目に激痛が走った!急な場合は危険?原因となる病気と対処法!

病気・症状

目に急に激痛が走った。
そんな症状が出た場合はどうすれば良いのでしょうか。

例えば、目にまつげが入ったりして、チクチクっと
激痛が走るようなこともあるかとは思いますが、
何もしていないのに目に激痛が走ったりだとか、
そういうことがある場合は注意が必要です。

下記で説明しますが、場合によっては
重大な病気が隠れている場合もあり、
最悪の場合は失明、失明しなかったとしても
手の施しが遅れた場合には
重度な視力障害を残したりしてしまう可能性があるのです。

そうなってしまわないためにも、
目に激痛が走った場合に関しては
しっかりと状況を確認して、病院に行くようにしましょう。

考えられる原因と対処法

目に激痛が走っている…
例えば、何らかの薬品が目に入ってしまっただとか、
目に強い衝撃を加えてしまっただとか、
そういうことがあるのであれば、原因は明らかですし、
その場合はただちに病院に行くべきですが、
そうでない場合は、急に目に激痛が走ると
困ってしまいますよね。

激痛の原因として考えらえるものは
「目が原因のもの」「その他の部位が原因のもの」に
分かれてくるかと思います。

最悪のケースとして考えられるのは
「急性緑内障発作(きゅうせいりょくないしょうほっさ)」で、
これの場合は、短期間のうちに失明する可能性があり、
早急な治療が必要なものになります。

もちろん、それだけではなく、他にも
色々な原因が考えられます。
すぐに病院に行くべきもの、時間のあるときに病院に行けば
大丈夫なものなど、対処法としては、本当に様々です!

目が原因のケース

目が原因のケースとしては
色々な病気が考えられます。
角膜の病気などでも強い痛みが出ることもありますし、
”痛み”だけではどんな病気が隠れているのか、
実際に眼科で診察を受けて見なければ分からないでしょう。

ただし、要注意なのは
上でも書いた”急性緑内障発作”です。
これだけは特に注意しなければなりません。
これは、急激に眼圧が上昇することによって
起こるもので、放置しておけば、短期間で
視力障害や失明を引き起こす可能性のあるものです。

症状としては突然の目の奥の激しい痛みや
頭痛・吐き気・嘔吐などの症状になります。
これらの症状が出た場合には、夜間であっても
ただちに診察してくれる病院を見つけて
早い段階で治療を開始することが重要になります。
急性緑内障発作の概要はこちらで解説しています)

他に、眼窩の炎症、視神経の炎症、感染症、
角膜の病気から、ドライアイなどの病気でも、
目に痛みを生じる可能性はあります。
そういった場合でも、放置しておくと重症化する可能性が
ありますから、なるべく早めに眼科に行くことを
おすすめします。

目以外の要因

全ての痛みが、目が原因とは限りません。目以外の原因が
痛みを誘発している可能性も十分に考えられます。
例えば、片頭痛(へんずつう)は、目の奥が
ずきずきするように感じられることもありますが、
これは目ではなく、脳の関係になります。

また、三叉神経痛(さんさしんけいつう)などの
顔面の片側にのみ症状が出るような病気でも
目に痛みが生じる可能性もあります。

こういったものが原因である場合は、
基本的には脳の方の領域になります。
ただちに緊急で病院に、というわけではありませんが、
時間の開いているタイミングに、一度は病院で
診察を受けておいた方が良いですし、
それぞれ、症状を抑えるためには、治療が必要になる病気です。

痛みが出たら眼科に行かないといけないの?

目に痛みが出てきたら
眼科に行かなくてはいけないのかどうか。
これは、必ずしもそうとは限りません。
例えば、疲れ目や精神的ストレスなどで
そういった痛みを感じる可能性は十分にありますし、
痛みが日常生活に支障なく、続かない痛みであれば、
しばらく様子を見ても、問題ないかと思います。

ただし、下記のような場合は
一度は眼科に行き、しっかりと原因を突き止めることを
おすすめします。

・強い痛みが出た場合
・目の痛みが次第に強くなっている場合
・目の痛みはそれほどではないが、ずっと続いている場合
・痛み以外の症状(見えにくい)などがある場合
・自分で原因に思い当たる場合(薬品や衝撃など)
・日常生活に支障がある場合
・痛みが一度引いても、何度も繰り返す場合
・自分で症状に不安を感じる場合

これらの場合は、一度眼科で診察を
受けるようにしましょう。
特に、上でも書いたように「激しい痛み」の場合は
なるべく早く病院で診察を受けることが非常に大切なことに
なってきます。

その他の場合は、ある程度様子を見ても良いですが、
上でも書いてある通り、続く場合や悪化していく場合に関しては
そのままにしておくことは、マイナスでしかありません。
必ず、眼科で診察を受けるようにしましょう。

なお、目に異常がない場合は、脳神経外科などを紹介される可能性が
あります。

まとめ

目に強い痛みを感じたら、それは、何らかの病気のサインで
ある可能性も高いです。
すぐに落ち着いた場合などはともかく、続く場合や、
痛みがあまりにも強い場合は、ただちに病院で
診察を受けるようにしましょう。

特に怖いのが「急性緑内障発作」です。
急激に症状が進むために、早い段階での治療が求められるのです。

もちろん、目の痛みがそれほど強くなく、他の病気だったとしても、
放置しておけばやはり危険なものも多いですから、
そういった部分に関しても、しっかりと注意しておくことが
必要になってきます。