人の眼鏡を借りたりふざけて使うと視力が落ちる可能性も!

対策・治療

人の眼鏡をふざけてかけてみたり…
人の眼鏡を借りてそのまま使っていたり

そんなことを
していたりすることも
あるかもしれません。

ですが、人の眼鏡をふざけてかけるだとか、
眼鏡を借りて使い続けるということは
目に負担をかけるかもしれない行為であり、
できれば避けた方が良い行為であることもまた、
確かな事なのです。

他の人の眼鏡をかけることは
何がいけないことなのでしょうか。
それをまとめていきたいと思います。

必要以上に気にする必要は
ないことだとは思いますが
そういうこともある、ということは
覚えておいた方が良いでしょう。

眼鏡は一人ひとりに合うようにできている

眼鏡は、誰がかけても見やすくなったり
するものではありません。
人によって、目の視力だとか、
目の状態は違います。

そのため、他人の眼鏡をかける、ということは、
”合わないメガネをかける”ということになってしまいます。

眼鏡を普段使わないとあまりピンとこないとは
思うのですが、メガネはお店に売っているものを、購入して
すぐに使う、だとかそういうものではなく
それぞれの目に合ったものを作るために
色々な検査をしたり、視力検査をしたりして、
眼鏡をそれぞれに合うように作るものなのです。

誰かの眼鏡をかける、ということは
他人に向けて作られたものを自分の目にかけるということなので、
当然目の負担になってしまいますし、
非常に見にくいと感じることもあるかと思います。

では”人の眼鏡をかける”ことで、
自分の目にダメージを与えてしまう可能性と
その原因についてのお話を
していきたいと思います。

視力に影響する可能性は?

人の眼鏡をふざけてかけたりだとか
そういったことをしていると、当然のことながら
視力に影響してくる可能性も否定はできません。

それは何故かというと、
上でも書いたように、メガネはそれぞれ本人に
合せて作られている、というのが基本になります。

そのため、他の人がかけることで、
”自分には合わないメガネ”をかけることになってしまうのです。
この、”自分には合わないメガネをかける”ということが
大きな問題で、目に必要以上の負担をかけてしまい、
眼精疲労(がんせいひろう)と呼ばれる状態を招いてしまう結果に
繋がる事もあります。

この状態が続ければ当然、目の大きな負担をかけることになってしまいますから
近視が進んでしまったり、老眼が進んでしまったり、
いろいろなことが考えられます。
必ずしもそうなるとは限りませんが
人のめがねをかけてみて「見えにくい」と感じたのであれば、
それは目にとっての負担になっていることを表しますから
注意するようにして下さい。

視力以外の部分にも影響が出る可能性

他人の合わないめがねをかけている、ということは
視力以外の部分にも影響が出る可能性が考えられます。
肩こりだとか首の痛みなど、体の痛みも
そのうちの一つですね。
人の眼鏡かどうかに関係なく、合わないめがねをかけることで
こういった症状が出てきてしまう可能性は十分にあります。

鼻の上が痛くなったり、かぶれてしまったり
身体の色々な部位の体調を壊してしまう可能性も0ではありません。
眼精疲労から自律神経失調症(じりつしんけいしっちょうしょう)に
繋がり、精神的な疲労感から、ふらつきなどなど、
ありとあらゆる症状に繋がってしまう可能性もありますから
その点にも、注意をしなくてはなりません。

どの症状が出てしまうか、
それとも何の症状も出ないのか。
これは人によって個人差がありますから、何とも言えませんが、
とにかく、他の人の眼鏡を常用したり、
そういったことはしない方が、自分の健康のためになります。

少しの時間であれば

例えば、おふざけで他の人の眼鏡を借りてみたりだとか
そういったことで、短時間、他の人の眼鏡を
かけただけで一瞬にして目が悪くなってしまう、
だとかそういうことはないかと思いますので、
過剰に心配する必要はありません。

眼鏡を忘れるなどして、
どうしても前が見えず、困ってしまっている場合に
少し借りたりするぐらいであれば
問題はないかと思います。

ただ、短時間であっても、視力が悪くないのに
強度の眼鏡などを借りたりすると
場合によっては乗り物酔いに似たような感覚だとか
そういった感覚を味わうことになる可能性もありますから
注意しておきましょう。

影響のない眼鏡も

他人から借りても、とりあえずは健康に
影響が出る可能性の低い眼鏡としては
「度の入っていない眼鏡」が挙げられます。

鼻の部分など、フレーム関係で影響が
出てしまう可能性はありますが
UVカットの眼鏡だとか、ブルーライトカットの眼鏡だとか
伊達眼鏡だとか、そう言ったものであれば
目に影響が出たりする可能性はほぼ無いと思いますから
近視用の眼鏡や老眼鏡とは違い、
場合によっては貸し借りをしても問題はないかと思います。

もしも目の調子を崩した場合

何らかの理由で他の人の眼鏡を利用していて
目の調子を崩してしまった場合に関しては
しっかりと対応を行う必要があります。

一時的なもので、他人の眼鏡をかけるのをやめて、
目を休めれば元に戻る場合もあります。
その場合は特に気にする必要はありませんが、
下記のような場合は、眼科で診察を受けたほうが
良いかと思います。

・視力が下がってしまって回復しない場合
・いつまでも目の不調が続く場合
・どんどん悪化している場合
・他の症状も出てきてしまった場合
・自分で症状が気になる場合
・自分専用の眼鏡を作りたい場合

これらに当てはまる場合に関しては
他人の眼鏡をかけていたことによって
目の調子を崩してしまった可能性も十分にありますし、
偶然タイミングが重なっただけで、
別の原因が隠れている可能性も0ではありません。

そのため、人の眼鏡を借りていて、それで目の調子を
崩してしまうようなことがあった場合は
しばらく様子を見てみて、それでもダメであれば
眼科を受診し、自分の目の不調の原因が何かを
突き止めることは大切なことになります。
目の不調を放置しておくと
自然に治る場合もありますが、どんどん悪化していって
しまう可能性もあるために、注意するようにしましょう。

眼鏡が必要な場合は?

視力が低下するなどして、
眼鏡が慢性的に必要になった場合は、
人から貰ったり、人から借りたりするのではなく
面倒であっても眼鏡を作ってしまったほうが確実ですし、
目の安全のためにもなります。

眼科で検査を受けるか、眼鏡販売店に足を運べば
眼鏡を作ってもらうことは可能ですから
しっかりと自分に合った眼鏡を作ることが大切です。

眼科で検査を受け、めがねの処方箋を作ってもらい、
それを元に眼鏡販売店を訪れるのも良いですし、
眼鏡販売店に直接足を運ぶ方法もあります。

ただ、目に何らかの病気などがあり、
視力が落ちている場合に関しては
眼鏡販売店でそれを突き止めることはできません。
病気に気付かぬまま眼鏡でとりあえず視力を回復させても
原因がそのままになっているわけですから、病気は
進行していってしまいます。

単なる近視なら良いのですが
そうではない可能性もあるので、そこは
注意しておかなくてはいけません。

まとめ

人の眼鏡を借りて使う、ということは
本当に必要であっても、おふざけであったとしても
目の健康には良いモノではなく、
悪影響を及ぼしてしまいます。

もしも、本当に眼鏡が必要なのであれば
人から借りるのではなく、
自分自身でしっかりと眼鏡を作ることを
強くおすすめします。

無理してあわない眼鏡を使っていると
目にダメージを与える結果になってしまいます。