白内障とは?水晶体が白く濁る病気!原因や症状、治療法は?

病気・症状

白内障。

目の病気の中でも知名度の高いもので、
加齢と共にかかりやすくなっていく病気です。

最悪の場合は失明の危険性があるほか、
また放置しておくと、どんどん悪化していってしまう
非常に厄介な病気でもあります。

適切な治療を受けることにより、進行を遅らせることも
できますので、しっかりと白内障について
知っておくことが大切になります。

また、加齢だけではなく、稀に別の要因でも
発症することがあるため、注意が必要です。

白内障とは?

目の中に存在する水晶体が白く濁ることにより、
視力の低下や、見え方の異常を招く病気です。
モノがかすんだり、ぼやけたりするほか、
症状が進行すると、深刻な視覚障害を招くことも
ありますから、白内障にかかってしまった場合は、
眼科で適切な治療を受けることが重要となります。

主に、加齢が原因で、老化現象の一つでもあるのですが、
それが全てではありませんので、若い場合でも、
注意は必要です。

原因は何なのか?

白内障の原因として一番多いモノは「加齢」になります。
多くの白内障がこの加齢によって引き起こされます。
年を重ねれば重ねるほど、白内障を発症する可能性が
高まる、ということになります。
人間、誰しも老化は避けられないものですし、
こればっかりは、どうにもならないので、仕方がありません。

ただ、加齢が全てではなく、他の原因による
白内障も存在するので、それらについても
見ておきましょう。

・アトピー性皮膚炎、糖尿病などに合併して起きる白内障
・先天性の白内障
・目の怪我などによって生じる外傷性白内障
・ぶどう膜炎など、他の目の病気を要因とする白内障
・レントゲンなどによる放射線被ばく
・薬の副作用による白内障

なども、白内障の要因となります。
年齢に関係なく発症してしまう要因があるのが
分かるかと思います。

症状はどんなもの?

では、白内障になってしまうと、どのような症状が
出てきてしまうのでしょうか。
症状について、見ていきましょう。

・視界が白く染まってしまう(見えにくくなる)
・視界がかすむ
・光を眩しく感じてしまい、見にくくなる
・暗いところと明るいところでの見え方が変わる
・目が疲れやすくなる
・目の痛み(進行時)
・失明(最終的に失明する危険性があります)

このあたりになりますね。
いずれも、視覚に関する症状で、
放置すれば最終的に失明に至る可能性のある病気ですから、
治療を行うことが望ましいです。

怪しいなと思ったら?

もしも白内障かな?と思ったらただちに眼科を受診するようにしましょう。
失明の危険性のある病気ではありますが、
眼科で適切な治療を受ければ、それを食い止めることができます。
そのため、白内障の症状に当てはまるものが
出てきたら、眼科の診察を受けましょう
別の病気である可能性も0ではないので、早期の受診が
望ましいです。

また、加齢に伴う場合が多いと書きましたが
上でも書いたように、その他の要因により、若くても
白内障になる可能性は否定できません。
いずれにせよ、不安を感じる要素があれば、早期の
受診をおすすめします。

白内障を疑った方が良い症状としては、
・急激な視力低下
・モノがぼやけてみえたり、かすんでみえたりする
・モノが二重にぶれて見えたりする
・光を以前よりも眩しいと感じるようになった
・暗いところで以前よりも見えにくいと感じるようになった
などですね。
これらが当てはまる場合、一度眼科に足を運んだ方が
良いかもしれません。

検査方法にはどんなものがあるの?

