飛蚊症=網膜剥離ではないので勘違いに注意!実際のところは…?

病気・症状

飛蚊症(ひぶんしょう)とは、
視界に黒い浮遊物のようなものが
見えてしまう症状です。
虫のように見えたり、糸くずのように見えたり、
その形状は人によって様々です。

この飛蚊症は基本的には
生理的な原因によるもので
病気などが原因のものではありません。

が、中には網膜剥離(もうまくはくり)などが
原因となって出てきている場合もあるので
注意はしなくてはいけません。

ですが、勘違いしてはいけないことは
飛蚊症が出た=網膜剥離ではない、
ということですね。
この点の勘違いはしてしまわないように
注意しましょう。

網膜剥離は危険な病気

網膜剥離は、目の病気の中でも
危険な病気のひとつで、
最悪の場合は「失明」に至る可能性も
あるために注意をしなくてはいけません。
病気の概要としては
名前の通り、目の中に存在する
網膜が剥がれてしまい、
それにより視力障害、最悪の場合は
失明を招いてしまう病気になります。

治療方法は存在していますが
早期発見が大事な病気になっており
発見・治療開始が遅れると
入院が必要な手術になったり、
後遺症が残ったりと、
大変なことになってしまいます。

そのため、網膜剥離は早い段階で
発見することが大事になるのです。

…が、ザンネンなことに
網膜剥離という病気は
進行するまで「自覚症状がない」ことが
多いのです。
進行すれば、露骨な視力低下だとか
視野が狭くなったりだとか
そういった症状が出てくるので
「おかしいな」と気付くかとは思いますが
初期段階では何の症状も出ないこともあり、
網膜は剥がれたりしても痛みを感じたり
する部位ではないので
余計に気づきにくいという特徴があるのです。

そんな網膜剥離の数少ない
初期症状として出ることがあるのが
「飛蚊症」と「光視症(こうししょう)」と呼ばれるものに
なるのです。

飛蚊症が出たら網膜剥離なの?

では、飛蚊症の症状が出てしまったら
網膜剥離になっている、ということなのかどうか。

これは「No」です。

確かに、飛蚊症の症状は網膜剥離の際に
出ることもありますが、
原因としてはそれだけではありません。
むしろ、全体的な割合としては
網膜剥離とは関係のない飛蚊症の方が
遥かに多いのです。

そのため、飛蚊症の症状が出てきた=網膜剥離という
ことではなく、多くの場合は網膜剥離とは
関係がない、ということになります。

ただし、可能性は0パーセントではなく
当然、網膜剥離が原因で飛蚊症が出ている
可能性もあるわけですから
その点に関しては、注意をしなくてはいけません。

ちなみに、飛蚊症の原因としては
多くの場合「生理的飛蚊症」と言われるものであり
病気ではなく、治療の必要はないものになります。
そのため、飛蚊症が出てきた場合でも
パニックにはならないようにしましょう。
網膜剥離とは何の関係もない可能性も
充分にあるのです。

見分けることはできるの?

自分に出ている飛蚊症の症状が
単なる生理的な飛蚊症なのか
それとも網膜剥離による飛蚊症なのか
それを見分けることは残念ながらできません。

出現した飛蚊症の原因を突き止めるためには
眼科で検査を受けるしかありません。

そのため、飛蚊症が出てきた場合に
関しては念の為眼科で診察・検査を受ける、
というのが正しい対処法になります。

どんなにネットで情報を調べたところで
「~~かもしれない」というところまでが
限界ですから、眼科に行く、というのが
一番確実です。

多くの場合は心配の必要がない
飛蚊症ではありますが、
それでも”100パーセント”ではありませんから
その点は注意しなくてはいけません。

どんな場合に注意すべき?

飛蚊症が出現した場合は
上でも書いた通り眼科で受診を
受けた方が良いですが、
なかなか時間的に厳しい!という人も
いるかと思います。

下記に、特に注意すべき症状を
まとめましたので、
そういった症状が出ている場合は
面倒であってもなんとか眼科を
受診するようにすることをおすすめします。

・症状が急に出現した場合
・明らかに症状が酷い場合
・前から飛蚊症はあったが、急に悪化した場合
・光視症(光がないところでも光が見える)が併発している場合
・飛蚊症以外のおかしな症状がある場合
・視力も下がっている場合
・自分自身で不安な場合
・日に日に悪化している場合
・過去に目の病気を治療したことがある場合

このような条件に当てはまる場合に
関しては、なるべく早い段階で
眼科で診察を受けるようにしましょう。

もしも網膜剥離による飛蚊症だった場合は
早い段階で治療を行うことが大事になりますし
網膜剥離以外の病気が隠れていたとしても、
その治療も早い段階で開始することができます。

もしも、生理的な飛蚊症だったら
それはそれで、そうだと知ることで
不安も無くなると思いますし、
診察を受けておいて損ではないかと思います。

一度検査を受けて特に網膜剥離の兆候が
見られない場合は
心配はしなくても大丈夫ですが
場合によっては定期的な検査が必要に
なることもあります。
また、一度検査を受けても急に飛蚊症の
症状が変化した場合は、再度検査を
受けるようにしましょう。

まとめ

飛蚊症の症状が出てきたからと言って
必ずしも網膜剥離であるとは限りませんし
その可能性の方が低いのは事実です。
なので、過剰に心配する必要はありませんが、
網膜剥離が原因となって飛蚊症の
症状が出ることもありますから
その点には注意しなくてはいけません。

眼科に行かずに飛蚊症の原因を突き止めることは
不可能ですから
一番確実なのは、眼科で検査を受ける、ということになります。