それはビジュアルスノウじゃないかも?病院などで確認を!

「ビジュアルスノウ」は
視界に砂嵐のようなモノが
見えてしまう病気で、
現時点では治療方法の存在しない
非常に辛い病気です。

その上、メインとなる”視界に砂嵐が出現する”という
症状以外にも様々な併発症状が出現することが
あり、それらの併発症状にも苦しめられることになる、
という非常に辛い病気がビジュアルスノウになるのです。

ですが、”もしかしたらそれはビジュアルスノウではないかも”という
症状が存在するのも事実です。
視界に「粒粒」が見えたりする病気は他にもありますし、
症状がでてすぐにビジュアルスノウであると思い込んでしまうのは
逆に危険なことです。

実際の経験などを元に
”それはビジュアルスノウではないかも?”という
症状をこちらにまとめていきたいと思います。

ビジュアルスノウ関連情報は別記事にまとめてありますので
そちらの方から確認してみてください。

スポンサーリンク

それは違う病気や原因かも?注意点は?

ビジュアルスノウは具体的な
診断をつけるのが難しい病気で
明確に”ここがこうなってるからビジュアルスノウだな”と
検査などで判断することは現時点では困難です。
また、併発症状の多くは他の病気でも見られる症状であり、
メインとなる視界の砂嵐に関しても、
”経験したことがない”と、他の病気の粒粒などと
勘違いしてしまう可能性は、十分にあります。

まずは、確実にビジュアルスノウだと決めつけずに
しっかりと眼科などで診察を受けて
先生と相談しながら判断をつけていく必要があります。
ビジュアルスノウの場合は経過観察や対症療法が
中心となり、手術だとかそういったものは
特には必要ありません。
非常に辛いものにはなりますが、直接的に
人の命を奪ったりだとか
そういった可能性は非常に低いですし
ビジュアルスノウで失明してしまった、というお話も
基本的にはありません。

ただし、もしも仮に自分の病気が
ビジュアルスノウではなく別のものであった場合は
命に関わる可能性も0ではありませんし、
失明する可能性も決して0ではありませんから
そこのところはしっかりと注意を
していかなくてはいけません。

目に粒粒も、色々なものがある

目に見えるはずのない粒粒や光が
見える症状も、ビジュアルスノウだけのものとは
限りません。
他にも、似たようなものはたくさんあります。
私は複数種類、自分自身で体験したので
その違いがよく分かるのですが
体験したことがなければ、
他のものと勘違いしてしまうのも
無理はないことでしょうし、
仕方のないことです。

ビジュアルスノウの見え方は
”視界全体に砂嵐のような、うっすらしたノイズみたいのが
 見える”というものになります

見え方は人それぞれ異なるので一概には言えませんが
飛蚊症など、ほかの目の病気とは大きく異なります。

浮遊するような黒い物体、
まるで液体のように垂れ流れるようにして
見えている黒い物体、
そういったものがもしも見えている場合、
それは、ビジュアルスノウではなく飛蚊症の可能性もあります。
飛蚊症の場合、多くは生理的飛蚊症と言って、
心配する必要のないものなのですが
稀に失礼の可能性のある病気「網膜剥離(もうまくはくり)」などを
原因として出現している場合もあり、
その場合は放置してしまうことによって
重大な結果を招いてしまう可能性がありますから
注意をするようにしましょう。

他に、光がチカチカと見える症状もあります。
これは粒粒ではありませんが
初めて経験する場合、これも勘違いする可能性は
0ではないと思います。
光が見えたり、光の粒粒などが見えたりする場合は
それは光視症(こうししょう)というものの
可能性があります。
これに関しては、飛蚊症と同じく生理的なもので
ある可能性もありますが、そうでない可能性
(網膜剥離などが原因)もあるので、
その点は注意し、不安であれば
眼科を受診するようにしましょう。

また、閃輝暗点(せんきあんてん)と呼ばれる
片頭痛などを原因とするもので
光がギラギラと見える
(こちらは光の粒というよりギラギラした
 激しい光ですが)ものもあります。
これ自体はビジュアルスノウではありませんので、
何か見えたあとに頭痛が来る(頭痛が来ないタイプもあります)
場合は、ビジュアルスノウよりも閃輝暗点で
ある可能性が高いでしょう。

他にも、脳の病気が原因で
見えるはずのない粒粒が見えたりする、ということも
あるようです。
粒が見える、というだけで
ビジュアルスノウと断定するのは早いですから
症状が続く場合は眼科を受診する、
ということが大切になります

他の症状がある場合

視界に砂嵐のようなものが見える、
という症状以外の症状がある場合には
注意した方が良いでしょう。
ビジュアルスノウ自体も多数の
併発症状が出ることもありますから
他の症状が出ている場合でも
ビジュアルスノウの可能性もありますが
他の病気などである可能性も
十分に考えられます。
どのような他の症状が出ているか、という点でも
どうするべきか、ということは
変わってきますが、
症状がある場合、
注意をしておいた方が良い、というのは
確かです

例えば、頭痛がしたり、
めまいや吐き気、呂律が回らないなどの
症状がある場合、
それはビジュアルスノウではなく
脳から来ている症状である
可能性も考えられます。
結果はどうであれ、早い段階で
脳神経外科などの検査を受けた方が
良いでしょう。
脳の病気は特に取り返しのつかないことに
なってしまう可能性もあるために、
注意が必要になります。

また、目の他の症状
(目が痛いだとか異様に痒いだとか
視力が低下しているだとか)がある場合に
関してもビジュアルスノウ以外の
病気である可能性は十分に考えられますし
目の痛みやかゆみに関しては
ビジュアルスノウでは基本的には
出ないかと思いますので、そこの点も
注意をしておくようにしましょう。

精神的なものから来ているケースも
ありますから、
まず、何か心当たりがあるような場合に
関してはビジュアルスノウかな?と
思っても決めつけるようなことはせずに
病院でしっかりと診察を受けて
確認するようにしていく、ということが
大事になってくるかと思います。
くれぐれも”決めつけ”をしてしまわないように
注意していくようにしましょう。

基本的にはどうすればいいの?

ビジュアルスノウかな?と感じた場合も
基本的にはまず眼科で診察を受けて
原因が何なのかを調べた方がいいですね。
ビジュアルスノウには多くの併発症状が
存在していますが、
他の病気などでも出る症状が多く、
検査を受けない限りは、どのような
原因で症状が出ているのか、
ということも自分で判断することはできません。

本当にビジュアルスノウである可能性も
あれば、実はビジュアルスノウではなく
他の病気である可能性もありますので
しっかりとその点に関しては
理解をしておき、注意を
しておかなくてはいけません。

まずは病院を受診して
目や脳に異常がないかの検査を
ちゃんと受け、もしも異常が
なかったら、その時に初めて
ビジュアルスノウなのではないか?と
いうことを考えて行く、
というのが良いのではないかと思います。

私も最初に症状が出た時には
眼科にも行きましたし
脳神経外科でCTもMRIも撮影しました。
まずは、そこからであると思います

まとめ

”似たような症状”が出る病気は
他にも存在します。
そのため、ビジュアルスノウであると
すぐに断定してしまうことは
非常に危険なことになりますので
注意をするようにして下さい

もしも違った場合、放置していると
症状が進行してしまう可能性も
ありますからね…。