白内障の検査に痛みを伴うものはありません。
基本的には、視力検査と、矯正視力検査を行い、
その診察結果から白内障の疑いがあるかどうかを
判断するとともに、
細隙灯顕微鏡検査を行い、水晶体がどのぐらい
混濁しているかどうかを確認します。
この検査は、眩しい光を目に当てますが、
一瞬の検査ですし、痛みを伴う光ではありませんので、
それほど心配する検査ではありません。
最近では光干渉断層計(OCT)というものが使われることも
あるようです。

白内障の治療

白内障の根本的な治療薬などは存在せず
あくまでも「進行を遅らせる」目的の処方となります。
最終的な治療は「手術」になるのですが
基本的に初期の段階や、生活に支障がないレベルでは
手術を行うことはなく、
点眼薬を用いた治療になりますね。

ピレノキシン製剤やグルタチオン製剤による点眼治療が
行われることになると思います。
ただし、これは水晶体の濁りを解消してくれるわけではなく、
白内障を根本的に治療するもではありません。
あくまでも、白内障の進行を抑えるための治療だと
考えてください。
その後は、眼科医の指示のもと、経過観察を行うことに
なります。

進行を完全に食い止めることは難しく、徐々に視力の低下などが
進んでくるケースが多いため、
生活に支障が出てきた段階で「手術」を行うことになります。
点眼薬での進行を食い止めること以外に、手立てはないので、
それで、支障が出るようになってしまった場合は、
手術しかない、ということになりますね。

ただし、年齢的なものを考慮して手術を行わない選択を
する場合などもありますし、
このあたりは担当医の方としっかりと話し合いをして
手術のタイミングを決めるようにしてください。

手術は超音波水晶体乳化吸引術というものが行われます。
濁った水晶体を取り除き、眼内レンズを挿入する、というものです
手術を受ければ、視力の回復も見込まれますし、
失明の心配はなくなり、白内障は治すことが可能です。
また、手術に関しても、眼科手術の中では安全性の高い手術とされており
痛みもそれほどなく(個人差はあります)手術を終えることができます

現代では点眼麻酔が行われ、全身麻酔などは行わない場合が
多いので、この点に関しても、痛みを伴わず、
比較的安心な手術となっています。

手術時間は数十分、問題が無ければ日帰りも可能で、
入院するにしても、3~4日程度で済む手術です。

ただし、発生確率はほんのごくわずかとは言え、
緑内障、後嚢破損 、駆逐性出血 、水晶体落下
眼内炎、網膜剥離、術後高眼圧、嚢胞性黄斑浮腫、
視力低下、眼内レンズ偏移、水疱性角膜症、
麻酔薬によるアレルギーやショックなど
などが発生した事例もあるようです。
が、1パーセントを切る、低確率とされていますし、
他の手術に比べるとはるかにリスクも低い手術なので、
先生とよく相談して、納得したうえで手術を受けることが
ポイントになるかと思います。

また、手術後は定期的な診察を受けて
経過観察を欠かさないようにしましょう。

白内障の一連の手術にかかる費用は数万円
(保険などによって異なる)となります。
医師の方に事前に話を聞いておきましょう。

先天性白内障の場合は、少し異なり、
早めの手術が選択される場合があります。
この際は手術の形式が若干変化する場合もありますが、
基本的に、安全度の高い手術であることに変わりはありません。

放置すると失明の可能性も?

白内障を放置してしまえば、
先にも書いた通り、最終的には失明に至ります。
失明に至るまでに、視界がかなりおかしくなってくると
思いますから、放置して、何にも気づかないままに
失明してしまう!なんてことはないかとは思いますが、
視界が悪くなってきたのにも関わらず、我慢していれば
失明してしまう危険がある、ということです。

視界に異変を感じたら必ず眼科を受診して
白内障の有無、病気の有無を調べてもらうように
することをおすすめします。

まとめ

白内障は、失明の危険もある怖い病気ではありますが、
適切な治療を受けることで失明を防ぐことができます。
発見も、眼科を受診すれば、比較的容易なので、
怪しいと思ったら眼科で検査を受けることをおすすめします。

初期の段階では点眼薬、進行して来たら手術、
ということになりますが、命に関わるような大きな病気ではなく、
失明も、現代の医療であれば、回避できますから、
その点に関しては、安心して良いかと思います。