリンク

関連情報

緑内障に関連する情報を下記にまとめました。
緑内障に関連することについて知識を
身に着けておくと、いざという時に約に立つかもしれません。

眼圧検査(がんあつけんさ)
緑内障の原因となる「眼圧」が上がっていないかどうか、
逆に下がりすぎていないかどうかを確認するための検査です。
検査自体は非常に簡単なものですが、
念のため、検査方法を解説していきます。

隅角検査(ぐうかくけんさ)
緑内障の原因のひとつとなる狭隅角の状態になっていないか
どうかを確認するための検査になっています。
緑内障の可能性を確認するための、重要な検査の一つになります。
緑内障を早期に発見する、ということはとても大事なことです。

狭隅角とは?
隅角が狭まっている状態になります。
急性緑内障を発症してしまう可能性もありますから、しっかりと
対策、経過観察をしておくことが大事になります。
自覚症状はほとんどないので、しっかり知識を身に着けておきましょう。

眼精疲労との違いは?
緑内障と眼精疲労の違いは…?
眼精疲労は目の疲れが原因となっている症状です。その症状と
緑内障の違いについてまとめました。
その違いを理解しておき、見分けをつけられるようにしましょう。

緑内障フレンドネットワークとは?
目の病気には患者会というものがそれぞれ存在しています。
緑内障に関してもいくつかの患者会が存在しており、
このフレンドネットワークもそのうちの一つになります。
利用するかどうかは個人の自由ですが、そういうものもあるのです。

眼圧を自分で検査することはできるの?
緑内障の原因のひとつとなるのが「眼圧」ですね。
眼圧は基本的に眼科に行かないと検査することはできません。
では、眼圧を自分で検査する方法はまったくないのでしょうか?
その答えについて、解説していきます。

まとめ

緑内障は、これまでに書いてきた通り
視野欠損が進む病気です。
最終的には失明してしまう可能性も
ありますから、注意しなくてはいけません。

ただ、初期症状には
非常に気が付きにくく、
知らぬ間に症状が進んでいってしまう可能性も
十分にありますから、
その点に関してはしっかりと注意しておき、
病気について知っておくことも大事になます。

何も知らなければ
緑内障に気づくことは
難しいですし
「ん?見える範囲が狭い?」と思ったときには
もうだいぶ症状が進んでしまっている
可能性もあるので、
注意をしなくてはなりません。

タイトルとURLをコピーしました