目の中に虫が入ってしまった場合はどうすればいいの?

対策・治療

目の中に虫が入ってしまう…
人によっては経験したこともあるのではないでしょうか。

虫が入ってしまうと、
とても気持ち悪い感じになってしまったり、
場合によっては異物感やゴロゴロなど、色々な不快症状を
伴ってしまう可能性もあります。
そうなってしまうと辛いですよね。

では、目に虫が入ってしまった場合はどうすればいいのか、
そして無に虫が入るのを防ぐためにはどうすればいいのか、
それを見ていきたいと思います。

虫が入ってしまう!という方は参考にしてみてください!

目に虫が入ってしまう!

外を歩いているとき、
自転車で走っている時などなど
目に虫が入ってしまう可能性はあるかと思います。

さすがに、大きな虫が近くに来れば気が付くかと思いますが、
コバエなどの小さな虫の場合は、
目にぶつかってしまったり、
上手く目に虫が入ってしまうようなこともあるかと思います。

上でも書いた通り、目の不快症状、ゴロゴロ・異物感・炎症・かゆみなどの
症状が出てしまうことはあるかと思います。
予防・対処・取れなかった場合などについて、見ていきましょう。

目に虫が入らないための予防

まず、目に虫を入れないこと。
これが、一番大切なポイントです。
では、どのように予防していけば良いのでしょうか。

虫は夏場は特に外にたくさんいます。
外に出る以上は、虫を避けることはできませんし、
外に出ない、ということも無理でしょう。
ですので、虫自体を避けることはできません。

特に、外を自転車で移動する場合は必要です。
バイクであればヘルメット、
車であれば室内なので基本的に心配は要りませんが、
自転車だと結構、虫が目にぶつかることも多いものです。
それなりのスピードが出ているかと思いますから
「あ、虫だ!」なんて避けることはできません。

対処法としては、
眼鏡などをすることになりますね。
UVカットの眼鏡でも、伊達眼鏡でもなんでもいいので、
かけておくだけでも、虫の侵入を防ぐことができます。
100パーセント防げるわけではありませんが、
裸眼の状態で外を移動しているよりも、
眼鏡などでガードすることで、虫の侵入を
防ぐことができます。

虫が入ってしまった場合はどうするの?

虫が目に入ってしまった場合はどのようにすれば良いのでしょうか。
上でも書いた通り、目の不快症状を伴うので、
できれば取り除きたいものですよね。

目に入ってしまった虫を取り除く方法はいくつかあります。
それを見て行きましょう。

・水で洗い流す
水で洗い流す方法は定番の方法です。
水道水を流しっぱなしにして、目に水を当てて、
虫を流しましょう。
なかなか流れない場合は水を当てる方向などを
変えてみたり、瞬きを試してみたりすると
良いかと思います。
水道がない場所ではこの方法は使えませんが、
水道がある場所なのであれば、この方法を試してみるのは
良い事だと思います。

・洗面器などを利用する
洗面器などの容器に水を注いで、
そこに顔をつけて瞬きを繰り返す方法。
これは、なかなか有効的な方法だと思います。
私も実際にこの方法をメインに、目に虫が入ってしまった場合は
取り除くようにしています。
洗面器がない場所ではどうにもなりませんが、
水道水と洗面器を用意できるのであれば
試してみる価値はあると思います。
水に顔をつけて目をパチパチやるだけですから、
簡単にできる方法です。

・目薬などを使う
目薬などを持っているのであれば、
目薬を点眼してみて、その上で瞬きをするなど
してみても良いかと思います。
水道水が用意できない場所でも、目薬を常備していれば
さっと目薬を使うことはできるかと思います。
目薬で目に入った虫が取れることもあるので、
試してみるのは良いのではないでしょうか。

・瞬きを繰り返してみる
水道も鏡も目薬も無いような状態では、
何もできることがないかと思います。
ただし、後述しますが、それでも目をこすることはしてはいけません。
そのため、できることと言えば、
意識的に瞬きしてみる、ということですね。
うまくいけば、目の中に入ってしまった虫が
飛び出してくれる可能性も0ではありません。

・ガーゼなどで取り除く
私は実践したことはないのですが、
ガーゼやティッシュなどで、優しく取り除く、という方法も
あるようですね。
この場合は、濡らしたティッシュやガーゼの先端を使って、
鏡で虫の位置を確認しながら、しっかりと取り除いていくようにしましょう。

対処法としてはこのあたりでしょうか。
目に入った虫が確認できず「入った気がする」程度の
場合は、むやみに虫を取り除こうとはせずに
(虫がそもそも入っていない可能性もあります)
水で流したり、瞬きをしておくなどして、
それだけやったら放置しておくようにしましょう。

目をこすってしまうとどうなるの?

虫が目に入った時に、目をこすってしまうのは
どうしてダメなのでしょうか。
確かに、目をこすれば、目の中に入った虫が
そのまま取れることはあります。

ですが、そう上手くいかないこともあるのです。
もちろん、何事も無ければそれでも良いのですが
虫を取る為に目をこする、ということには
リスクが伴います。
どのようなことが起きてしまうのかと言うと、
「角膜をキズつけてしまう危険性」ですね。
角膜がキズつくことによって、何らかの病気を
誘発する原因になりかねませんので注意が必要です。

また、目の中に入った虫が卵を持っていた場合、
ごくまれに目の中でその卵が…
なんて最悪のケースもあるようです。
(ただし、多くの卵は、そのまま孵化することはありません)

そのため、目に虫が入ってしまった場合、
気持ち悪い感覚はあるかとは思いますが、
目をこすってしまうことはマイナスになってしまう可能性も
ありますから、目をこするのは我慢しましょう。

放置しておくとどうなる?

放置しておくとどうなるのかどうか。
最終的には涙などと一緒に、自然と目の外に
排出されるようです。
なので、耐えられるのであれば、取れない場合、
あまり無理をせずに、そのまま放置しておいても
基本的には問題ありません。

少しすれば、自然と目に虫が入っていたことも忘れて
「あれ?そういえば楽になったなぁ」ぐらいの感覚に
なることがほとんどだと思います。

目に入った虫を放置しておいても
基本的には問題ない、と覚えておきましょう
(寄生虫や大きな虫など、特例は除きますが…)

どうしても取れない場合…

どうしても目に入った虫が取れない場合で
気になってしまう場合は眼科に足を運びましょう。
無理して、無理やり虫を取り除こうとすると、
目を傷めてしまう原因になってしまいます。

また、その他の場合でも、
下記のような場合は眼科に行きましょう。

・虫が取れず、不快症状がいつまでも消えない場合
・不快な症状などが日に日に悪化している場合
・虫はとれたけれども症状が消えないor悪化する場合

このような場合は、眼科に行き、
診察を受けた方が確実です。
虫が残っているのかもしれませんし、
虫を取り除いた際に、炎症などを起こしてしまった
可能性も否定はできません。

まとめ

それほど多発することではありませんが、
虫が目に入ってしまう!ということは
実際にあることです。
私も何回か、目に入ってしまったことがありました。

違和感がスゴイですし、本当に気持ち悪いですが、
落ち着いて取り除くようにしましょう。
私の場合は、水道水と洗面器の方法で
いつも、たいていの場合、虫を取ることができています。

一度だけ「取れたのか取れてないのか分からない」
状態になってしまったことはありましたが、
特に、目に変な症状が出て来たりだとか、
そういうことは起こりませんでした。