点字とは?学習する方法や用途などを解説します!

対策・治療

点字というものをご存知ですか?

その名の通り、
平面から盛り上がった点点で、文字や数字を識別するための
ものになっており、
視覚障害を持つ人が、文字を読み取るための
大事なものが点字になります。

実際に見たことがある人も多いかと思います。
昔に比べると、最近では色々な部分で点字を
見かけるようになったかと思います。

そんな点字についてを
こちらでご紹介していきます。

点字の用途は?

点字の用途は、視覚に障害を持つ方が
文字や数字を読み取るためのものになります。

1825年にフランスで考案されたものが
現在は使われており、
日本には、明治時代にやってきて、
日本語の点字が誕生した、という歴史に
なっているようです。

現在では、公共機関や、
商品の容器の一部などで
点字を見かけることができますね。
目が見えている状態では、特に意識したことが
ない方も多いかとは思いますが、
目が見えない世界を、目をつぶって想像してみると、
点字がとても大切なものである、ということが
なんとなくではあると思いますが
少しは想像できるのではないでしょうか。

点字についてのポイントを書いていきたいと思います。

どのような場所で使われている?

この世に存在するすべての文字が点字に対応しているわけでは
ありません。
公共交通機関だとか、銀行だとか、一部商品のパッケージだとか、
そういったものに活用されています。

また、点字タイプライターなどの点字向けの
機器なども登場しており、
点字は、視覚障碍者の方に大切な存在として
世の中に普及しているものになります。

点字はどこで覚えればいいの?

点字を覚えるにはどうすれば良いのか。
普通に人生を生きているだけでは点字を
覚える機会はないかと思います。
義務教育の中で点字を教えられることは
ないかと思いますし、
そのまま点字については知らないまま、
人生を終える人も多いかと思います。

点字を覚えたい!と思った場合、
あるいは点字を何らかのために
覚えておきたい、と思った場合は
どのように学習していけば良いのでしょうか。

1つは「盲学校」などでの学習ですね。
盲学校では当然ながら点字の学習などが
行われています。
また、各地域によって異なりますが「点字教室」などが
開催されているところもあり、
そういった教室に参加することで点字の学習を
することも可能になっています。
点字に興味があるのであれば、そういったものを
探してみるのも良いかと思います。

もう一つの方法としては「本」ですね。
点字を学習するための書籍が色々と発売されており、
そういったもので学ぶことも可能になっています。

視覚障害を持つ方が、自分ひとりで本を買って
本で勉強して、というのは難しいと思いますから
周囲のサポートが必要だと思いますが、
目が見えている方が、何らかの理由で点字の勉強をしたい
という場合には、本による勉強も良い方法であるかと思います。

こんな感じに色々な点字の学習用の書籍が
販売されています。
上に挙げたモノはあくまでも一例なので、
ネットや書店などで、自分に一番ぴったりと合うものを
選んで、それを購入してみると良いと思います。

本ごとにも特色があると思いますから
自分でよく考えて、選択するようにしましょう!

点字を学ぶ方法としてはこのようなところでしょうか。
視覚障害者の方をサポートするためのものではありますが、
別に、健常者であっても、点字を覚えちゃいけない、ということは
ありません。
何かのタイミングで役に立つ可能性は0ではありませんし、
覚えておいて損をするものではないので、
知識として身に着けておくのも悪くはないかと思います

全員が使えるわけではない

ひとつ、誤解してはならないことは
視覚障害を持つ方全員が”点字を使うことができる”わけではない、
ということですね。
これだけは覚えておかなくてはいけません。

視覚障害を持つ人全員が点字を使いこなせるわけではなく
点字を完全に使いこなしている人は、視覚障害を持つ方の
一部だと言われています。
少しだけ分かる、という方も居れば、
中にはまったく分からない!という方も居るので
もしも身の回りに視覚障害を持つ方がいる場合、
”点字を読める”と思い込んでしまうのはやめましょう。
相手がどのような状態かはしっかりと確認しておくことを
おすすめします。

後天性で失明した人の中には、
点字の習得に苦戦する人もいるようです。
確かに、私も、目で見る文字に慣れてしまってますから
仮に今後失明してしまったとしたら
点字の習得には相当な苦労をすることに
なるかと思います。

全ての視覚障害を持つ方が、点字を利用できるとは
限らない、ということは覚えておきましょう!

まとめ

点字は視覚障害を持つ方にとってとても大切なモノになります。
当たり前のように読んでいる文字を読むことができない。
そういう状況なわけですから、
文章を文字から読み取る、ということもできない、ということです。

私も含めて、目の見えている人には、
想像もつかないほどの辛さや苦労があるのだと思います。

点字はそんな辛い状況に、
例え少しでも、希望をもたらしてくれる存在ではあると思います。
覚えるのも大変だとは思いますが、
私もこの先どうなるか分かりませんし、
こっそりと勉強しておいた方が良いのかなぁ、とも考えてみたりしています。