ブルーベリーに視力回復効果はあるのか?目の健康維持への効果は?

対策・治療

ブルーベリーを食べると視力が回復する。

そんな話を聞いたことがある人も多いかと思います。
ですが、実際にブルーベリーを摂取すると
視力が回復するのでしょうか?

こちらでは、ブルーベリーが視力回復に効果があるのかどうか、
というお話と、
もしもブルーベリーを食べるのであればどのような方法が良いか、
という点をご紹介していきたいと思います。

目の健康維持の助けになるものではありますが、
果たしてその効果のほどは、いかに…?

本当に視力回復するの?

ブルーベリーが本当に視力回復に役立つのかどうか、
という点ですが、これはザンネンながら
「科学的根拠」は認められない話となっています。

ブルーベリーに含まれるアントシアニンと呼ばれる
成分が良いと言われていますが、
これは、医学的には賛否両論の状態となっており、
はっきりとした答えが出ていない状態です。

現時点では
”目に良いかもしれない”程度のお話でしかない、
というのが実情なようです。

そういう意味では視力回復するかどうか、と
言われれば答えはNo、ということになってしまいます。

視力はそう簡単には回復しない

ブルーベリーを食べれば視力が回復する…
そんな風に思っている時期が私にもありました。

ブルーベリーを食べれば、すぐに視力が回復してくる!と
勘違いさせるような宣伝もあったりするので、
ブルーベリー=視力回復なイメージが強い人もいると思います。

が、一度落ちた視力はそう簡単には回復しません。
近視になっている場合、ブルーベリーを食べただけで
視力が回復するのであれば、誰も苦労しませんし、
眼鏡をかける人は激減するでしょう。
また、病気を治すようなものでもないので、
当然、病気が原因で視力低下を引き起こしている場合も
回復を期待するのは難しいです。

私も、実際にブルーベリーを半年近く、
色々な方法で決められた分量、摂取してみましたが
体感できる効果は私にはありませんでした。

全否定するものではありませんが
”ブルーベリーを食べたからそう簡単に視力が回復する”と
いうことはありませんので、それは、覚えておきましょう。

病気を治すものでもない

ブルーベリーは、目に良いとされています。
確かに、目に対して良い作用はあるようです。
疲労などにも効く、という情報もあります。

しかしながら、ブルーベリーに目の病気を治す力はありません。
ひとたび、目の病気になってしまった場合は、
やはり眼科などで適切な治療を受ける必要がありますし、
ブルーベリーを食べているから大丈夫!などと思っている人が
もしも居るのだとすれば、それはザンネンながら間違いです。

ブルーベリーでは目の病気を治すことはできませんし、
むしろ、病気を放置しておけば、さらに症状が悪化する恐れがあります。
日頃からの健康維持目的でブルーベリーを食べるのは良いと思うのですが、
ブルーベリーで病気を治そう!というのは、意味のないことであり、
逆に、早めに眼科を受診しないと、何か手遅れになってしまう
可能性もありますから、もしも目が調子悪い!という場合は
ブルーベリーを食べるのではなくて、眼科を受診しましょう。

あなたの目を助けてくれるのは、ブルーベリーではなく
眼科の先生です。

目に良いかもしれない、というレベル

ブルーベリーの効果は「目に良いかもしれない」という
レベルだと言うのが現実のようです。
ザンネンではありますが、毎日のように食べていれば
視力が回復してくる~!
みたいな、夢のようなものではなかった、ということですね。

もちろん、上でも書いたように病気を治すような効力もありません。
が、目の健康に関して全く効果がないか、と言われれば
そういうわけでもないようですし、
少なくとも、ブルーベリーがマイナスに働くようなことはないでしょう。

「目に良いものを食べている」という精神的な部分が
目の健康にプラスになることもあります。
また、目に良いかもしれない、というのは事実であり、
目に悪い、と言われたわけでも、ブルーベリーは効果なし!と
言われたわけでもないので、試してみるのは良いかと思いますし、
目の健康維持のために!という目的であれば、ブルーベリーも
1つの方法ではあると思います。

ブルーベリーを食べる方法は?

ブルーベリーを食べる方法は色々とあります。
生のものを購入しても良いですが、
手軽な方法としては、冷凍食品やサプリメントでしょうか。

冷凍食品であれば、100円ショップなどでも販売されていますし、
サプリメントに関しても、
大きい100円ショップなどに行けば、ブルーベリーのものが
販売されています。
こういうものであれば、コスト的にも、それほどかからないので、
健康維持のために、食べることを日課にしてみるのも良いかもしれません。

有名メーカーからもサプリメントが発売されています。

効果がある、ないはともかくとして、
もしもブルーベリーを試してみたい!という場合は
こういったものを試してみると良いかもしれません。

もしかしたら何らかのプラスの効果を出す可能性も
ありますし、そうでなくてもマイナスになることは
ないかと思いますからね…。

ただ、あまり高すぎるものは、買う必要はないかと思います。
中には高額な価格設定をして、健康食品を謳うようなところも
あるかもしれません。
そういったものには引っかからないようにしましょう。

まずは、安いものからで十分だと思います。
試してみて、目の調子がいいなぁ、と感じるのであれば
それを続ければ良いですし、
特に変わらないなぁ、というのであれば、
やめてしまうのも自由です。

続ける際の注意点は?

ブルーベリーを食べることを続ける場合の注意点も
まとめておきます。

・分量は守りましょう
冷凍食品にせよ、サプリメントにせよ、
ブルーベリーの摂取目安量が表示されているものもあります。
摂りすぎて悪い、ということはあまりないようですが、
大量に食べれば良いか、と言われれば決してそうではありません。
特に、サプリメントなどの場合は、表示されている適量を守って、
摂取するのがベストであると思います。

・目に違和感を感じたら眼科へ
ブルーベリーを摂取するのは良い事ですが、
上でも書いた通り、目の病気を治療してくれるものではありません。
そのため、目の調子が悪くなったり、何か違和感を
感じたりする場合は、早めに眼科の治療を受けた方が良いかと思います。
ブルーベリー食べてるから大丈夫だ~
なんてことはあり得ませんし、
ブルーベリーは病気を治してはくれません。

・高額商品に注意
ブルーベリーは「目に良いかもしれない」というぐらいのものです。
もちろん、健康には良いのですが、
目の健康維持、という点においては科学的に実証されているわけではない、
というのが実情のようですね。
なので、そこまで高額な商品を購入したり、
ブルーベリーがないと落ち着かない!みたいな状態には
なってしまわないようにすることも、大切なのではないかと思います。

最後に…

ブルーベリーを食べることは、目の健康維持や予防には
効果がある”かも”しれませんし、気の持ちようの部分も変わってくるでしょうから
悪い事ではないかと思います。

ただ、ブルーベリーを続けていれば視力が回復するかどうか、
と言われればそんなことはありませんし、体感できるような
プラスの要素は個人的にはあまり感じることはできませんでした。

ブルーベリーは”目に良い”というイメージがありますが、
視力が回復したり、病気が治ったり、ということは
ありませんから、その点に関しては、ちゃんと認識しておいた
方が、良いかとは思います。