仕事が忙しくて眼科に行けないとどうなるの?考えられる結末は?

検査・眼科

「仕事が忙しくて眼科に行くことができない!」と
いう人もいるかと思います。

ですが、もしも仕事が忙しくて
ずっと眼科にいけない状態が
続いていると、どうなってしまうのでしょうか。

仕事が忙しいという理由で
ずっと眼科にいかなかった場合、
最終的にはどのようなことに
なってしまうのか、
考えられることをまとめました。

基本は眼科に行くべき

目の調子が悪いのであれば
基本的には眼科に行くべきです。
目は2つしかないものですし
一度、失明してしまうなどすると
もう視力を取り戻すことはできないものです。

もしも万が一、そうなってしまった時に
あの時ちゃんと眼科に行っておけばよかった、
なんてことになっても、もう手遅れですし、
遅すぎます。

そのようなことになってしまわないためにも
仕事が忙しい場合でも、なんとか
眼科に行く、ということを
おすすめします。

が、それでもどうしてもいけない!という人も
いると思います。
では、目の調子が悪いのを
放置しておくと
どうなってしまう可能性があるのかを
それぞれ見ていきましょう。

症状が悪化する可能性

目の病気の中には自然と治って行くものも
ありますが、治療をしないと
治らないものが多いというのも
また事実になります。

そのため、仕事が忙しくて
眼科に行けない!という状態が
しばらく続いてしまうと
場合によっては目の病気の
症状が悪化してしまう可能性もあります。
悪化してしまうと、
それだけ自分自身が辛くなってしまうことも
もちろんそうですが、いざ治療する!ということに
なっても、治療が軽い状況で治療した時よりも
時間がかかるようになってしまったり
逆にお金がかかるようになってしまったり
することも十分に考えられることです。

また、目の病気の種類によっては
症状が進行した段階で治療を
行っても完全に回復せずに
何らかの後遺症が残ってしまうような
ケースも存在しています。
緑内障だとか、そういったものも
”一度欠けてしまった視野に関しては
もう回復できない”病気になってしまいますから、
そういった病気があることを
忘れてはいけません。

失明する可能性

目の調子が悪いのを
仕事が忙しいからと放っておくと
考えられる”最悪のケース”としては
失明してしまう、ということですね。
目の病気の中には
最終的に”失明”に至ってしまうような
恐ろしい病気もたくさんあり、
そういった病気の場合は
早い段階での治療が必要になります。

失明に至るような恐ろしい病気であっても
初期症状は、「なんとなく目の調子が悪いな…」だとか
そのぐらいのレベルで始まることが多いです。
もちろん、急激に調子の悪くなるような
目の病気もありますが、多くの場合、
そうではなく、最初は”よくある症状”から
始まって次第に目の調子が
悪くなっていき、最終的には
失明してしまう、というパターンもあるのです。

そのため、最初は”ちょっと調子が悪い”程度の
話だったとしても、どんどん症状が
悪化していってしまい、
失明にまでたどり着いてしまう可能性は
充分にあり得ることなのです。

もちろん、失明にまで至る前に
「おかしいな?」とは気付くと思うのですが
それでも放置を続けていると
最終的には失明してしまう可能性も
充分にある、ということになりますね。

自然に治ることはないの?

目の病気になってしまった場合
自然に治ることはないのかどうか?

これは”全くない”というわけではありません。
目の病気の中にも、自然治癒するものは
実際にあります。

ただし、逆に絶対に自然治癒することのない
目の病気も多いのが事実です。
これを個人で見極めるのは非常に
難しいのも事実ですね。

ある程度様子を見ることは
問題ないとは思いますが
様子を見過ぎて調子が悪くなってしまう、
ということもあると思いますから
無理をし過ぎないように注意する、

他の箇所の病気である可能性も

目の調子が悪いと感じていても
必ずしも目の病気であるとは限りません。
他の部位から来ている目の不調として
考えられるものとしては
「脳」の病気か「精神的」な病気、
あるいは全身疾患などが考えられます。

特に、脳の病気の場合は脳腫瘍や
脳梗塞などが原因となっていることもあり、
これを放置しておくと
最悪の場合は命に関わってしまう
可能性がある、ということです。
そうなってしまうと、当然、
取り返しのつかないことに
なってしまいますから、
そのようなことになってしまわないためにも
しっかりと早い段階で診察を受ける、
ということが大事になるのです。

眼科を受診して、
目が原因でないと考えられる場合は
眼科の先生が紹介状を書くなりの
対応をしてくれると思いますから
我慢せずにしっかりと相談し、
原因を突き止めることが大事になります。

もちろん全身疾患も放置しておくと
大変なことになってしまう
可能性は十分にあることですし
精神的な病気が命に関わる可能性は
低いですが、外出困難な状況に
まで追い込まれてしまう可能性だって
充分にあるわけですから
こちらに関しても、注意は
しておかなくてはいけないのです。

まとめ

仕事が忙しくて病院に
行くことができない!
これは、確かにあることです。
私もブラック企業で勤務している時代は
本当に、病院にも行けないような
時期が続きました。

が、それでも目の病気を放置
しておくことは最終的には
失明につながる可能性もありますし
後から治療したのでは、後遺症が
残るような可能性も十分に
考えられますから、
しっかりと注意をし、
無理をし過ぎないことが大事になります。