100円ショップの老眼鏡と眼鏡屋の老眼鏡の違いは?100円でも平気?

対策・治療

加齢に伴い、人間は誰しも老眼になる可能性があります。
老眼になってしまうと近いものが見えにくくなり、
日常生活に支障をきたすことになります。

が、老眼そのものは病気ではなく、
加齢に伴う衰えによるものですから
治療を行うだとか、そういうことではなく、
老眼鏡をかけるなどして、
老眼と上手く付き合っていく必要があるのです。
老眼についての説明も参考にどうぞ)

そんな老眼と付き合っていくためのものが「老眼鏡」になります。
老眼鏡は眼鏡店でも売られていますし、
100円ショップなどでも普通に販売されています。

ですが、中には「100円で大丈夫なの?」という人も
いるかと思います。
100円の老眼鏡は眼鏡店の老眼鏡と何が違うのか、という点を
ご説明していきたいと思います。

眼鏡屋の老眼鏡と100円の老眼鏡

眼鏡屋の老眼鏡、
そして100円ショップの老眼鏡。
結論を言えば、どちらも老眼鏡であることに
違いはありません。
100円ショップのものでも、いくつか存在する種類から
自分にぴったり合うものを選ぶことができれば、
特に問題なく使用はできます。

100円ショップのもの、と聞くと
不安を感じる人もいるかもしれませんし、
余談ですが、私も100円ショップを利用した際に
ルービックキューブを購入したら
袋を開けた瞬間に粉々になったことがあります(汗)

このように”全く使い物にならない”商品も時々
売られているのが100円ショップの宿命では
ありますが、老眼鏡に関しては、一応、ちゃんと
使うことはできいるので、そう言った意味では、
安心しても良いかと思います。

ただし、当然のことながら、100円ショップの老眼鏡と
眼鏡屋の老眼鏡では違いもあります。
全く同じであれば、眼鏡屋の老眼鏡を購入する必要なんて
全くなくなってしまいますからね。

では、2つの老眼鏡に関する注意点を書いていきます。

100円の老眼鏡の特徴

100円ショップで売られている老眼鏡の特徴としては、
「左右どちらも度が同じ」ということになりますね。

眼鏡屋や眼科などで老眼鏡を作る場合は、
左右の目の検査などを行い、
自分の目にあった老眼鏡を作ることになります。
そのため、左右まったく同じ度、というわけではなく、
異なる度のレンズが入れられることになります。

しかしながら、100円の老眼鏡を購入する場合は、
当然ですが、目の検査などを行うわけではないので
購入する老眼鏡は、
既製品であり、あなたの目に合せて作られたものでは
ありません。
そこが、一番大きな違いですね。

また、レンズの中心点の位置や、
眼鏡自体のフレームの質、
などにも差が出ますので、
100円の老眼鏡でも十分に利用することはできますが、
やはりそれなりのものである、ということは
理解しておかなくてはなりません。

加えて、眼鏡屋などでつくる場合は、
自分の症状に合わせて、色々な機能などを
付け加えることもできますので、
費用がかかる分、充実した内容の
老眼鏡になる、ということになります。

この点は価格差もありますし、
機能や色々な面で差がつくのは
仕方のない事ですね。

100円のものではダメなの?

そんなことはありません。
100円の老眼鏡もれっきとした老眼鏡ですし、
ちゃんとその役割を果たしてくれますから、
使ってはいけない、ということはありませんし、
まずは100円のものを利用していても、
全然問題はありおません。

ただ、上でも書いた通りに
100円の老眼鏡の場合は、
あなたの症状に合わせて作られたものではありません。
そのため、場合によっては、自分の状態と相性が
合わない、ということは充分に考えられるのです。

相性の合わない老眼鏡を使っていると
見えにくかったりすることももちろんですが
目に負担がかかってしまい、眼精疲労を引き起こしてしまう
結果に繋がる可能性もあります。
そうなってしまうと、逆に老眼が進行したり、
視力の低下を引き起こしたりする可能性もあるため、
”自分との相性が合っているかどうか”を
考えることは非常に大切になります。
肩こりや首の痛みなどを引き起こす可能性も
ありますので、その点には注意しましょう。

相性が合っていれば、100円の老眼鏡でも問題なく
使えますが、自分にぴったりなものを見つける、という意味では
眼鏡屋さんなどで作った方が良いでしょう。

長く使うのであれば

100円ショップの老眼鏡を使うのも全然良いのですが
いよいよ本格的に老眼、という状態になったのであれば
可能であれば眼科や眼鏡店にと相談して
自分に最適な老眼鏡を作った方が、
より良いかとは思います。

このあたりは自分で判断する部分ではありますが、
最初は100円のもので様子を見ていて、
本当に必要だな、と感じたら、眼鏡店などで、
しっかりした老眼鏡を作ってもらう、
という流れにするのが良いかと思います。

まとめ

100円ショップの老眼鏡も
ちゃんと老眼鏡の役割はしてくれますので、
ちょっとしたことや、老眼になりかけている場合など
そういった場合には利用してみるのも
良いかと思います。

ただ、眼鏡屋さんなどでも言われていますが
本格的に老眼、となった際には
やはりきちんとした老眼鏡を作った方が
目に良いのは確実ですし、
自分自身の見え方もより快適なモノになるかと思います。

費用的に考えると、なかなか難しい1面もありますが
しっかりと考慮して、自分に一番合う
老眼鏡を作ることこそが、
目をできる限り長く健康でいさせるための
秘訣であるかと思います。