目を冷やすのは効果があるの?どんな時に冷やせばいいの?

目を冷やす…

目を冷やしたり、温めたりすることは
目に良いだとか、疲れ目に効く、だとか
そんなお話を聞いたことがあるかと思います。

では、実際のところ、目を冷やす、ということは
効果があるのかどうか、
目を冷やす際の注意点は何か、ということに
ついて、お話していきたいと思います。

スポンサーリンク

効果はあるの?

目を冷やすことに意味はあるのかどうか。
色々なことが各所で言われていて
イマイチ分からない!という人も多いかと思います。

温める・冷やす、どちらが良いのかも
迷ってしまいますよね。

で、目を冷やすことについてですが
これは、あくまでも”気休め”程度に思っておいた方が
良いです。

目を冷やしただけで劇的に目の調子が
良くなるのであれば、極端な話、眼科なんて必要なくなりますし
みんな目を冷やすようになるでしょう。

ですが、目はそんなに単純なモノではありません。

あくまでも目を冷やす、と言う行為は「気休め」ぐらいに
思っておくのが正しいかと思います。

ただ、場合によっては逆効果になってしまうことも
ありますから、そのポイントも含めて
ご紹介していきたいと思います。

どんな時に有効?

病気や、目の状態などによって
同じ症状でも色々と異なりますから
一概に言うことはできませんが、
充血した時や炎症しているとき、かゆみがある時などに
楽になることもあるようです
(人によって感じ方は異なります)

疲れ目などにも、目を冷やす…というお話もありますが
疲れ目やドライアイなどの場合には
どちらかと言えば温めた方が有効的と言われています
(実際にホットアイマスクなども発売されていますね)

このように、時と場合によって
冷やした方が良い時もあれば
温めた方が良いときもあるので、
症状によって使い分けることが大切になります。

ただ、感じ方は人によって異なりますし、
目の病気や状態によっては
マイナスになることもあるので、
自分自身でしっかりと判断しながら利用を
していくことが大切になります。

目の病気を治すわけではない

目を冷やすことは
病気を治すことではありません。
確かに、目を冷やせば楽になることも
あるかとは思いますが、
もしも、何らかの病気が原因で
目の不調などを招いている場合、
当然のことではありますが、冷やすだけでは
治らないこともあります
(自然に治癒する病気もありますが…)

その場合、目を冷やして仮に一時的に
楽になったとしても、病気自体はどんどん
裏で進んで行ってしまいますから、
その点には注意しなくてはなりませんし、
目の病気を我慢していれば
当然、自然治癒するものを除き、
どんどん病気は進行してしまいますから
その点も注意をしなくてはいけません。

もしも、目の不調が長く続くようであれば
目を冷やしたり、温めたりするのではなく、
眼科を早めに受診することをおすすめします。
仮に病気でなければそれはそれで安心ですし、
もしも目の病気であった場合、
治療を行っていなくてはいけません。

目を冷やすことは、悪い事ではありませんが
病気が良くなる、だとか
過剰な期待はしないようにしましょう。

凍傷などに注意

冷たいものを持続して当て続けることで
凍傷など、目の周りにダメージを
与えてしまう可能性があります。
持続的に氷を目に当てたりだとか
そういったことは避けて、
程よい温度のものを当てるようにしましょう。

氷を直に目に当てたりすれば
怪我や傷をつける恐れもありますし、
長時間冷たいものを当て続けるのも
怪我の原因になる恐れがあります。

氷などを当てる場合はタオルなどで
冷たくなりすぎないように工夫することが
大切ですし、寝ている間に
目に氷を当て続けたりだとか、
そういったことはしないようにし、
注意しましょう。

目を冷やすどころか、逆に目にダメージを
与えてしまうことになります。

逆効果になるケースも

目を冷やすことは逆効果になるケースも
あるため、注意が必要です。
確かに楽にはなりますが、
目の症状が悪化していたり、何らかの異常を
感じる場合は、冷やすのをやめることも
大切になります。
無理してそのまま目を冷やし続けたり
しないようにしましょう。

また、直接冷やすと血流悪化などにも
繋がることがあるために、
先に温めてから、そのあとに少し冷やすように
するのが、目のためにもなります。

ただ、上でも書いた通り、目の病気などを
直接的に治すものではありませんし、
冷やしても、調子が良くならない場合も
ありますからそう言った場合に関しては
しっかりと眼科を受診することをおすすめします。

また、病院の医師から指示があった場合は
必ずそれに従って治療を進めるようにして下さい。

体験談

実際に私も目を冷やしたことがあります。
確かに、痒い時だとか、炎症しているときは
冷やすことで気持ち良い感じがしますね。

ただ、それが目にプラスになっているかどうかと
言われるとあまりそういう効果を
実感することはできませんでした。

当然、私の目の病気にも効果はありません。

あくまでも気休め、ということだと思います。

まとめ

目を冷やすと気持ちよいこともありますが
それほど大きな効果はない、ということになります。
温める方がどちらかと言えば
効果的のようですね。

あとは自分自身がどう感じるかによりますが、
冷やし過ぎてしまって目を傷つけてしまったりすることは
マイナスでしかありませんし、
目の病気になってしまっている場合は、ちゃんと
治療を行わないと治りませんから、
その点は、ちゃんと覚えておくようにしましょう!