飛蚊症って誰にでもあるの?案外多くの人に症状は出ています。

飛蚊症の症状は
案外、多くの人がその大小に関わらず
経験しているものだと思います。

小さい頃からあるような人もいますし、
ある程度年齢が行ってから飛蚊症の症状を
経験するような人もいます。

飛蚊症は加齢やストレス、病気など
様々な症状が出るものですから
それによって苦しんでいる人も多い、
というのが現実になりますね。

飛蚊症は自分だけじゃない、ということは
覚えておきましょう。

スポンサーリンク

決して珍しい症状ではない!

飛蚊症は、決して珍しい症状などではなく
普通に多くの人が発症している症状です。
そして、多くの人が、そのまま特に問題なく
日常を送っているのが飛蚊症という症状ですね。

生まれつきや小さい頃から飛蚊症が
見えている人は、そもそも自分がそういう
症状だと気付かずに、普通に生活しているような
こともあるかと思います。

私自身、小さい頃から飛蚊症が出ており、
小さい頃は「この見え方がふつう」だとずっと思っていました。
自分に見えている黒い物体が、飛蚊症と呼ばれるもので、
通常は見えないものだと知ったのは
結構あとになってからのことでした。

私のような人も実際に多いのではないかと思います。

失明などに繋がるのは稀なケース

飛蚊症が失明などに繋がってしまう、というのは
極めてまれなケースであり、基本的には、
失明に繋がったりすることはありません。

大抵の場合は”生理的飛蚊症(せいりてきひぶんしょう)”と
呼ばれる種類のもので
加齢、ストレス、疲れ、などなどそういった
日常的なものが引き金となって
発症するものになっています。
そして、それらは完治させることは難しいですが、
治療の必要は基本的にはなく、
日々、飛蚊症の症状と付き合っているうちに
次第に慣れてきて、気にならなくなる、というのが基本です。
もちろん、生理的なものが原因である場合、
治療などを行う必要はありません。

どうしても気になる場合は、レーザー治療などもありますが
リスクもありますから眼科としては一般的には
”経過観察”ということになるかと思います。

で、失明になったり、視力障害に繋がったり
してしまうケースはごくまれなケースで、
網膜剥離(もうまくはくり)と呼ばれる病気が
原因となって飛蚊症の症状が出てくるような
可能性はあります。

その場合に関しては、
手術などの対応が場合によっては必要になり、
放置しておくと最悪の場合は失明に至る可能性が
ありますから、注意をすることは必要になります。

案外、言わないだけで…

わざわざ「飛蚊症なんだ~」なんて
自分から言わない人は多いと思います。
ある程度、飛蚊症の症状に慣れてきてしまうと、
私もそうですが、その見え方は特に
気にならなくなってきます。
そのため、周囲の人にわざわざ言うか?と
言われればそういう話題にならない限り
自分からはあまり言わないのではないか、と思いますね。

案外、飛蚊症だと言わないだけで
周囲の身近な人間の中にも
飛蚊症の症状が出ている!という人は
たくさんいるのではないかと思います。

気付いていない人もいる!

私もそうでしたが
小さい頃から飛蚊症の症状が
出ていれば「それがふつう」だと思ってしまう人も
いると思いますし、
本当に軽い症状であれば、飛蚊症の症状が
出ていても、それに気付いていない人も
充分にいると思います。

飛蚊症はいつ、だれがなっても
おかしくない症状ですし、
確実な予防方法なども存在していない病気ですから、
誰が飛蚊症になっても不思議ではないのです。
加齢と共にある日急に出現する可能性もありますし、
何らかの疲れなどが溜まって、
ある日急に出現することもあるのです。

自分ひとりじゃない

飛蚊症に初めてなると、
結構つらい所もあります。
私は小さい頃から、黒い浮遊物や、糸くずのようなものが
浮遊している視界なので、
飛蚊症がない視界、というのは実際には
体験したことがないので、それほど苦痛には
感じませんでしたが、
それまで普通に見えていた人にとっては、
突然出現した飛蚊症は、不愉快以外の
何者でもないでしょう。

ですが、飛蚊症になってしまっても
その症状が出ている人はあなた一人ではなく
難病でも、珍しい症状でもありません。
眼科の先生もしっかりと対処法をご存じです。

確かに不安になる気持ちもあるとは思いますが
眼科などで検査を行って、網膜剥離などの病気が
隠れていないのであれば、特に特別心配
する必要はないかと思います。

私もそうですし、他にも大勢の方が
飛蚊症と共に過ごしており、
それが原因となって失明する、ということは
基本的にはありません
(病気が原因の飛蚊症は別です)

そのため、しっかりと眼科で検査を
行っていて、その結果が分かっているのであれば
怖がる必要はありませんし、
普通にしていれば、何も問題はありません。

まとめ

飛蚊症も、確かに辛い症状です。
ただ、大勢の人がなっている症状なので
その研究などはしっかりと行われており、
失明に至るような危険な病気が隠れていたとしても
しっかりと治療を行えば
失明に至ることはまずないでしょう。

世の中には、一度なってしまうと
もう治療をすることもできない病気もありますし、
知名度が低く、人に理解もされず
眼科でも気のせいで片づけられてしまうような
病気の世の中に存在しているのは事実なのです。

そういった意味では、
辛いとは思いますが
必要以上に不安を感じないように
することも大事です。
目の症状って、不安に感じて気にしていればいるほど
悪化していくものもありますからね…。

飛蚊症についての詳細は別記事にまとめてありますので
気になることがあれば参考にどうぞ!