飛蚊症は脳と関係あるの?脳腫瘍や脳梗塞などの可能性は?

病気・症状

視界に黒い浮遊物や
虫のような物体、
黒い糸くずのようなものが見える…

これは、飛蚊症(ひぶんしょう)と呼ばれる状態ですね。

基本的に、目に原因のあるもので、
多くの場合は、生理的飛蚊症(せいりてきひぶんしょう)と呼ばれるもので、
治療の必要はないものです。
最初は気になると思いますが、次第に慣れていきます。

ですが、目の見え方の症状が
”脳”が原因で起きることもあります。
飛蚊症のようなものが見えた際に「脳」の方を疑う必要があるのか
どうかをお話していきたいと思います。

なお、飛蚊症自体については
飛蚊症とは?の記事を参考にしてみてください!
こちらの方に、病気の基本的な概要を記してあります。

原因は目

飛蚊症自体の原因となっているのは「目」です。
基本的に目に見えている異物が「飛蚊症」であれば、
脳に原因があることは無く、目が原因であると考えて
良いかと思います。

ただし、目の方が原因と言っても、
その原因は様々です。
上記で記述したように”生理的飛蚊症”であるケースも多いですが、
中には、網膜剥離(もうまくはくり)など、他の目の病気が
原因となっているケースもありますから、
初めて飛蚊症が出現した場合には眼科で診察を受けることが
望ましいかと思います。

自分自身で「この飛蚊症は大丈夫だ」だとか、
正確な判断を下すことは、できません。

ただ目に何か”見えないはずのもの”が見えた場合には
脳が原因である可能性も0ではありません。
それを、ご説明していきます。

脳が原因で見え方に異常が出る可能性はある

脳が原因で、目に黒い何かが見えたり、
粒粒が大量に見えたり…そういうことも実際にあります。
見え方は人によって様々なようで、
色々な情報が飛び交っていますが、
とにかく急激に症状が出たりするなど、
明らかにおかしな感じは分かるかと思います。

「飛蚊症」は目が原因のもので、
基本、脳の方面を心配する必要はありません。
飛蚊症自体は脳を起因として、起きるものではありませんので、
この記事のタイトルにもなっている「飛蚊症自体に脳腫瘍や脳梗塞、脳出血
などの危険性があるかどうか」で言えば、
単なる飛蚊症であれば、その可能性はほぼ0パーセントであると言えます。

ただし、注意したいのが、
”目に黒いものが見えたりする”というのは
飛蚊症以外でもあり得ることです。

飛蚊症とは見え方も異なるのですが、
普段、経験したことが無ければ、
「これ飛蚊症かな」と思ってしまう可能性も
充分にあるのではないかと思います。

飛蚊症と他の原因による「おかしなものが見える」ということの
区別をつけるのは、何も知らないと、難しいかと思います。

脳が原因の「おかしな見え方」とは?

脳が原因でおかしな見え方をすることはたくさんあります。
黒い点粒のようなものが大量に見えた、だとか
そういうお話も聞いたことがあります。
飛蚊症と酷似した症状と共に、目が一瞬見えなくなっただとか、
ろれつが回らない、などの症状が出ることもあるようです。
調べた限り、あまり一般的ではないようですが、
そういう症状が出る可能性も0ではないようですね。

また、私が昨年からかかっている病気
「ビジュアルスノウ」と呼ばれるものも、
脳の一部機能が原因とされており、
細かい砂嵐のような粒粒が見えます。
これ自体は治療方法不明で、命に関わるようなものではありませんが
飛蚊症未経験であれば、これを飛蚊症と勘違い
してしまう可能性もあるかと思います
(私は両方発症しているので見分けはつきます)

他に、これは飛蚊症とは明らかに違いますが
両眼で見たときだけモノが二重に見えたり、
視野が急激に狭くなったり、
目の一部が完全に見えなくなってしまったり、
そのような症状が脳の系統の病気で症状として
出てくることがあります。
(この部分のお話は今回のお話とは話題がずれるので
簡単にお話するだけに留めておきます…)

と、いうことで、”飛蚊症”自体は
脳とは関係がありませんが、
それと似たような点粒など、おかしな見え方が
脳を起因として出てくることはあるようです。

おかしいな?と思ったら…

黒い糸くずのようなものが見えたりした場合は
通常、眼科で診察を受けるのがベストです。
ただし、眼科で診察を受けて原因が不明だった場合や
その他のおかしな症状が見受けられる場合、
脳が疑わしい症状(ろれつが回らない、両目で見たときだけ二重に見える、
急に視野が欠けた、などなど)がある場合に関しては
脳神経外科等の診察を受けるようにしましょう。

細かい部分に関しては、色々な検査を受けないと分からないこともありますが、
基本的に脳腫瘍・脳梗塞・脳出血など、ただちに命に関わる危険性の
あるものなどに関してはCT検査やMRI検査などを行えば
ほとんどの場合は、確認することができます。
心配な場合は脳神経外科などで検査を受けるようにしましょう。

まとめ

飛蚊症自体が、脳の病気に繋がっているわけではありませんが
「飛蚊症のような見え方」をしたり、
「おかしな見え方」をすることは実際にあります。
そのため、症状が急激に現れて「おかしいな」と感じる場合は
しっかりと診察を受けることが大切ですし、
単なる飛蚊症の場合であっても、場合によっては
脳関係なしに「網膜剥離」など放置すれば失明の
危険性がある病気が原因となっている可能性も十分にありますから、
しっかりと対処はしておくようにしましょう。

とにかく、心配な場合は、早めに眼科の受診、
脳が疑われる場合は脳神経外科の受診が
大切になります。