目の怪我に注意した方が良い場面!気を付けるべき場面は?

対策・治療

目の怪我…

目は怪我をきっかけに
失明したり、
重大な視力障害を残すことになってしまったり
してしまう可能性は充分にあります。

そうなってしまわないためにも
目の怪我をしてしまわないように
注意が必要です。

通常の病気だとか
そういったものとは違い、
怪我をしてしまうと
”昨日まで見えていたのに”
ということになってしまう可能性も0ではありません。

目を、怪我から守るために
「怪我をする可能性の高い場面」には
注意するようにしましょう。

では、どのような場面で注意をすれば良いのか。
それをまとめていきたいと思います

注意するべき場面は?

目を怪我から守るために。
どのような場面に注意すれば
良いのでしょうか。

通常、普通の生活を送っている場面で
目を怪我してしまう、ということは
ほとんどないかと思います。

しかしながら、スポーツだとか
そういった場面では
目の怪我をする可能性は
飛躍的に上がりますから、
怪我をする可能性のあることをしている際には
細心の注意を払う、ということが
大切になります。

目を怪我から守るために、
どのようなポイントに注意すれば良いのか。
それを、それぞれ解説していきたいと思います。

球技系のスポーツ

まず、目の怪我で多いのが
球技系のスポーツですね。
バスケットボールでも、バレーボールでも、
サッカーでも、球技系のスポーツは
目の怪我をする可能性が高いです。

しかも、どの球技であったとしても
大抵の場合、
ボールは物凄い勢いで飛びますから、
目に非常に強い衝撃を与えてしまうことに
なる可能性は十分にあります。

これに関して言えば、
意識して注意しておくことは大事だと思いますが
確実に防ぐ方法はありません。
確実に防ぐ方法は、「球技をやらないこと」に
なってしまいますが、
スポーツを楽しみたい人にとって
それは辛いことだと思いますし、
学校の授業などでも球技は必ずやると思いますから、
こればっかりはどうにもなりません。

相手も、目を狙ってボールを飛ばしているわけでは
ないでしょうし、
事故が発生してしまう可能性は
球技系のスポーツには常に付きまといます。
実際に、それで重大な視力障害を残したり
失明したり、という人も存在しています。

ただ、だからと言って、球技が悪いというわけではなく
スポーツには、場合によっては怪我も付き物である、
ということを覚えておきましょう、ということです。

万が一、ボールで目を怪我した場合に関しては、
何らかの症状でが出ている場合は
すぐに眼科や病院を受診するようにし、
特に症状が出ていない場合に関しては
時間のあるときに、念のため眼科で検査を行う、
というのがベストな対応になります。

格闘技系統

格闘技は、球技以上に目の怪我がつきものになります。
相手の顔面を殴ったりするわけですから
当然、目を怪我することもあるわけです。

この対処法としても
格闘技(一部を除く)をする場合に関しては
目を怪我するリスクは先に
受け入れなくてはなりません。
格闘技をやる以上は、避けては通れない危険です。
一番の対策は「格闘技をやらない」ことですが
それも、格闘技の道を選びたい人にとっては
できない相談であると思います。

格闘技の場合も、
もし怪我をしてしまった場合の対処方法としては
同じになります。

何らかの症状が出ている場合は
すぐに病院を受診するようにし、
特に何の症状も出ていない、という場合に
関して言えば、時間のあるときに
念の為眼科を受診する、ということになりますね。
この対応だけは、格闘技をする場合は
しっかりと覚えておくようにしましょう。

薬品などを使っている場合

日常的な洗剤から、専門的な薬品まで、
色々な薬品類を使う場合に関しては
自分の目にその薬品が入ってしまわないように
注意する必要があります。

これに関して言えば、
球技や格闘技とは異なり
自分自身の取り扱いによって
気を付けることができるはずです。
薬品を使っている際には
決して油断したりすることなく、
自分自身でしっかりと気を付けるように
していきましょう。

目に入ってしまう薬品にもよりますが
重大な視力障害に繋がったり
失明したりする可能性は十分にあります。

万が一、目に何らかの薬品が入ってしまった場合に
関しては、すぐに眼科などで検査・治療を
受けるようにして下さい。
なるべく早い対処が必要になります

喧嘩など

誰かと喧嘩した場合…
これも、目を怪我する可能性がありますね。
原理で言えば、格闘技と同じことで、
場合によっては、重大な目の障害を引き起こして
しまう可能性もありますし、
目の障害を引き起こしてしまった場合、
相手にとっても非常に嫌な思い出になるだけでなく
視力障害も残した場合は、
相手もその責任を一生負うことになるでしょう。

では、この対処方法は何か。
これは球技や格闘技と違って
避けることができるはずです。

つまりは「喧嘩をしなければ良い」という
だけのことですからね。
喧嘩をしないように、人間関係を
上手くやって行く、ということです。

目を怪我をするような殴り合いの喧嘩を
する、なんてことは経験する必要はありません。
何事も経験、なんて言葉もありますが
こういった下らないことを経験する必要はないのです。
下らない喧嘩で目を壊してしまったり、
見えなくなってしまったり、そんなことに
なってしまったら、本当に悲しいことです。

そうならないためにも
無駄な喧嘩はしないべきです。

事故や自然災害など

目の怪我をする残りの可能性としては
何らかの事故と、地震などの自然災害になりますね。
これらに関しては、防ぎようのないことも
ありますが、注意しなくてはいけません。

まず、事故に関しては
自分自身が原因による事故を引き起こさないように
注意する、ということが大切になります。
車だけではなく自転車、バイク、徒歩、
あらゆる場合に事故は起きる可能性があります。
そういった事故を引き起こさないように
交通安全のためのルールなどはしっかりと
守るべきだと思います。

が、電車の事故だとか
相手から突っ込んできた、だとかそういった
事故は自分ではどうにもなりません。
この場合、巻き込まれた後に、自分で動ける状況であれば
目にけがをしている場合は
ただちに病院にに足を運ぶようにしていきましょう。

続いて、自然災害。
これは、本当にどうにもなりません。
例えば、地震などで言えば、
地震が来ないようにする、ということは
人間にはできないことです。
そのため、地震災害などに対しては
しっかりと自分の身を守るための知識を
身に着けておき、いざというときには
ちゃんと行動できるようにしておく、
ということが大切なことになりますね。

日頃の防災対策などもしっかりとしておくと
より安心かと思います。

ただ、自然災害にしても
自分が原因ではない交通事故にしても
100パーセント防ぐことはできません。
人生、運の要素もありますから、
何が起こるか分からない、というのは
怖い部分でもありますね…。
できる限り、怪我をする確率を下げるように行動する、
ということは大切なことに
なるかと思います。

まとめ

目の怪我を100パーセントしないようにする、
ということは非常に難しいことです。
どんなに気を付けていたとしても
怪我をしてしまうようなことは
やはり、あるでしょう。

しかしながら、
その確率をできる限り下げる、ということは
決して不可能なことではありませんし、
いざ、怪我をしてしまった時には
どのように対応すれば良いのか、
ということをしっかりと理解しておく、
ということは、とても大切なことに
なるかと思います。