頭痛なしの閃輝暗点は危険なのかどうかを解説!考えられる原因は?

病気・症状

閃輝暗点。

視界に突然ギザギザした光のようなものが
現れてしまう症状です。

この光は目を瞑っても消える光ではなく、
どこを見ても、視界に焼付くような状態で
数分~数十分程度、その光が視界に焼付くように
残ってしまいます。

そして、この閃輝暗点の症状は時間が経過すると共に
消えるのですが、消えたのちに片頭痛が現れることが多く、
閃輝暗点は片頭痛の前兆としても知られています。

しかし、閃輝暗点には、頭痛が現れないこともあります。
この場合は「脳梗塞などの可能性もある」だとか
「危険」だとか言われることもありますが、
果たして実際にそうなのでしょうか。

こちらの記事では、閃輝暗点の症状があるのに、
頭痛がない場合、危険なのかどうか、
どうするべきなのかどうかをご案内していきます
(※閃輝暗点の原因、治療法などの基本情報はこちらでご覧ください。

基本は頭痛があることが多い

基本的な閃輝暗点には「頭痛」が起きるものとされています。
片頭痛の前兆として現れるのがギザギザの光の正体ですね。

これは、閃輝暗点の解説記事でも書きましたが、
脳の血流の関係によるものが原因で、目が直接的な原因ではありません。

話を戻しますが、
閃輝暗点の基本的な流れとしては
「ギザギザした光が現れる」⇒「光が消える」⇒「片頭痛が出てくる」
そういう流れになります。

脳内の血管の収縮と膨張に伴う症状で、
収縮の際に閃輝暗点の症状が、その後に膨張する際に
片頭痛が出てくる、ということになります。

ただし、閃輝暗点を発症した人の中には
ギザギザした光の症状だけ出て、光が消えた後に何も
起こらない、つまりは「頭痛なしの閃輝暗点」というものも
存在しています。

この「頭痛のない閃輝暗点は危険だ」などと
言われることもあります。
そういう情報を見て心配になってしまう方も
いるかと思いますから、その点に関して、お話をしていければと思います。

なお、私も「頭痛なしの閃輝暗点」を経験しているので
その時のお話も交えて、お話していきます。

頭痛を伴わない場合は危険なのか?

ネットなどの情報を見ていくと、
あたかも「閃輝暗点で頭痛がないと危険」みたいな書かれ方を
していることもありますが、
実際のところはどうなのかと言うと、
「何か別の病気の可能性もある」、というぐらいの話です。

閃輝暗点で頭痛がない=大きな病気というわけではありませんし、
その点は、あまり怖がらないようにした方が良いかと思います。

実際に、頭痛のない閃輝暗点でも、検査して
何も異常のない人も多く存在します。
私自身も、閃輝暗点が出て、眼科と脳神経外科でそれぞれ
検査を行いましたが、異常はありませんでした。
つまり、それほど深刻に考える必要はない、
ということはお伝えしておきたいと思います。

ただ、当然ながら、”その可能性もある”ということではあるので、
念のため検査を受けておいた方が、確実です。

どんなことが考えられるの?

頭痛なしの閃輝暗点が起きた場合、
どんなことが考えられるのか。
まず、一番多いのは、単純に
”片頭痛が起きない閃輝暗点”だということです。
これは、よくあることで、頭痛なしの場合でも多くの場合は
何も異常がないことも多いです。

が、稀に下記のようなものが原因になっている可能性もあります。

・脳梗塞
・脳腫瘍
・脳循環障害

ただ、中年の場合で、稀に、ということなので、
閃輝暗点なしの頭痛は危険!と大々的に言うほど危険なものではない、
ということは覚えておきましょう。

が、可能性は0ではないので、繰り返したり、
頻度が多くなっていると感じるような場合は、しっかりと検査だけは
受けておきましょう。
検査を受けてなにごとも無ければ、それはそれでめでたしですからね!

