目の手術が必要なケースはどんな場合?手術することになる状態は?

検査・眼科

目の治療には色々な方法があります。

病気によって治療方法は様々で
点眼薬による治療だったり、
内服薬による治療だったり、
レーザーだったり、手術だったり、
場合や症状によって、治療方法は
大きく異なります。

経過観察で済むようなケースもありますし、
手術をすることになるようなケースもあります。

目に関係する治療で一番おおきな治療となるのが
「手術」です。
では、この手術はどのような時に行うことになるのでしょうか。

今回は、目の手術を行うことになるタイミングなどについて
お話をしていきたいと思います。

基本的な治療は…

目の病気で手術にまで進行することは
あまり多くはありませんが、
実際に白内障だとか、そういった病気でも手術を
行うことはありますし、他にも多数の病気で目の
手術を行うことになる可能性があります。

実際に手術がどのようなケースで必要になるのかどうかを
ご紹介していきます。

ただ、治療方法がどのようなものになるかは
最終的には病院に行って、実際に診察を受けてみないと
分かりません。
先生によっては、同じ症状でも意見が異なるようなケースも
充分に考えられます。

実際の治療方法は診察を受けて、
先生が判断し、先生と話し合って決めることになりますから、
あくまでも目安としてご利用下さい。

それ以外に治療方法が無いケース

手術をしなければ、治療を行うことができない病気・症状であれば
手術と言う治療方法を選ぶことになります。
内服薬や点眼薬では対応できない病気、ということですね。

目の病気の中には、手術をしなくては治すことのできないものもあれば、
手術をしなくても場合によっては治る病気もありますし、
手術の必要なく治る病気もあります。

このうち、「手術をしなくてはならない病気」については
先生が慎重に判断し、手術に踏み切ることになります。
例えば、放置しておいても、治すことはできないけれど
問題の無い病気であれば、本人の意思に任せる、というかたちに
なるかと思いますが、
手術をしなくては治すことができず、かつ、放置しておけば
失明や重大な結果になってしまうようなケースの場合は、
症状の進行を見極めつつ、手術に踏み切る場合が
ほとんどだと思います。

ただ、患者自体が高齢の場合に関しては
体力面や、今後の人生への影響などを考慮して
手術を行わずにそのまま、という判断が
される場合もあります。

色々な面から総合的に判断し、
治療する必要があるのかどうかを医師の方と話し合いつつ
決めていくかたちになります

治療方法を選べるケース

手術をしなくても治療することはできるけれど
手術した方が手っ取り早い…
などなど、治療方法を自分で選ぶことのできるケースの場合は、
基本的に手術を強引に勧められるようなことはないかと思います。

あくまでも本人次第、ということになりますね。

手術が嫌だ、ということであれば
手術を回避するカタチでの治療が行われることになると思いますし
本人が手術を希望するのであれば、手術を視野に入れた
治療が行われるかと思います。

どちらの道を選ぶにせよ”選択肢がある”ということは
良い事ではあると思います

緊急事態の場合はすぐに手術の可能性も

目の症状でも緊急性の高いものも存在します。
そういったものの場合は、即座に手術が
行われる可能性も0ではありません。
普通に自分の足で眼科に行けるような場合は
あまりないとは思いますが、
目の大怪我など、場合によっては
緊急的な手術をすることになる可能性も
決して0ではありません。

緊急性の高いものの場合は
放置しておけばそのまま失明に至ってしまったり
重度な視力障害を残す可能性が高くなってしまいますから
そうなってしまわないためにも、
手術を受ける必要があります

自分で希望した場合

自分自身で手術を希望した場合は
医師の判断のもと、手術が行われる可能性があります。

その手術をしなくても健康上問題はないけれども
自分自身で希望した場合、受けることができる(要事前検査)手術として
有名なのは「レーシック手術」でしょうか。
知っている方も多いかと思いますが
視力回復のための数少ない方法ですが、
「レーシック難民」と呼ばれている、手術の後遺症に
苦しむ人も存在するなど、まだまだ課題も多い手術です。
こういった手術は基本的に医師から勧められることは
あまりなく、自分自身で希望し、医師と話し合って
手術に踏み切る、という感じになるかと思います。

こういった目の手術を行う場合に関しては
事前にしっかりとリスクなどを把握した上で
手術を受ける必要があります。

脳の手術などに発展する可能性

目に出ている症状は、必ずしも目が原因で
出てきているとは限りません。

場合によっては他の部位などが原因である
可能性もあります。

その一つとして考えられるのが
「脳」を起因とするものですね。
たとえば、脳梗塞や脳腫瘍などでも、目の症状というものは
出現することがあります。

最初、眼科に行った場合でも、
眼科の先生が脳の症状を疑い、
脳神経外科などを紹介されるケースもあります。

脳神経外科などで検査を受けて
何事も無ければそれで良いのですが、
もしも脳腫瘍だとか脳梗塞だとか
そういった兆候が見受けられた場合、
最終的には脳の手術に踏み切ることになる可能性は
充分にありますし、
放置しておけば命に危険が及ぶ可能性だって
充分にありますから、その点に関しては
注意をしておかなくてはいけません。

また、脳出血や脳梗塞など、
突然倒れてしまうような症状が出たり、
目の症状が出て、あっという間にまともに
行動できなくなってしまうような場合は
ただちに手術が行われるようなケースもあります。
こういったことになる可能性は
誰にでもあるわけですから
そのことは頭の片隅に入れておくと良いのでは
ないかと思います。

手術に関するポイント

緊急で手術をするようなことになるような
ケースは全体的に見れば非常に少ない可能性に
なるかとは思いますが
それでも、確率で言えば0パーセントではありません。
もしも、そういうことになってしまった場合に関しては
先生の話をしっかりと聞き、理解をした上で
手術をすることを受け入れましょう。

なお、手術をする場合、
街の眼科では行うことのできない可能性があります。
そういった場合は、大病院を紹介されて
そこで手術を行うことになります。
地域の眼科は規模や方針によっても異なりますが、
より精密な検査や手術などが必要になる場合に関しては
紹介状が出されて別の病院で手術を行うことに
なるかと思います。

このあたりも先生からしっかりと指示などがあるかとは
思いますから、よく説明を聞いて、分からないことがあれば
しっかりと質問し、適切な治療を行っていくようにしましょう!

なお、脳の手術に関しても
当然のことながら眼科で行うことはできませんので、
大病院を紹介されると思います。
大病院の眼科で治療を受けている場合は
脳を担当する科を紹介されてそこで手術なり
治療なりをすることになるかと思います。

目でも、手術が必要になることはありますから
その点は、覚えておきましょう。

まとめ

いきなり手術!というケースは少なく、
症状の経過観察を行いながら
先生と相談して、決めていく、というスタンスに
なるかと思います。

もちろん、緊急性の高いものであれば
即時手術になる可能性も決して0では
ありませんが、基本的には、診察を進めながら
病状を見つつ、判断していく、というかたちが
取られるのではないかと思います。

ただし、実際に先生が見てみて、
先生が判断しなければなんとも言えない部分もありますから
眼科の先生に確認してみるのが一番です。