目の中にまつげが入った!どうすればいいの?取り方と注意点!

対策・治療

目の中にまつげが入ってしまって
なかなか取れなくなってしまった!

なんて経験はありませんか?
まつげが入ってしまうと、
チクチクしたり、異物感があったりと、とても
気持ち悪いと思います。

そんな場合、どのように対応すれば良いのか?
そして、もしも睫毛を取り除くことができない場合は
どうなってしまうのか、ということについて、
ご紹介していきます。

慌てずに対応できるようにしましょう!

まつげが目に入ると、どうなる?

まつげが目に入ってしまうと、どうなってしまうのか。
目に入ってしまうと「チクチクする」「異物感がある」
「ゴロゴロする」「かゆみが出てくる」などの症状が
出る場合もあります。

逆に、場合によっては何の症状も無い場合もあります。

ちなみに、睫毛が目に入ったからと言って
視界に睫毛が見えたりだとか、そういうことはあまりなく、
多くの場合、目がチクチクするなぁ、などと思いながら
鏡を見てみると、まつげが目に入っていた!
なんて場合がほとんどではないかと思います。

確かに、目の中に睫毛が入ってしまうと
違和感も出てくると思いますし、
なかなか気持ち悪いものだと思います。

では、そんな場合、どうすれば良いのか、
そしてポイントを見ていきましょう。

放置しておくとどうなる?

目の中に入ってしまったまつげを放置しておくと
どうなるのかどうか。
基本的には、何も起きません。
不快症状はあるかもしれませんが、まつげを放置
していたことにより、病気になってしまったりだとか、
そういう心配は必要ありません。

確かに気になりはしますから、取り除くことが
できるのであれば取り除いてしまった方が早いですが、
もしも取り除くのが難しい場合は、
放置しておいても、問題はない、ということですね。

案外、普通に生活しているうちに、
まつげのことを忘れて、気づいたときには涙と一緒に
目の外に出ていたり、と、自然とまつげが外に
出て行っている、という可能性も高いです。

ちなみに、まつげを放置しておくと、
まつげがどんどん動いていって、眼球の裏側などに
行ってしまうのではないか、と心配する方も居るかもしれませんが
目は、ちゃんとまつげが入らない構造になっていますから、
その点は心配しなくても、大丈夫です。
もしも、気づかぬうちにまつげの姿が見当たらない!という
状態になっていたのであれば、
睫毛は自然と外に出て行った、と考えても問題はありません

まつげが目に入る理由は?

まつげが目に入ってしまう理由は簡単です。
抜け落ちたまつげが目に入ってしまう、ということですね。
まつげが目に入りやすい人も居れば、目に入りにくい人も居ます。
このあたりは、個人差の問題ですね。
まつげがよく目に入るなぁ~という場合でも、特に病気などではなく
抜け落ちたものが入っているだけの場合は
病気の線を気にする必要はありません。

ただ、抜けたまつげではなく、生えているまつげが
目の方に向かってしまってチクチクしたりするものは
この記事で書いていることとはわけが違います。
生えているまつげがチクチクと刺さる場合は「逆さまつげ」
というものになっており、
場合によっては治療をした方が良い場合もあるので、注意しましょう。
逆さまつげについてはこちらの記事でご覧ください)

まつげを取るにはどうしたら?

では、目に入ってしまったまつげを取り除くには
どうしたら良いのかをご紹介していきましょう。
まつげは放置しておいても大丈夫ではありますが、
やはりチクチクしてしまったり、違和感があるような場合は、
早めに取り除きたいものですよね。
取り除くための方法を見ていきましょう

・水で洗う
まず、目を見ずで洗う方法ですね。
洗顔をすると、まつげも流れてくれる可能性は高いです。
なかなか流れないしぶといまつげもありますが、
まず、まつげを取り除くのであれば、洗顔をしてみるのも
1つの方法でしょう。
ただ、この際にムキになって目をこすったりしないようにしましょう。
目を傷つけてしまう恐れがあります

・水の入った容器を使う
個人的に、この方法はまつげを取り出しやすい方法だと思います。
洗面器など、何でも良いので、容器に水を入れて
その中に顔をつけて、まばたきをする…
そうすると、目からまつげが出て行ってくれることも多いです。
特に、目をこすったりだとか、そういうことは必要なく、
単に顔を水につけて、そこでまばたきを繰り返す、という方法です。
しつこいまつげも、これで取れてくれることは多いです。

・目薬を使う
目薬が手元にあるのであれば、目薬を使ってみるのも
1つの方法です。
目薬によってうまくまつげが外に出て行ってくれる可能性もあります。
目薬を点眼して、しばらくまばたきをしたりしてみるのも
良い方法であるかと思います。

・瞬きをする
洗顔できる状態でもなく、水も使えず、目薬もない、という状態の場合
まばたきを繰り返してみるのも一つの方法です。
運が良ければ、これでまつげが外に出て行ってくれる可能性も
充分にありますから、急にまつげが入ってしまった場合などに
関しては、試してみるのも良いかと思います。

・涙を流してみる
これも、水などが何もない場合に使える方法ですね。
わざと、涙を流してみることで、睫毛が外に出て行ってくれることも
あります。自分で涙を出すのは難しい、という人もいると思いますが
もしも涙を簡単に出せる人は、涙でまつげを追い出してしまうのが
良い方法であるかと思います

方法としてはこんな感じでしょうか。
自分で試してみて、取りにくい、取りやすいと感じる方法が
それぞれにあると思います。
自分なりの方法を見つけ出して、まつげを取り除くようにしましょう

目をこするのはNG?

正直に言ってしまえば、目に入ったまつげを一番取り出しやすいのは
「目をこする」ことです。
目をこすることで、まつげが目の外に出ることは多いです。
指についてきてくれたりすることもあります。

ですが、目をこすることで目の表面に傷がついてしまうことも
あり、思わぬ病気や感染症に繋がってしまうこともあります。
また、感染症のリスクもあるので、その点に
関しても注意しなくてはいけません。

なので、確かに目をこすると、まつげを取り除きやすいのは
確かですが、目を傷つけるリスクがあるので、
なるべくしないようにしましょう。

結局どうするのがベスト?

どうするのが一番良いか、という部分についてですが
「無理をしない程度に取り除く」ということですね。
そのままにしておいても、最終的には自然と外に
出ていきます。
チクチクしているなどの症状が気持ち悪いでしょうから
取り除けるのであれば、取り除いてしまうのが
一番良いものではありますが、
もしもどうしても取り除けない場合は無理をする必要はありません。

無理をし過ぎることにより、逆に目を傷つける恐れが
ありますから、その点に関しては注意をするようにしましょう。
なお、”入っていたはずのまつげがない”という場合は
自然と外に出た、と考えて問題ありません。

先ほどもご説明したように、睫毛が眼球の裏側に
行ってしまうようなことはありません。

まとめ

まつげが目に入ってしまうと、
気持ち悪い感じがしますが、
そこまで気にし過ぎる必要はありません。
もちろん、取れるなら取った方が良いですが
なかなか取れないものをムキになって取ろうとしたりだとか
そういうことまでする必要はありません。

まつげが眼球の裏側に行ってしまうことはありませんし、
いずれ、自然とまつげは取れてくれます。
ムキになって、目をこすってしまって感染症などを
起こしてしまった方が危険なので、その点に関しては
よく覚えておくようにしましょう!