目を休めるってどうすればいいの?目の休憩の方法を伝授!

対策・治療

目が疲れたときには
「目を休める」ことが大切です。

とは言っても、”目を休める”ってどうやって
休めればいいの?と疑問に思う人も
多いかと思います。

目は日常の中で色々と酷使しています。
パソコンやスマートフォンなどもそうですし、
それだけではなく細かい作業だとか
そういった部分でも目を使うことになります。

疲れている状態の目を酷使していると
”眼精疲労”に繋がってしまいますから、
眼精疲労の詳細はこちらからどうぞ
適度に休憩を取らなくてはいけません。
では、目の休憩とはどのようにすれば良いのでしょうか。

目の休憩の取り方

目の休憩の取り方…。
これには色々な方法があります。
単純に目を使わずに、ゆっくりとしているだけでも
疲れは取れますが
色々と方法はあるので、自分に一番ぴったりな
方法で、目の疲労を取っていきましょう!

仕事柄などから、なかなか難しい人もいるかとは思いますが、
なるべく、目に疲労を蓄積させないようにすることこそが、
眼精疲労などを防ぎ、目の負担を防ぐための方法になります。

目を瞑って休める

目を瞑って、何も見ないようにするだけでも、
目の休憩になります。
パソコンやスマートフォン、その他作業で
目を酷使した場合は、何も見ずに
ぼーっと、目を瞑っているだけでも、目の休憩にはなります。

もちろん、当たり前のことですが、目を瞑ってから数秒で
疲労が取れたりだとか、そんなことはありませんが、
しばらく目を瞑ったりしていれば、
目を休めることにはなりますし、
近くに何も無くても、目を瞑ることはできるはずですから
手軽にできる、目の休憩になりますね。

目を暖めたり冷やしたりする

目を温めたり冷やしたりするのも、疲れ目対策になります。
ショボショボしているか、充血しているか、などによって
有効的な方法が異なります。
(ショボショボは温め、充血は冷やすのが良いようです)
ホットアイマスクや濡らしたタオルなどを用いて、
目を暖めたり冷やしたりしましょう。

ただ、過剰に熱い状態にして火傷してしまったり、
逆に冷やし過ぎたりしないようには注意です。
何事もほどほどに、が大切になります。

目のマッサージや目の体操

目の周りのマッサージや目の体操も疲れ目解消に
効果ありとされています。
が、目のマッサージ、体操に関しては
「逆効果」という意見もあり、これは賛否両論に
なっています。

マッサージにも体操にも色々ありますので、
ここでは方法に関してはご説明しませんが
(検索すればすぐに出てきます)
自分で試してみて、効果があるなぁ、と思うのであれば
続けてみるのも良いかと思います。
ただし、効果を感じられなかったり、逆効果だと
感じるのであれば、すぐに中止しましょう。

目薬などの疲れ目対策を利用

市販の目薬の中には、疲れ目対策の目薬なども
販売されています。
そういったものを利用することでも、
目の疲れを緩和することが可能です。
市販の目薬には様々な種類があるので、
自分に良く合う目薬を選んでいくようにしましょう。

また、既に別の目薬を使っている場合に
関しては、その目薬との兼ね合いなどもありますから
併用する場合は眼科医や薬剤師に相談してから、
利用するようにしましょう。
不適切な組み合わせで目薬を使うと、
逆効果になってしまう可能性もあります。

生活環境や睡眠時間など

目を休めるには、生活環境や睡眠時間も
大切な要素の一つになってきます。
やはり、睡眠時間が短いと、その日1日で蓄積された
目の疲れが取れなくなってしまいますし、
目だけではなく、身体の健康上も良くないことです。

生活習慣に関してもそうで、不規則な生活を
送っていれば送っているほど、目に負担が
かかりますし、目以外の部分にも、色々と負担が
かかることになってしまいます。
そういったことになってしまわないように、
目云々以前の問題で、睡眠時間の確保だとか
そういったことをしっかりと気にしておく必要が
あるのです。

目に対して良い食べ物・栄養などもあるので、
そういった食生活を心がけてみるのも
疲れ目対策の一つになるかとは思います

遠くの風景を見つめたりする

パソコンやスマートフォンなどで目を酷使してしまった場合、
遠くの風景などをぼーっと見つめるだけでも
目の休憩になりますし、
目を緊張状態から解き放つためのきっかけにもなります。

これは、パソコンやスマホなどで作業している最中にも
大事なことで、ずっと近くのものを凝視し続けるのではなく、
時々視線を別の場所に持っていくことで、
目の疲労や緊張を防ぐことができますから、
そういう部分に関しても気を配るようにしながら、
目を休めて行けると、より目のためにも、良い生活習慣が
できるのではないかと思います。

なるべく目に負担をかけないようにすることも
大切なことです。

まとめ

とにかく、”目に負担をかけないようにする”ということ。
これが、一番大切なことになりますね。
なるべく目に負担をかけないように意識し、
休憩を随所に入れていくようにしましょう。

一番の休憩方法は、
やはり”目を使わないで休める”ことです。
目薬だとか、マッサージだとか、体操だとか
そういうものも紹介しましたが、
一番は「休めること」であることには変わりありません。

ただ、現代人は私もそうなのですが
仕事などでもパソコンを使っている都合上、
なかなか目を休めることが難しい!という人がいるのも
事実なのですよね…。
なので、ブルーライトのカットなどの対策もしながら
出来る限り負担をかけないようにすることが、大切になるのです。