目や瞼がピクピクと痙攣する!そんな場合に考えられる原因と病気は?

目の周りや瞼(まぶた)がピクピクする…
これ自体は、経験したことのある人も多いと思います。

放置しておけば自然と治ってしまうこともありますから、
あ~またピクピクしているよ!ぐらいにしか
思わない人も居るでしょう。

ピクピクは、ストレスや疲労などが原因となって出る場合も
あり、それに関してはそれほど心配する必要はありません。

が、長く続く場合、症状が悪化していく場合などに
関しては病気の可能性もあります。
どのような病気の可能性があるのかをまとめましたので、
参考にしてみてください。

スポンサーリンク

ピクピクの原因は何か?

目がピクピクしている場合の原因は色々と考えられます。
最初は数日間様子を見てみても良いと思いますが
一向に症状が治らない場合などに関しては、
万が一のことも考えられますし、
ピクピクを初期症状とした「危険」な病気も存在するのが事実です。

実際に皆様の目がどうなっているかは、
ネット上で判断することはできません。
最終的には眼科に足を運ぶしかないのですが、
目安として、下記のようなことが考えられます。

眼瞼ミオキミア

これの場合は、あまり心配する必要はありません。
基本的にストレスや疲労、そういったものが原因であり、
通常は数日~1週間程度で回復します。

片方の瞼が痙攣することが多く、
下側の瞼の痙攣が主になるみたいですね。

治療としては点眼薬などによる治療もありますが
数日で自然治癒することもありますから、
とりあえずは様子を見ても良いと思います。

よく体験する数日で治るピクピクなどが
これに該当します

(※眼瞼ミオキミアについて詳しくはこちらををご覧ください!)

眼瞼痙攣(がんけんけいれん)

ピクピクから考えられる原因の中でも良くないのが
この眼瞼痙攣と呼ばれる病気ですね。
初期症状としてピクピクしているように感じることがあります。

光をまぶしく感じたり、目を開けていると痛く感じたり、
重症化すると、目を開けることができなくなってしまい、
視力はあるのに目を使うことが出来ない状態
機能上の失明状態になってしまうことがあり、
しっかりとした治療が必要となります。

薬物療法や、注射、場合によっては手術など
色々な治療方法があります。
医師の経過観察のもと適切に判断していきましょう。

(※眼瞼痙攣について詳しくはこちらをご覧ください)

眼精疲労(がんせいひろう)

これは、目に疲労が蓄積してしまっている状態で、
回復が追い付いていない状態です。
眼精疲労の症状でもピクピクが出ることがあります。

ただ、この場合は、ピクピク以外にも
目の不快症状が他に出ることも多いと思います。
何らかの症状が一緒に出ている場合、
この眼精疲労である可能性も十分に
考えられます。

眼精疲労の治療法としては点眼薬による治療や
目に負担をかけないように生活習慣を
見直すことになりますね。

経過観察をしながら治療を進めていきましょう。

(※眼精疲労について詳しくはこちらをご覧ください!)

脳関係のもの

脳が関係している症状でも、目がピクピクしてくることがあります。
ただ、この場合は、目だけではなく、顔全体だったり
顔半分だったりと、目以外の部分に関しても
しびれたり、ピクピクしたりしてくるはずです。

片側顔面けいれんなどの心配がそれほど必要ないものから
脳梗塞などでもしびれが発生する場合もありますし、
チック症などでもしびれが発生することがあります。

もしも、目のピクピクだけではなく、
それが顔面全体などに広がるようであれば、
一度病因で診察を受けた方が良いでしょう。
また、急激に症状が出てきて、顔面が麻痺してしまったり、
ろれつが回らないなどの症状が出てしまったりした場合、
それは急を要する脳の症状の可能性も高いですから
早めに病院を利用することをおすすめします。

ピクピクが出てきたらどうすれば良いの?

目のピクピクが出てきた場合はどのようにすれば良いのか。
基本的には数日間は様子を見てみても良いと思います。
一番最初にご紹介した一般的なピクピクの原因である
眼瞼ミオキミアであれば、数日すれば自然と治ります。

ただ、下記のような場合は眼科に足を運びましょう。

・ピクピクが治らない場合(1週間以上続く場合は要注意です)
・ピクピクが次第に悪化している場合
・痙攣以外の症状が出てきている場合
・目以外の部分もしびれたりしている場合(これは緊急の可能性も)
・治りはするものの、何度も何度も繰り返す場合。

これらの場合は眼科の診察を受けて、
検査などを行い、重大な病気が隠れていないかどうかを
確認することが大切になります。
また、目以外の顔面部分がしびれる場合に関しては
目ではなく、脳や神経に原因がある可能性が高いですから
脳神経外科などを受診することをおすすめします。

治療が必要な病気である場合、なるべく早く治療を開始した方が
何事も良いですから、上のような傾向がある場合は、
面倒がらずに、一度病院に足を運ぶことをおすすめします。

まとめ

目がピクピクと痙攣している場合、
多くの場合はストレスや疲労など、一過性のものであることが
多いのですが、必ずしもそうとは限りません。
上であげたような病気も可能性もありますし、
ピクピクやしびれの範囲が広がるようであれば
脳が関係している恐れもあります。

眼瞼痙攣など、機能的失明に陥る病気の可能性も0ではありませんから
数日で痙攣が止まれば問題ありませんが、
悪化したり、他の症状も出て来たりした場合は、
早めに病院へ足を運ぶことが基本です。