目が良くなったと感じる!そんなこと本当にあるの?その理由は?

対策・治療

「最近、目が良くなった気がする」

そう感じる人も中には、いるかもしれません。

ですが、実際のところは
「目が良くなる」ということは
難しいことです。

例えば、一度下がってしまった視力を
回復させることは、とても難しいことですし、
視力が急に跳ね上がったりするようなことは
基本的にはありません。

ブルーベリーなど、目が良くなると言われているものも
たくさんありますが
基本的にそういったものも、
食べて急に目が良くなることはありませんし、
「体感できるほどの効果」が出る可能性は
低いのも事実です。

それでも”最近目が良くなった気がする”と
感じる人もいるかもしれません。
では、そう感じる理由は何なのか。
それをご紹介していきたいと思います

自然と目がよくなる可能性は低い

何もしていないのに
自然と目が良くなる、ということは
基本的にはまずありません。
視力が急激に良くなったり
することもないと思いますし、
視力が低下しているような場合、
どんなに目に良いと言われていることを
したとしても、視力回復は難しいのも事実です。

レーシック手術など、方法は
あるにはありますが、リスクも高いものになりますからね…

では、どんな時に
”目がよくなった”と感じるのか。
それを解説していきたいと思います。

体調が良くなったとき

目以外の部分の体調を崩していて
それが回復したとき…
こういったタイミングでは
一緒に、目の調子も良くなった!と
感じるかもしれません。
実際には何も変わっていなかったとしても
人間、体調を崩していると色々なところの
調子が悪いように感じてしまうものですから、
体調が回復する、ということは
他の部分の調子が良くなった、と
錯覚させてしまうような部分も
出てくるかもしれません。

体調が良くなることは良い事ですし
それによって、目が良くなった、と感じることも
悪い事ではないので、
そう感じるのであれば
それはそれで良い事です。

精神的なバランスが安定した

精神的に疲れていたり、
強いストレスを感じていたり
何らかの理由で精神的に
ちょっとおかしくなってしまっていたり
する場合、視力などにも影響が
出る可能性があります。

”心因性視力障害”と言われる
精神的な部分が原因となる
視力障害もそのうちの一つですね。
精神的に負担が強くなったり
悩んでいたりすると、場合によっては
視力が低下したりと
目にも症状が出てしまう可能性もあるのです。

なので、その逆に
精神的な負担が軽減されたり
何か悩んでいたことが解決すれば、
目の調子が良くなった、と感じることも
あるかと思いますし、実際に
視力が改善しているようなことも
あるかと思います。

目自体に原因があって
視力が落ちてしまった場合
視力の回復は基本的には困難ですが
心因性のものであれば
目自体に何か問題が生じているわけではないので
原因が取り除かれれば
視力が回復することも実際にありますし、
何か精神的に悩んでいたものが解決すれば
名実共に「目が良くなった」と
感じることはあると思います。

目の疲労が回復した

パソコンやスマートフォン、
その他の細かい作業などで、
目の疲労が蓄積されていると、
見え方が悪くなったり、
目の調子を崩したり、
そういったことに繋がってしまう
可能性があります。

逆に言うと、
蓄積されていた目の疲労が
回復することによって
見え方が若干改善されたり、
目が良くなったと感じたり
することはあると思いますし、
目にとっても良い事です。

逆に、目の疲労が蓄積しているのに
放置してずっとそのまま
目を酷使するようなことがあると
本当に視力が低下してしまったり
最終的には、目の病気を招いてしまったり
することもありますから、
その点には注意をしなくてはいけません。

自分で目の疲労が貯まっているなぁ、
と感じるようなことがあれば
少し目を休ませてあげると
目が良くなった!という感じを
体験することができるかもしれません。

寝起き

人間の視力は日中、行動していると
どんどん落ちて行くものです。
逆に、朝のうちは、
夜に比べると見えやすいと感じる人も
いるでしょう。

これは気のせいではなく、
実際に人間は夜よりも朝のほうが
視力が出ていることが多く、
実際に視力が良くなっているので
「目がよくなった」「調子がいい」と、
感じるような人もいるでしょう。

人間は起きている間に
少なからず目を使い、目が疲れて行くものですからね…。

寝起きすぐだと
目がチカチカしていたり
変な見え方をしたり、といったことを
体験する人もいますが
基本的に寝る前だとか夜よりも
朝の方が全体的に目の調子が良い、
と感じることはあるかと思います。

目に良いとされていることをしている

ブルーベリーを食べたりだとか
目のマッサージをしたりだとか
目の体操をしたりだとか…
そういったことをしていると
”目に良い事をしている”という気持ちが
プラスに繋がることもあります。

仮に、実際には視力も回復してなければ
何も変わっていなかったとしても、
”目に良い事をしている”と思うだけで
人間は”見え方が良くなった!”と感じたり
することも、あるものです。

まぁ、実際に効果が出ている
出ていないはさておき、
もしも目が良くなった、と感じるのであれば
それはそれで良い事ですし、
そういった気持ちは
精神的にも良い影響を与えますから
悪い事ではありませんね。

目の病気などを治療した際

何らかの目の病気を治療した際などには
「目が良くなった!」と感じるかも
しれません。

実際に目の病気が治れば
目の調子が良くなることは
事実だと思いますし、
視力が回復するようなこともあります。

治療方法が存在する目の病気は
しっかりと治療しておいた方が
良いかと思いますし無理に
がまんしていると本当に
取り返しのつかないことに
なってしまう場合もありますから、
目の調子が悪い、と感じたら
なるべく早く眼科に行くようにしましょう。

どのような目の病気だとしても
治療をすると
本当に楽になると思いますし
早く治療すれば良かった、という
気になるのではないかと思います。

日によって変わるもの

人間の体調というものは
日によって変化するものです。
色々な条件が重なって
なんとなく調子の良い日も
あると思いますし、
逆になんとなく調子の出ないような日も
あるかと思います。

人間の体調は、目も含めて、
その日によって色々と
変わって来るものです。

なんとなく最近、目の調子が良いなぁ、と
感じることもあると思いますし
最近、目が良くなった気がする!ということも
あるでしょう。
もちろん、その逆もあるかと思います。

体調や精神的な面
目の疲れなどなど、
色々な条件で、その日の感じ方も
変わってくるものですから
少なからず、今日は調子がいいなとい感じる日も
悪いなと感じる日もあります。

ただ、それが目の調子が悪いと感じるようなときは
それがただ単に調子が悪いなぁ、と感じているだけなのか
実際に何か病気のようなことになっているのか、
という点に関してはしっかりと
見極めて行く必要があります。

病気なのにそれを放置してしまうと
症状はどんどん悪化していってしまいますし
治療の開始が遅れると
回復しきらなかったり、
治療が難しくなったりしてしまうものですからね…

まとめ

基本的に目が自然と良くなるようなことは
あまりないですが
上記のようなことで、
目が良くなったと感じたり、
目の調子が良くなったなぁと感じたり
することは実際にあるかと思います。

いずれにせよ、目の調子を
整えることはとても大事なことですし
調子が悪いまま放置してしまっては
いけないものですから、しっかりと
対応していくようにしましょう!