不思議の国のアリス症候群かな?と思った場合、何科にいけばいいの?

病気・症状

不思議の国のアリス症候群…
どんな病気かもしれない人も多い病気ですし
知っていても、自分がもしなってしまったら
どこの病院に行けばいいのか、という点では
悩んでしまうかと思います。

もしも、自分がアリス症候群ではないか?と
不安に思った場合はどの病院に
行くのが良いのか、
それをまとめていきたいと思います。

明確な治療方法の存在しない病気ではありますが
それでも”どの病院で治療を行うのか”ということは
とても大切なことになってきますから、
病院選びはしっかりと行うようにしましょう

病気のおさらい

不思議の国のアリス症候群とは、
不思議な名前ですが、決してふざけていたり、
あだ名などではなく、正式な病名です。

目の見え方に症状が出ることがありますが
原因としては脳の一部分であると言われており、
目そのものと言うよりかは脳の方の問題、
ということになります。
まだ具体的に解明されていない部分も多く、
そのあたりは今後の研究課題に
なるのではないでしょうか。

症状も、不思議な症状で、
「モノが大きく見えたり小さく見えたりする」という症状や
「距離感が上手く測れなくなる」「モノの大きさが測れなくなる」
「謎の物体が視界に現れる」「モザイクが現れる」「離人感」などなど
不思議な世界に迷い込んでしまったかのような症状を
伴うようなことからこの名前がついたようですね。

こうなってくると一体どの病院を受診すれば良いのか
悩ましいところだと思います。
病院選びのためのポイントを解説していきましょう。

こちらでは病院選びのポイントについて解説していきます
不思議の国のアリス症候群の基本情報については別記事で
解説していますので、そちらの方をご覧ください。

正しくは何科が良いの?

不思議の国のアリス症候群の治療を行う科は
一般的には「神経内科」「脳神経外科」になりますね。
ただし、難しい病気ですので、必ずしもこの科で
治療を受ける必要がある、というわけではなく
この病気について理解してくれる先生がいるのであれば、
別に内科であろうと、心療内科であろうと、眼科でろうと
構わないとは思います。

検査設備などが不足している場合は紹介状を
出してもらえるかと思いますし、紹介状があれば、
紹介された病院側も「そんな病気ないでしょ」と
言う態度ではなくちゃんと、依頼された検査などは
やってくれるとは思います。

まずは医師との信頼関係が何よりも大切になる、
ということですね。

また「神経眼科」という科も数はそれほど多くないですが
存在します。
そういった科が近くにあるのであれば
そこを受診してみると良いかと思います。

専門的な分野としては一応、
脳神経外科、神経内科、神経眼科などになります。
もしも迷ったらそういった科を選んで
相談してみると良いかもしれません

最初は眼科でも…

目の症状が出てしまっている場合、
最初は眼科で相談してみるのもひとつの方法かと思います。
例えば、モザイクだとか、謎の物体(風船のようなものとも言われます)が
見えるような症状が出ている場合、それが100パーセント
不思議の国のアリス症候群なのか?と言われると
それは「そう」と言い切ることはできません。

例えば、目に見えるはずのないものが見える病気は
光視症(こうししょう)や閃輝暗点(せんきあんてん)、
ビジュアルスノウなどがありますし、
見え方は違いますが、おなじみの飛蚊症(ひぶんしょう)なども
存在します。

初めてそういった症状が出てくると
アリス症候群なのかどうか判断するのは
正直難しいかと思いますし、純粋に目の病気で
ある可能性も否定はできません。

自分自身で「あぁ…アリス症候群になってしまった!」みたいな
判断をするのは難しいと思いますから、
最初は眼科でしっかりと目に異常のないことを
確認するのも一つの方法であるかと思います。

目の症状が出ていて、
迷った場合はまず眼科を受診してみて
検査などを行い、どこも異常がなければ
先生と相談して、別の病院などを検討してみるのも
良いと思います。
もしも目に異常があったらあったで、そのまま眼科で
治療を行うことができますし、
無ければ、ひとまず「目には異常はない」という
安心感を得ることはできるかと思います。

理解してくれる先生を見つけることが大切

不思議の国のアリス症候群をはじめ、
知名度がそれほど高くない病気の治療を行う際に
大切なことは
”理解してくれる先生を見つける”ということになりますね。

病気について、理解してくれず
「そんな病気はない」だとか「それは気のせいじゃないか」だとか
「気にしすぎ」だとかそういったことを言う先生のもとだと、
やはり先生自体を信用することも難しくなってしまうと思いますし、
その先生のもとで治療を受けるということも
不安になってきてしまうかと思います。

そういったことになってしまわないためにも
「信頼関係を築きあげることのできる先生」のもとで
治療を行うことは大切になるかと思います。

先生が不思議の国のアリス症候群について理解してくれるのであれば
内科でも、心療内科でも、精神科でも
構わないと私は思います。

さすがに耳鼻科だとか皮膚科だとか歯科だとか
完全に不思議の国のアリス症候群からはかけ離れた、
病院に相談するのは難しいかとは思いますが
内科や診療内科などであればお話は充分に聞いてもらえるかと思います。

最初の方に、脳神経外科や神経内科が専門だと書きましたし、
不思議の国のアリス症候群についてご存じの先生は
そういった専門科であれば確かに多いかとは思います。

しかしながら、中にはご存じではない先生も
いるかと思いますし、
場合によっては「気のせいだ」というような言い方を
する先生は実際に存在します。

”気のせいだ”と、決めつける脳神経外科と、
専門分野ではなくてもしっかり話を聞いてくれる内科。

どちらを受診した方が良いかと言えば
不思議のアリス症候群の場合は後者であるかと思います。

アリス症候群は決して気のせいなどと言う言葉で
済まされる病気ではありませんし、
ちゃんとした病気です。
精神病でもありません。

そのため、”気のせい”
”気にしすぎ”と決めつけられてしまうことは、
逆に精神的負担となり、
症状の悪化などを招く可能性は十分にあります。

多少受診科がずれたとしても、
信頼できる先生のもとで治療を続けるのが
一番良いのではないかと思います。

大きな病院であれば…?

大きな病院であれば、症状によって
適切な受診科を紹介してくれる場合もあります。
紹介状な必要な大病院はいきなり訪れても
相手にしてくれませんが、
紹介状なしでも診察してくれる病院の場合、
受付で自分の症状を伝えると、
受診科を案内してくれることもあります。

診察後に、不思議の国のアリス症候群の可能性などが
指摘されれば、それに適した場所を紹介
してくれると思いますので、
どうしても分からない場合は、大病院などを訪れて
対応を仰ぐのも一つの方法です

※「紹介状必須」の病院は紹介状なしで訪れても
対応できませんから、
その点に関しては事前にしっかりと調べてから
病院を利用するようにして下さい。

まとめ

不思議の国のアリス症候群かな?と思っても
確実にそうとは限りませんから
まずは先入観を持ちすぎてしまわないように
病院の先生の話をしっかりと聞くようにしましょう。

かな…?と思った場合に関しては上で紹介したような
科を受診するのがベストだと思います。

が、もしもアリス症候群であった場合は
長い付き合いになってしまうことも予想されます。
私も別の病気ですが、長い付き合いの目の病気があります。
根気よく戦っていくことも大事なことの一つです。