飛蚊症歴20年以上が語る!飛蚊症で視界が見にくい場合はどうすれば?

飛蚊症は、
視界に黒い浮遊物が
見えてしまう症状で、
基本的には生理的なものが原因で出てくるものに
なるため、治療の必要はないものになりますが
(稀に網膜剥離などが要因となっている場合も
あるので、検査は必要です)
とは言え、邪魔なものであることは事実だと思います。

飛蚊症で視界が見えにくいと
感じる人もいるでしょう。
そんな場合はどうやって対処すれば良いのか、
飛蚊症歴20年以上の私の経験も元に
お話をしていきたいと思います

スポンサーリンク

まずは原因を知っておく

まず、飛蚊症の症状が出て来てしまった場合には
”その原因”をしっかりと知っておくことが
大事になります。
上でも書いたように、基本的には”生理的飛蚊症”と呼ばれる
あまり心配はいらないものなのですが
場合によっては網膜剥離などの
失明の危険性がある病気が原因となって
飛蚊症の症状が出て来ているケースも
存在します。

その場合は、放置しておくと大変なことになってしまいますから
治療が必要になりますが、
その見分けは検査をするか、手遅れになってからでしか
つかないものになりますから、
飛蚊症が初めて出現した際には
やはり、検査を受けておくのが確実でしょう。

特に、急激に見え始めた場合や
大げさではなく、本当に視界を埋め尽くしてしまう
レベルの飛蚊症が出現した場合は
注意が必要です。

なので、まず、見えにくいと感じるレベルに
飛蚊症が出現したのであれば
病院で原因を特定した方が良いかと思います。

私はずっと飛蚊症が小さい頃からありますが
ジャマだな、とは思いますが
日常生活に支障がある”見えにくい”というような
見え方ではありません。
もしも、”気になる”という気持ち以上に
実害が出ているほど、飛蚊症の症状が
出ているのであれば
それは早い段階で眼科で診察を受けた方が
良いかとおもいますね。

生理的飛蚊症であったとしても、
見え方には個人差があり、一概に言うことは
できませんし、
見えにくいと感じるレベルに飛蚊症の症状が
出ていたとしても、必ずしもそれは
網膜剥離とは限りませんが
その可能性はあるので調べておくに
越したことはありません

気にしないようにするしか…

飛蚊症の原因が
網膜剥離などの病気でない場合は、
”気にしないようにする”ということしか
基本的な方法はありません。

私は小さい頃から飛蚊症の症状があるので
そもそも”こういう黒いものは誰にでも見えている”と
そう思っていました。
なので、あまり気になったことはありません。
量で言うのであれば、そこそこの量の黒いものが
見えますが、長い年月飛蚊症とともに
過ごしたことにより、気にならなくなっています。

また、ほかの目の病気(ビジュアルスノウ)に
なってしまった際に、飛蚊症の症状が悪化し、
最初はそこそこ気持ち悪いと感じたものですが、
これに関してもやはり、時間とともに慣れてきたので、
飛蚊症の体験者として語るのであれば
「慣れ」はとても重要なポイントに
なってくるのではないかと思いますね。

確かに最初はとても気になるとは思うのですが
それでも「慣れる」ということは
とても大事な部分になってきますから
しっかりと慣れていく、ということを
意識してみましょう。

あまり気にしすぎてしまったり、
強く不安を感じてしまったり、
イライラしてしまったりすると
逆に悪影響になってしまう
可能性もありますし、
気にしていれば気にしているほど
気になるものです。

難しいことではありますが
「慣れ」がとても大事なことになりますから、
少しずつでも良いので、
慣れていく、ということが
一番大事なことになると思います。
症状があまりにも酷い場合や不安な場合は
眼科の診察を受けて
「病気が原因のものではない」ということだけでも
しっかりと把握しておくことができれば、
少しは不安も和らぐのではないか、
とは思います。

どうしてもの場合はどうすれば?

どうしても飛蚊症の症状が
辛くて、それしか考えられない!
という場合は、眼科の先生に相談するしか
ありません。
ただ、先ほども書いた通り検査をして
異常がなかった場合
基本的には治療は行わず経過観察ということが
基本になります。

何か見つかれば治療をしますが
そうでなければ、疲れ目用の目薬だとか
ビタミンとかそんな感じの治療のみになるかと思います。
手術も行うことができると言えばできますが
リスクもあるために、基本的に
積極的に手術をおすすめされることは
ないかとは思います。

ただ、それでもどうしてもの場合は
眼科の先生に相談して
話し合って方針を決断するしかありません。
また、精神的に激しく落ち込んでしまった際などには
心療内科などの受診も一つの選択肢として
考えるのはアリかと思います。

目の見え方がおかしい、というのは
確かに落ち込むのは確かですから
一番は「慣れる」しかないのですが
どうしても耐えきれない場合は
抱え込まずにちゃんと相談を
するしかないかと思います。
もがいて消えるようなものでは
ありませんからね…。

まとめ

飛蚊症は慣れます。
嘘だと思うかもしれませんが、本当に
だんだんと慣れていきますから、
まずは「慣れる」ということが
大事になってくるかと思います。

ただ、最初にも書いた通り
「網膜剥離」などの可能性も
否定はできませんから、
まずはしっかりと検査を受けてみて
目に異常がないことを確認することは
大事なことになります。

ひとまず病気などが検査で
見つからなかった場合は
とりあえずは安心しても
良いかと思います。
慣れるまでは大変だと思いますが、
少しずつでも良いので、慣れていきましょう。