網膜剥離を放置し続けるとどうなってしまうの?危険性を解説!

病気・症状

網膜剥離は
初期症状の少ない病気であり、
場合によっては自覚症状が何もない!
というようなケースもあります。

しかしながら、初期症状が無くても
網膜剥離は非常に恐ろしい病気であり、
最終的には重大な視力障害になってしまったり
視野欠損が起きてしまったり、
最悪の場合は失明してしまう可能性も
充分にある病気になります。

仮に初期症状が軽かったとしても
最終的には恐ろしい結果に
繋がる可能性があるのが網膜剥離という病気です。

放置しておくと、どのような可能性が考えられるのか。
その点について、お話をしていきたいと思います。

網膜剥離の基本情報はこちらにまとめてありますので
別ページからご覧ください。

放置すると危険!

網膜剥離は放置してしまうと
非常に危険な病気になります。
最悪の場合は、上でも書いた通りに
失明してしまう可能性もありますので、
初期症状がどんなに軽いからと言っても
油断することなく、しっかりと治療を
行っていくことが大切になります。

では、放置するとどんな恐ろしい症状が
出てきてしまうのでしょうか。
しっかりとその点を理解しておき、
放置しないように注意をしましょう。

視力障害が起きる可能性

網膜剥離の症状を放置していると
視力障害が起きる可能性があります。
初期段階ではほとんど症状のない
網膜剥離であっても、症状が進行してしまうと、
視力に影響が出てしまう可能性があります。

それも、軽度な視力低下ではなく
重度な視力低下となり、
最終的には失明してしまうような可能性も
本当にありますから、その点は
注意をするようにしてください。

最初の初期症状はわかりにくく、
進行すると恐ろしい症状になってしまう、
というのが網膜剥離の一つの
特徴になるのです。

失明の可能性

網膜剥離を放置してしまったことによる
一番最悪の結末は
「失明」になります。
最初は大したことのない症状だったとしても
放置することによって
最終的には目が見えなくなってしまう
恐れもある、ということになりますね。

最終的に失明に至ってしまうような病気は
たくさん存在していますが、
網膜剥離もそのひとつであり、
最初はちょっと飛蚊症が出たりだとか
その程度だった場合でも
放置しておけば最悪の結末を
招いてしまう可能性は十分に
ありますから、注意をするようにしましょう。

一度失明してしまうと、
当然のことながらその時に後悔して
治療を始めても、もう手遅れです。
完全に失明してしまった目は
もとに戻すことはできませんから
注意するようにしてください。

視野欠損

進行すると視野欠損を引き起こしてしまう
可能性も十分にあります。
視野欠損とは、視界の見えている反意が
狭まってしまう症状で、一部分が黒く見えたり
そういった症状になります。

網膜剥離以外でも出る症状で、
緑内障(りょくないしょう)などによって
この症状が引き起こされることが多いですが、
網膜剥離であっても放置しておくと、
視野欠損が発生してしまう可能性が
ありますから、注意するようにしておきましょう。

なお、視野欠損も初期段階では
気づきにくい症状です。
人間は、欠けてしまった部分をカバーする力を
持っていますから視野が欠けてしまっても
他の部分で補うことができてしまい
「視野が欠けている」と自覚できない状況に
なっている、ということも多いです。

ようやく自覚できる段階になった時には
網膜剥離に限らず、症状が
ある程度進んでしまっている、
ということを示します。

治療しても後遺症が残る可能性

網膜剥離を放置しておく時間が
長ければ長いほど後遺症が
残る可能性が高くなってしまいます。

これは”意図的に網膜剥離を放置していた場合”も
そうですが”気づかずに網膜剥離を放置していた場合”も
同じことなので注意するようにしてください。

なるべく早い段階で発見し、治療することで、
手術に関しても”入院の必要がない方法”で
済む可能性は十分にありますし、
そのリスクも小さくなります。
先送りにすればするほど、治療が終わっても
後遺症が残ってしまったりだとか
そういった可能性も十分にありますから
注意をしなくてはいけません。

なるべく早い段階で治療を行う。
これが、網膜剥離から自分の目を守るための
最大のポイントになるのです。

自然に治ることはない

網膜剥離になってしまった場合、
残念ながらそのはがれてしまった網膜が
自然にくっつくようなことはありません。
放置しておけば、先ほども書いたように
その症状はさらに悪化していってしまうだけです。

網膜剥離を治すためには、
手術治療やレーザーによる治療を受けなくてはなりません。
上でも書いた通り、放置しておけば放置しておくほど、
その症状は悪化することになってしまいますから
そのようなことになってしまわないように注意が必要です。

なお、今現在では残念ながら
点眼薬や内服薬で対応することは
できませんので、手術のいずれかを
受けることになります。

まとめ

網膜剥離は恐ろしい病気です。
放置すれば放置するほど
その治療は難しくなっていき、
入院などが必要な段階に
なってしまうこともありますし、
最悪の場合は治療を行っても
視力障害が残ったり
失明に至ってしまったり
する可能性は十分にあります。

そのようなことになってしまわないために、
網膜剥離の危険性については
しっかりと理解しておき
”放置してはいけないものである”ということは
しっかりと頭の中に入れておくようにしましょう。
後から後悔しても遅いですから
ちゃんと早い段階で治療することが、大事です。