どこの病院に行けばいいの?

頭痛なしの閃輝暗点が出た場合は、まず眼科を訪れると
良いかと思います。
そもそも、その光が閃輝暗点なのかどうか。
それを確かめる必要もあります。
目がチカチカする症状は、閃輝暗点だけではありません。
他の症状も経験したことがあれば、見分けもつくかもしれませんが
未経験の場合は、なかなか”これが本当に閃輝暗点なのか”ということを
見分けることはできないでしょう。

そのため、他に症状が無ければ、まず眼科です。
眼科では、恐らく眼底検査などを行うことになります。
それで異常がなければ「閃輝暗点でしょう」ということに
なるかと思います。

その後は、脳神経外科などで、CTかMRIの検査を
受けておくとより安心です。
眼科・脳神経外科でそれぞれ検査を受けて、
両方で”異常なし”であれば、特に何も気にする必要は
ないかと思います。

ストレスなどが原因でも閃輝暗点が現れることは
あるので、異常なしの場合は、気にしないようにしましょう。
症状が急激に悪化、変化した場合は再検査した方が良いですが
そうでなければ、そのまま上手く付き合って行けば大丈夫です。

また、頭痛なしの閃輝暗点が初めてでた場合は、
最初は様子を見ても良いかもしれません。
繰り返したり、悪化したりするのであれば
ただちに眼科に行った方が良いですが、
1回きりだったりする場合、それほど深刻に
考えなくても良いかと思います。

頭痛があっても、油断してはいけない

頭痛なしの閃輝暗点は危険!という書き方は誤解を招くと
個人的には考えます。
例え、頭痛がある閃輝暗点だったとしても、
それが100パーセント安全なのか、と言われればそうではありません。

あくまでも、ネットで見たお話ですが、
「頭痛があるから自分の閃輝暗点は安全」みたいなのを
見かけたことがあります。
これは、間違いです。

もちろん、頭痛なしと同じように大抵の場合は、
”普通の閃輝暗点”で、頭痛ありの場合は
その頭痛の前兆現象として現れているだけである場合が多いです。

が、やはりこの場合でも脳梗塞などの可能性が0か?と
言われればそうではありません。
そのため、頭痛があっても、頭痛がなくても
閃輝暗点の症状が繰り返したりするようであれば、
やはり眼科と脳神経外科などの受診をすることは
とても大切なことではないかと思います。

結局、どうすれば良いのか?

結局のところ閃輝暗点の症状が出て、頭痛が来ない場合は
どうすれば良いのか。
ひとまず、症状が1回だけだったり、本当に稀に、
という感じであれば、そこまで気にしなくても大丈夫ではあると思います。
「頭痛がない」からと言って”はい、病気です”みたいなものではないので
その点に関しても、安心してよいかとは思います。

ただ、症状が続く場合や、悪化する場合、
自分自身で不安に思ってしまう場合は眼科を受診したほうが
良いかとは思います。
結局、何もないことも多いですが(私もそうでした)
100パーセントそうかと言われれば、それはわかりませんし、
自分で不安に思ってしまうのであれば、それははっきりと
白黒つけておいたほうが良いかと思います。

これは、頭痛がある場合でも同じことです。
不安だったり、症状が長引いたり、そういうことが
ある場合は、眼科を受診するのが、一番安心かつ
手っ取り早い方法です。

まとめ

頭痛なしの閃輝暗点は危険です!
みたいな書かれ方をしているところもありますが
あくまでも”稀に”そういう可能性がある、ということであり、
また、頭痛アリの場合でも”稀に”そういうことがある、
ということなので、
上でも書いた通りに、繰り返していたり、症状が悪化していたり、
不安な場合は眼科・脳神経外科で検査を受けましょう。

どんなにネットなどで情報を調べたとしても、
最終的に答えを出すには、自分が病院に赴いて、
検査を受けるしかないわけですからね・・・。