老眼鏡で老眼が進行したり悪化したりすることはあるの?その答えは!

対策・治療

加齢によって、目の一部分が衰えてしまい
近くのモノが見えにくくなってしまう状態が「老眼(ろうがん)」です。

これは、病気ではなく、
単純に加齢に伴う衰えで、
誰もがそのうち経験することになるものです。

老眼になってしまった場合の対処方法としては、
主に老眼鏡を用いることです。
100円ショップなどでも売られています。

が、中には老眼鏡をかけると、目が悪くなる!として
老眼鏡をかけることを嫌がる人も居ます。

では、実際のところ、老眼鏡は目に悪いのでしょうか。
その答えをお話します。

老眼については老眼とは?の記事の方をご覧ください。

こちらでは”老眼鏡は目に悪いのか”という部分のお話を
していきます。

悪化することはない

まず、いきなり答えを言ってしまうと
「老眼鏡で老眼が悪化することはない」ということです。
そのようなことは老眼鏡では起こりませんので
安心して老眼鏡を利用して大丈夫です。

ただ、世の中には「老眼鏡を使うと老眼が進行する」
などという情報もあります。
それは一体何故なのか、という点も含めて
ご紹介していきます。

そもそも老眼は悪化していくもの

老眼の症状を自覚する年齢は、
人によって個人差がありますが、
平均すると、40歳前後から老眼の症状を
自覚するようです。

そうなると、老眼鏡をかける人もいれば、
我慢する人も居るでしょう。
このタイミングが問題であり
「老眼は、何もしなくても、何かしても症状が進むもの」です。
一度、症状を自覚したら基本的にはジワジワとその症状が
悪化していき、60歳前後で、その進行が止まる、などといわれています。

つまりは、老眼鏡をしようと、
していなかろうと、症状はジワジワと悪化していくことになります。
もちろん、これは通常の加齢によるものですから
心配する必要はありませんが、
”老眼が進んでいく”ことには変わりありませんから、
中には、”老眼鏡をかけたら老眼が悪化してしまった”と
勘違いしてしまう人も居るのです。

そもそも老眼は悪化していく、ということは
しっかりと認識していかなくてはなりません。

見えている状態になれたため…

近視などでもそうですが、眼鏡をかけると
見え方が大きく改善されます。本当に”別の世界”と
表現しても良いぐらいに変わることもあります。
そうなると”元々の見え方”が、今まで以上に
見えていない、と感じるようになります。

”見えている”のが普通になってしまうと、
元々の見え方が同じでも、悪くなったように”錯覚”
してしまうのですね。

なので、老眼鏡をかけて、その見え方になれると、
老眼鏡を外したときに「あれ?悪化してないか?」と
感じてしまうわけです。

私は近視で眼鏡をしましたが、
その快適な見え方に慣れてしまった為、
眼鏡を外すと「あれ?視力落ちたんじゃ?」と思うことも
最初のころはありました。
が、眼科で視力検査をしてみても、
眼鏡をかける前と視力は変わっていない。
つまり、”見える”ことに慣れてしまった為に、
見え方が悪くなったように錯覚してしまう、ということです。

老眼でも、同じことは起きると思いますし、
老眼はそもそも上でも書いた通り
”少しずつ進む”ものなので、余計にそう感じる場合も
あるでしょう。
けれどもそれは老眼鏡のせいではない、
ということは覚えておきましょう。

合っていない老眼鏡を使っている場合

老眼鏡にも色々な種類があります。
自分の現在の状況に合わないものを使っている場合に
関しては、老眼鏡は目に悪影響を与える可能性もあります。

これは、近視用の眼鏡などでも同じことが言えますが、
自分い合わない眼鏡を使う=目に負担をかける
ということです。

場合によっては眼精疲労などの原因になる可能性もありますので、
老眼鏡に限らず、眼鏡を作る際には、しっかりと、自分に
合うものを選ぶようにする、ということが大切です。

無理して我慢している方が逆効果

老眼の症状が出ているのにも関わらず、無理をして我慢している方が、
目にとっては逆効果です。
見えにくいものを無理やり見ようとする、ということは
それだけ目に負担がかかってしまうので、
目の疲労に繋がったり、目の疲労が蓄積して
回復することができずに「眼精疲労」の状態になってしまうことも
充分に考えられます。
そうなると、老眼の進行も早まる可能性があります。

そのため、老眼鏡をかけると目が悪くなるからかけたくない!
というのは間違いですし、
「自分はまだ若いから!」というのも間違いです。
意地を張っていると、逆に自分の目に負担をかけてしまうことにも
繋がりますから、
無理して我慢せずに、老眼の症状を自覚した場合は、
なるべく早い段階で自分に合った老眼鏡を見つけて
利用するようにするのが、ベストです。

くれぐれも、無理して我慢しないようにしましょう。

まとめ

老眼鏡を使うと、老眼が進んだり、
目が悪くなったりすることはありません。
老眼は、老眼鏡を使っても、使わなくても
進行していくものです。

それは、病気だからではなく、
加齢によるもので、人間誰でも通る道なので、
心配する必要はありません。

ただし、目になるべく負担をかけない為に、
対策は必要です。
それこそが、老眼鏡です。
症状を自覚した際には、老眼鏡が必要!ということの
現れですから、しっかりと老眼鏡を
利用していくようにしましょう。

目に限らず、人間は、老いていくものです。
そして、時にはその「老い」を受け入れることも、
とても大切なことになります。
それこそが、目や自分の身体をより長く
健康に保つための、大事なポイントです。