老眼は何歳から?見えにくくなる年齢と注意点を解説!

老眼と呼ばれる状態は
誰もがそのうち通る道です。

老眼の原因は
一言で言ってしまえば「老化」です。
目の中の水晶体が老化によって
衰えることにより
ピントが合いにくくなり、
近くの文字が見えにくくなったり
そういった症状が出てしまう、
というものです。

老化は避けることのできない道ですから
誰もがいずれ、この老眼を
味わうことになるのです。

では、老眼になってしまう年齢は
何歳ぐらいからなのでしょうか?
注意するべき年齢について
しっかりと理解をしておきましょう。

スポンサーリンク

何歳から老眼になるの?

具体的に何歳から老眼になるのか、
ということが決まっているわけではありません。
例えば、全員が30歳から老眼になる!
だとか、そういう風に決まっているわけではない、
ということですね。

一般的には40歳前後から老眼になる人が
多いようですが
早ければ30代から老眼の症状が出てくる人も
いるようですし、遅ければ50代ぐらいまで
老眼にならない人もいるようです。

このあたりは個人差や日頃の
目の使い方によって大きく左右
されることになってくるのです。

遅らせることはできるの?

老眼の症状が出てくるのを
遅らせることはできるのかどうか。
これは、目を酷使しないようにするなど
「遅らせることのできる可能性のあること」は
ありますが、
どんなに気を付けてもなってしまうときは
なってしまいますし、老眼の発症を遅らせる、
というのはなかなか難しいことです。

人によって目の質なども
異なりますし、老化するスピードも
人によって異なります。

意図的に老眼の症状を自覚する
のを遅らせることは難しいことで
あるかと思います。

進行が早くなる可能性

ただし、一度老眼の症状を自覚したあとの
行動によっては老眼の進行が早くなって
しまう可能性は十分にあります。

出来る限り老眼の進行を遅らせるためにも
注意するべき点は注意しておいた方が
良いかと思います。

一番の注意点としては
「無理をしない」ということですね。
老眼の症状を自覚したあとに、
意地になって老眼鏡を使わないような
人もいますが、これは逆効果でしか
ありません。

老眼の症状を自覚した場合は
無理をせずに、老眼を受け入れて
早めに老眼鏡を必要な場面では
利用するようにした方が良いかと思います。

「老眼鏡をかけると老眼が進行する」という
お話も聞いたことがある人もいると思いますが
これは都市伝説です。
実際には老眼鏡を無理して利用しないで、
目に負担をかけてしまっている方が
老眼が進む可能性もありますし、
目の疲労に繋がり、老眼だけではなく
別の部分にまで波及してしまう可能性も
充分に考えられます。

そのため、無理に老眼鏡を使うことを
こばむことは、老眼をかえって悪化
させたり、他の症状に繋がってしまう
可能性があります。

若くてもスマホ老眼に注意

10代や20代であっても
一時的に老眼のような症状に
なってしまう「スマホ老眼」というものには
注意するようにしましょう。

これは、スマートフォンやパソコンなどの
画面を凝視することによって
一時的に目のピントを合わせることが
難しくなってしまう、というものです。

スマホ老眼は普通の老眼とは違い、
一時的なものなので、
時間が経過すれば自然と元に戻りますが
その症状を何度も何度も繰り返していれば
当然、目の大きな負担になっていってしまい、
最終的には眼精疲労などに
繋がる可能性はありますから、
老眼のような症状が一時的にでも
出てしまった場合は、
少し、自分自身でもスマートフォンなどの
使い方を見つめ直してみるように
すると良いかもしれません。

こちらのスマホ老眼に関しては
上でも書いた通り若くても発症します。
私も20代ですが、
スマホ老眼自体は経験したことがあり、
本当に、話に聞いている老眼と
同じような症状が出るので
最初はびっくりします。

気づいたらどうすればいいの?

老眼を自覚するタイミングは
上でも書いた通り、人によって異なります。
実際に老化が進んでいても、
なかなか気づかない人もいます。

ただ、一度気付いてしまったら
恐らくは老眼の状態に
なっていると言うことでしょう。

どうすれば良いのか。
答えは簡単です。

”老眼を受け入れること”

これだけです。

嫌だとは思うのですが
老眼の症状が出てしまった以上、
老眼を受け入れるしかないのです。

上でも書いた通り、
老眼になってしまったのに頑固になっていると
逆に自分の目を苦しめる結果になってしまいます。
そのようなことになってしまわないためにも
自分が老眼になったという事実を受け入れて
それを受け入れた上での生活を
していく必要があります。

老眼鏡が必要だと感じるのであれば
用意した方が良いですし、
もしも老眼の症状がどうしても不安だったり
「本当に老眼かな?」と思う場合は眼科に
足を運んで検査をしてもらうなど、
状況に応じて判断するようにして下さい。

なお、老眼は病気ではありませんので
治療方法はありませんし
治療の必要もあります。
そのため、老眼の症状以外の症状が
出ていないのであれば
基本的に眼科を受診する必要はないでしょう。

まとめ

老眼は避けて通れない道です。
いずれ、必ず老眼の症状を
自覚することになるでしょう。

早ければ30代、
平均的には40代、
遅くても50代、
このぐらいに老眼の症状が
出てくる、ということです。

病気ではありませんし、
恥ずかしいことではありませんから、
老眼であることをしっかりと受け入れて
対応していくことが大事になります。

くれぐれも、頑固にならないようにしましょう。