目が悪くなってきたなぁ!と感じたらどうすればいいの?

対策・治療

最近、目が悪くなってきた気がする…

そんな風に感じることもあるかと思います。
もしもそう感じた場合は
どのような点に気をつければ良いのか、
何かするべきことはあるのかどうか、
それをまとめていきたいと思います。

目が悪くなってきた、と一言で言っても
色々な原因が考えられますし、
やるべきことはしっかりとやっておくことが
目を守ることにも繋がりますから、
しっかりと自分なりにするべきことは
しておきましょう。

目が悪くなってきたと感じた場合のポイント

「目が悪くなってきた」と自分自身で感じる場合、
多くの場合、それは気のせいなどではなく、
目は悪くなっているかと思います。

もちろん、気のせいである可能性も0ではありませんが、
実際に見え方が悪くなっていれば、
それは気のせいなんかじゃありませんし、
見え方に関して、気になる部分がある、ということは
やはりどこかで自分自身、引っかかる部分が
あるということでしょう。

では、もしもそういう風に自分自身で感じるのであれば
どのような点に気を付けるべきなのかどうか。
それについてのお話をしていきたいと思います。

しばらく様子を見る

目が悪くなってきた気がする、程度であれば
まずはしばらく様子を見てみても、
良いかと思います。
もしも、気にならなくなるようであれば
とりあえずは特に何もしなくて良いと思いますし、
それ以上悪化しない場合で、
日常生活に何の影響もないのであれば
そのまま様子を見ているのも良いかとは思います。

ただし、次第に目の調子が悪くなってくる場合や
日常生活に影響のある場合、
他の症状などもある場合、
急激に悪化した場合などなど、そういった場合に関しては
自分自身ではどうにもできませんから
大人しく眼科で診察を受けた方が身の為でしょう。

眼科を受診する

上記で紹介したようなことに
当てはまるのであれば、まずは眼科を受診するのが
一番基本的な部分だと思います。

目の調子が悪くなっている、ということは
必ず、何かが起きていることは間違いありません。
単純に視力が落ちているだけであれば、
良い(良くはないですが、とりあえず心配はいらないという意味で)ですが
そうとも限りません。

何らかの目の病気で、視力の低下が始まった可能性も
考えられますし、目の病気以外にも、脳の病気や
精神的な部分の問題などなど、
そういったことでも、目の調子が悪くなってくる
可能性は十分に考えられることなのです。

そのため、目の調子が悪いと感じて、
しばらく様子を見てみても、その状態が回復しないのであれば
眼科を受診して視力検査なり、
その他の検査なりをしてもらった方が良いでしょう。
(どの検査が必要かどうかは眼科の先生が判断して
検査してくれます)

眼鏡を用意する

もしも目の調子が悪く、
見え方が悪いのであれば、
眼鏡を用意するのも一つの大事なポイントにはなるかと思います。

ただし、気を付けたいことは、
仮に眼鏡をかけることによって
下がっていた自分の視力を改善することができたとしても、
それは本当の意味での解決にはなっていない可能性もあります。

と、いうのも、普通の近視であれば、
眼鏡をかけることによって、見え方は改善されるかと思いますし、
特に心配することはないのですが、
普通の近視ではない場合、つまり、病気によって
目の見え方が悪くなっている場合は、
眼鏡をかけるだけでは根本的な解決にはなりません。

かえって、メガネで視力が回復することにより、
病気に気付くこと自体が遅れてしまって逆効果に
なってしまう可能性も十分に考えられることです。
眼鏡をかけても、目に病気が隠れている場合、
一時的に視力が改善したとしても、
病気が治るわけではありません。

そのため、裏では病気はどんどん進行してしまうのです。
そうなってしまうと、再び目の調子が悪い、
と感じた時には病気がだいぶ進んでしまっている可能性も否定は
できませんし、そうなってしまうと場合によっては
治療が長引いてしまったり、治療が難しくなってしまう
病気もあります。

もしも目の調子が悪い、見え方が悪いと感じるのであれば、
眼鏡をかけるだけで解決させるのではなく、
最初は眼科で異常がないかどうか、
しっかりと確認した方が、より確実ですし、
自分の身のためにもなると思います。

何らかの目の病気が原因となっているのであれば
その治療をしなくてはいけませんし、
逆に目の病気が無いのであれば、安心して
日々を過ごすことができます。

まずは眼科を訪れるのが一番確実でしょう。

原因が思い当たるのであれば…

最近、目の調子が悪いなぁ、と思った際に
もしも自分で考えてみて、思い浮かぶ原因が
あるのであれば、それに対する対策を
することが大切になります。

例えば、最近、スマートフォンやパソコンを
多く使っていて目を酷使してしまっている…!
だとか、そういう風に思い当たることがあるのであれば、
その対策をしっかりとする…!ということですね。
目の疲れは、目の不調を招きます。
この場合の対策としては、
ブルーライトカットの眼鏡やフィルムを使ったり、
そもそもパソコンやスマホを使う時間を減らしたり、
疲れ目対策の目薬を使うなど、色々な方法があります。

もちろん、疲れ目以外に何か原因が思い当たる場合に
関しても、その対処を自分なりにしっかりとしていきましょう。
原因が分かっている場合、それを改善することが
目の調子回復のための第1歩になります。

回復したのであれば…

目の調子が悪いなぁ、と感じていても
しばらく様子を見て、回復したのであれば
特に心配はいらないかと思います。

人間、目でもそれ以外の部位でもそうですが
一時的に調子が悪くなってしまう、ということは
誰でもあることです。
なんとなく最近調子が悪い…だとかそんな感じですね。
病気でなくてもこういうことはあることですから
症状が長引かなかったり、ちゃんと治ったのであれば
特別その時に心配する必要はないかとは思います。

ただし、調子悪いのが長引いたり、
一度治ってもまた調子が悪くなる様だったり、
そういうことがある場合に関しては
眼科を受診した方が確実です。

無理はしないように

目の調子が悪いのが続く場合は
くれぐれも無理をしないようにして下さい。
例えば、上で書いた「思い当たる原因があるのであれば~」の
ところに当てはまる場合でも、自分で対応してみて
治らないようであれば、絶対に無理はしないようにしてください。
”自分で思い当たる原因”がそもそも見当はずれである
可能性も否定はできませんし、思い当たる原因通りであっても、
個人で対処できないような状態になってしまっている場合は、
眼科に行くしかありません。

我慢しすぎることによって
症状が悪化してしまう可能性は十分にありますし、
治療できない状態になってしまう可能性や
治療に余計な時間がかかってしまう可能性も
否定はできません。

目の調子が悪いなぁと感じた際に、
少し様子を見てみることは全然悪い事では
ないとは思いますが、様子を見過ぎたり、
我慢しすぎたりしてしまわないように
注意することが大切になります。

まとめ

目の調子が悪いと感じる場合は
しっかりと自分自身で様子を見るようにしましょう。
その調子の悪さが一時的なものである可能性もありますし、
そうであれば、それはそれで良い事です。

しかしながら、もしも何かの目の病気だったりする場合は
放置しておいても、その症状が治ることはないと思いますし、
上でも書いた通り、あまり無理をしていると
自分の目に深刻なダメージを与えてしまう可能性も
ありますから、注意が必要です。