眼鏡の捨て方!どうやって処分すれば良いのかを解説します!

対策・治療

眼鏡を処分する際にはどのように処分すれば
良いのか、迷ってしまう方もいるかと思います

今までに使っていたものを使わなくなる理由は
色々とあるかと思います。

自分の目の視力などに変化があり、
新しく眼鏡を作った場合、
その他の理由で新しいものを購入した場合、
壊れてしまったりして、別のモノに買い換えた場合…

理由は様々ですよね。

こちらでは、そんな
“使わなくなった眼鏡”をどのように
処分していけば良いのかをご紹介していきます。

処分方法にはどんなものがある?

使わなくなった眼鏡を処分する方法には
どんな方法があるのかどうか。
方法は一つではなく、たくさんの方法があります。

特に「こうした方がいい」ときめられていることは
ありませんから、自分の好きなように
処分していくのが一番良いのではないかと思います。

そのまま単純に処分してしまうこともできますし、
上手くすれば、少しではありますが、お金にすることも
可能でしょうし、
誰かにあげてしまっても構いません。
参考までに、どのような処分方法があるのかどうかを
まとめていきます。

念のため取っておく

まず、これは処分方法とはかけ離れてしまいますが
「念のため取っておく」というのも一つの方法です。
もちろん、壊れてしまった場合に関しては例外ですが
まだ使える眼鏡である場合は、取っておくことで
いつか何かの役に立つ可能性は十分にあります。

眼鏡はそんな巨大なものではありませんし、
保管しておくにしても、それほどスペースを
取るものでもありません。
そのため、保管しておいて、もしも新しく使い始めた
眼鏡に何かあった場合などに使う予備として
キープしておくのも良いかと思います。

壊れてしまった場合や、もう絶対使わないだろう、
という場合は例外ですが、そうでない場合は
とっておくことも視野に入れてみると、
良いかとは思います。

ごみで捨てる

捨てるのであれば、普通にごみで捨ててしまって
大丈夫です。
眼鏡は粗大ゴミだとか、そういう類のごみには
ならないので、普通に分別して、ゴミ袋に
入れるだけで処分完了です。

ただし、ごみの分別に関しては
「眼鏡の素材(プラスチックや金属か、レンズはガラスか、など)」に
よって異なってきますし、
また、分別方法に関しても自治体によって大きく異なってきます。
燃やすゴミのこともあれば、燃えないゴミ、
プラスチックゴミ、資源ごみ…
分別方法も異なりますし、そもそも「プラスチックごみ」という
分別があるかどうかすらも地域によって異なります。
分別方法が不明の場合は、市区町村に確認するなどして
正しく分別できるように注意しておきましょう。

眼鏡販売店に回収してもらう

眼鏡販売店で使い終わった眼鏡を回収して
もらえる場合があります。
新しい眼鏡を購入する際などに相談してみて、可能なのであれば
そのままお願いしてみても良いかと思います。

また、眼鏡を購入する場合でなくても
無料で引き取りを行っている販売店もあります。
ただ、これは全てのお店で実施しているわけではありませんから、
必ずお店側に確認するようにしましょう。
お店によって、その条件は様々です。
無条件で眼鏡を引き取りしてくれるところもあれば、
“壊れた眼鏡以外”であれば引き取りしてくれるところもあります。
また、購入時に引き取り限定だったり、
引き取りの類は一切やっていなかったり…。

この辺りは直接お店に問い合わせるか、
大手販売店であればネットやチラシなどで確認するか
しないと分かりません。
持ち込む前に必ず確認してみましょう。

買取業者を利用する

買取業者(リサイクルショップなど)を利用するのも
一つの手段ではあります。
場合によっては壊れているものでも(金額はかなり落ちますが)
買取してくれる場合もあります。

そんなに高い金額での買取にはならないとは思いますが、
それでも、モノによってはある程度の金額になるものもあります。
自分の使っている眼鏡にどの程度の価値があるのか
ネットなどで確認してみたり
リサイクルショップに連絡を入れてみたり
してみて、確認してみると良いかと思います。

もしも売れるようであれば、売却してみるのも一つの方法です。
もしも、自分のしている眼鏡がある程度の価値のある
眼鏡なのであれば、捨てるよりも売却した方がお得な場合もあります。
ある程度手間はかかってしまいますが、そのように対応
してみるのも良いかと思います。

オークションなどに出品する

リサイクルショップなどに持って行かなくても、眼鏡を
個人で販売することも可能です。
オークションなどのサービスを利用して出品すれば
個人でも販売することは可能です。

ただし、よほどブランド品でなければ売れたとしても
大した価格設定にはならないのも事実です。
オークションやフリマアプリに出品するとなると、
写真の撮影や説明文の編集、
出品後のやり取りなどなど、色々な対応が必要になる
ケースも出てきます。
そのため、手間としては結構かかりますね。

また、壊れている場合はそれを明記しなくてはいけませんし、
度などのデータをちゃんと明示することも大切です
(分からない場合は”不明 ジャンク扱い”などの文章が必要)
間違っていると、クレームの原因となり、
眼鏡を処分する目的どころか、かえって対応が多くなってしまい、
面倒なことになってしまいます。
自信がなかったり、不慣れな場合に関しては
やめておいた方が良いかと思います。

欲しがっている人がいたらあげてしまう

もしも、あなたの使っている眼鏡を欲しがっている
人間がいるのであれば、あげてしまうのも一つの
方法ではあります。
ただ、あげる場合に注意したいことは、
後から「この眼鏡をしていたら度が合わなくて目が悪くなった」
みたいなことを言われないように注意する、ということですね。

眼鏡を渡す際に、ちゃんと度などについては
説明したほうが良いと思いますし、
相手の性格面もよく考えたほうが良いかと思います。
例えば、”面倒くさい性格”の相手に眼鏡を渡せば
面倒なトラブルになってしまう可能性も十分にあります。
そうなってしまうと、眼鏡を処分するという本来の目的は
果たせても、後々人間関係のトラブルで面倒臭いことに
なってしまう可能性は十分にありますから、
この点に関しては、しっかりと注意をしておくようにしましょう

ポイ捨ては禁物

どんなに面倒だからと言って、
ポイ捨てをすることはNGです。
道端に眼鏡を放置したりだとか、
お店のゴミ箱に放り投げたりだとか、
そういうことはしないようにしましょう。

問題にならないんじゃないの?と思う人も
いるかもしれませんが、
厳密に言えばアウトですし、誰かに迷惑がかかります。
そもそも、自宅のゴミに出せば良いだけの話ですから
わざわざ迷惑行為をして、他の人に迷惑をかけるような
行動はしないようにすることが大切です。

面倒な場合は、上で紹介した方法のうち
「家庭ごみとして出す」が一番早い方法です。
調べれば分別はすぐに分かるはずですから
(市区町村で異なるのでここでは書けませんが)
面倒な場合は家庭ごみとして処理しましょう。

まとめ

使い終わった眼鏡や壊れてしまった眼鏡を
処理する方法はいくらでもあります
自分に一番合う方法で処分していきましょう。

ただ、スペースをそんなにとるものではないので
そのままキープしておくのも良いとは思います。
慌てて捨てる必要はないと思いますから
ゆっくりと考えて、判断するのが一番良いのではないでしょうか。

もちろん、とにかく面倒くさい!早く捨てたい!という場合は
それでも良いですが、あまり慌てる必要はないのではないかと思います。