眼圧検査とは?緑内障の有無を調べる簡単な検査!流れを解説!

検査・眼科

眼科で行われる検査の一つが
「眼圧検査」です。

眼科を利用したこのある方は
この眼圧検査を受けたことのある方も
多いのではないでしょうか。

検査、と聞くと面倒なイメージを受けたり、
時間がかかるのでは、と思う方も多いかとは思うですが
この眼圧検査は、そういう面倒な検査ではありません。

こちらの記事では「眼圧検査」についての概要を
お話していきたいと思います。

眼圧検査とは?

眼球の内圧を測定するための検査です。
眼球は房水というものによって圧力が保たれているのですが
場合によって、それが変かし、緑内障などを引き起こすことが
あるため、眼圧に変化がないかを測定する検査となっています。

検査自体は非常に簡単なものですし、
緑内障の疑いが無い場合でも、眼科を訪れれば
この眼圧検査をやることになるケースも多いかと思います。

どんなことが分かるの?

眼圧検査では、その名の通り、眼圧が分かります。
眼圧の数値によって、緑内障の可能性があるかどうかを
調べることができます。
緑内障は視野の欠損を伴う病気で、最悪の場合失明することも
ある危険な病気なのですが、
初期の段階では、まったく自覚症状のないことも多く、
視野の欠損に気付いたときには、だいぶ緑内障が進行している、
ということもある病気です。

そのため、この眼圧検査を行い、緑内障の早期発見を
する、ということになります。
緑内障では、視野が欠損してしまった部分の回復は
できないため、早期発見が重要になるのです。

緑内障についてはこちらの記事を参考にしてみてください。

また、緑内障以外にも高眼圧症と呼ばれる症状や
網膜剥離などの疑い(眼圧が低すぎるケースなど)も
発見することができ、非常に有用な検査になっています。

検査の手順

眼圧検査自体は、とても簡単な検査になっています。
一般的に、顕微鏡のようなものを覗き込み、
そこで空気を吹きかけられるだけです。
本当にそれだけで終わるので一瞬です。
空気がシュッと目にあたるので、
ちょっとびっくりして目を瞑ってしまったり
することはあるかもしれませんが、痛みもありませんし、
苦痛や気持ち悪いという感覚もありませんから、
検査の中でも、受ける側の負担はかなり少ない検査に
なるかと思います。

眼圧の結果も、すぐに出てくるので、
長い時間待たされたりするような検査ではありません。
流れるように受けることのできる検査なので、
何も心配はいりません!

痛いんじゃないの?
という人も居るかもしれませんが、
痛みは全くありませんから、その点の心配もいりません。

唯一あるとすれば、空気が吹きだされるときに
目をつぶってしまって、眼圧を上手く測定できない!
ということぐらいでしょうか。

目をつぶってしまって
上手く測定できない場合は、
病院の方が目を軽く抑えたりして検査をすることになります。

検査の結果はすぐに出る

眼圧検査はすぐに結果が出てきます。
その結果を見て、先生が色々な判断をすることになります。
眼圧の数字が8~20であれば正常範囲内となりますので、
特に眼圧については心配する必要はありません。
しかしながら、21以上の場合は、緑内障などを疑う
必要が出てくるほか、場合によっては眼圧を下げる薬などが
処方されて、経過を観察するかたちになるかと思います。

一方で、眼圧の数字が7を切る場合に関しても、
別の危険がありますから、先生が診察を行い、
必要に応じて別の検査などを行うことになるかと思います。
低眼圧についてはこちらをご覧ください)

眼圧検査は誰が受けるの?

眼圧検査は、緑内障の疑いがある患者さんだけではなく、
眼科を訪れれば、高い確率で受けることになるかと思います。
私も、何件か眼科を受診していますが、
必ず眼圧検査はやっていました。
受診するたびに、眼圧検査を行う感じですね。

上でも書いた通り、緑内障は自覚症状が
ないことも多く、別の症状で眼科を受診した人が、
たまたま発見される、みたいなことも多いのです。
なので、眼圧検査は眼科によっても異なるとは思いますが
多くの眼科で、広く、行われている検査となります。

実際に検査を受けた感想

私も、眼圧検査は受けたことがあります。
感想としては「すごく簡単」ということですね。
確かに空気を吹き込む瞬間だけ、ついつい目を瞑ってしまったりは
しますが、痛みはありませんし、
緊張するほどのことでもありません。
これが検査なのか、ぐらいの気持ちで簡単に終わってしまう検査なので
検査後、6時間程度見え方に変化が出てしまう「眼底検査」などよりも
さらに簡単な検査です。
それで、危険な病気である緑内障の有無が分かるわけですから、
とても有意義な検査だと思いますよ!

眼圧検査のまとめ

以上が、眼圧検査の概要になります。
簡単にまとめておくと、

・検査時間は、数分(早ければ1分ぐらいで終わります)
・痛みは無く、その後の視界の見え方にも変化はありません。
・空気を吹き付ける際に、驚いて目を瞑ってしまっても、すぐに再度検査できます
・結果はその場で出るので、その眼圧数値によって、先生が色々判断します
・主に、緑内障の有無を調べるための検査になっています

眼科では、視力検査と並んで、
よく行われている検査です。
皆様も眼科を利用する際にはこの「眼圧検査」をやることに
なるかもしれませんが、
心配するような検査ではないので、安心してください。

眼圧検査を個人で行う方法はあるの?
の記事も参考にどうぞ!