レーシック手術はした方がいいの?するべきかどうかを考察!

検査・眼科

レーシック手術。
失われてしまった視力を回復するための数少ない方法です。

基本的に視力は
病気的なものであったり、精神的なものであったりと、
一部の場合を除き「回復」することはできません。
ブルーベリーだとか、マッサージだとか、そういったものでも
そう簡単には回復しないのです。

私もいろいろと試してみたことはありますが、
やはり回復はしません。
そもそも、そんなに簡単に回復してしまえば、
誰もレーシック手術も受けませんし、眼鏡もコンタクトレンズも
使わなくなるでしょうからね。

なので、もしも裸眼視力を回復させたいのであれば、
選択肢の一つが「レーシック手術」になるわけです。

手術はするべきなの?

視力が低下してしまった場合、
レーシック手術はするべきなのかどうか。
手術が成功すれば、確かに視力は回復します。
しかしながら、この手術には大きなリスクもあり、
一番最悪のケースを言えば「失明」することもあります。
視力を回復させようとしたことが、逆にマイナスに
なってしまうわけですね。

こんな風に書くと怖い手術だと思ってしまうかもしれませんが
勿論”そういうこともある”というだけの話題であって、
そんなに危ない手術ではありません。
危険手術であれば、許可が下りませんからね。

が、そういうリスクはありますし、
危険を伴うこともある、ということは覚えておかなくてはなりません。

それを踏まえた上で「レーシック手術」はするべきなのかどうか、
という点を、考えていきたいと思います。
レーシック手術自体についてはこちらをご覧ください)

基本的には必要ない

特別、裸眼視力にこだわりが無ければ、個人的には
レーシック手術を受ける必要はない、と考えています。
理由としては、眼鏡やコンタクトレンズで十分に視力が出ますし、
上記のようなリスクや費用の問題もあります。
そのため、特別なこだわりや事情がなければ、
私は、レーシック手術をわざわざ受ける必要はないと思います。

私も眼鏡を利用していますが、眼鏡があれば十分に
視力は取り戻せていますし、
わざわざ裸眼視力を元に戻す必要はないな、とも感じます。

普通に生活を送る分には、どんなに視力が低下してしまっても、
それが病的なものでない限りは対応することができますから、
眼鏡やコンタクトレンズの利用で十分だと思いますし、
実際に手術を受ける人よりも、眼鏡などの利用で済ませている人の方が
圧倒的に多いかと思います。

費用的に非常に大きな負担

レーシック手術の大きなハードルが
手術にかかる費用です。
色々な条件はありますが、数十万円はかかるようです。
この費用は庶民にとってはかなり痛手だと思いますし、
万が一、後遺症などが出た場合や、再手術となれば、さらに費用は積み重なります。

一方、眼鏡やコンタクトレンズであれば、そんなに費用はかかりません。
特別な眼鏡でなければ1万円以下でも作れますし、
眼鏡の処方箋などを書いてもらって特注の眼鏡を作ったとしても、
十万円レベルで費用がかかることはありません。
そのため、コストパフォーマンス的に見ても、
かなり手術はハードルが高いのも事実です。
手術となれば、事前検査なども必要になりますから、かなりの費用が
かかることになりますし、それで確実に成果が出るか、と言われれば
上でも書いたように、必ずしもそうではありません。

一方、眼鏡であればちゃんと自分の視力などを調べて作れば、
お金を出したのに視力は戻らない、なんてことにはならないでしょう。
ちゃんと、視力を取り戻すことができます。

そういった意味では「確実性」の面に関しても、
手術よりも、確実性がある、ということになります。
やはり、そうなると、裸眼視力を取り戻すことよりも
眼鏡などを選らぶ方が圧倒的に多いのもうなずけますし、
私も、何十万も支払うのであれば、やはり眼鏡でいいや、と考えます。

リスクがあるのも不安材料

レーシック手術には、リスクもあります。
どんな手術でも100パーセント安全な手術など存在しないのですが
この手術は適切な眼科や病院などで受けないと、より危険が増したりする
手術でもあり、適切に処置を受けた場合でも、
場合によっては、色々な面で、不便なことが出てくる可能性もあります。

確かに、基本的には安全な手術ではあります。
ですが、ある意味では一種の賭けであるのも事実でしょう。
このまま眼鏡やコンタクトレンズをかけていれば、
裸眼視力は戻らなくても、
充分な視力は得ることのできる「見える」生活を送ることは可能です。

もしも、手術に成功すれば、確かに眼鏡やコンタクトレンズから
解放されることはできるのでしょう。
しかしながら、もしも何か起きてしまった場合は…?
そのまま暮らしていれば、眼鏡などは必要であっても、
普通に”見える”生活は送れていたはずです。
しかしながら、レーシックを受けてしまったことで、
逆に辛い思いをしたり、見えなくなる可能性も0ではないのです。

手術はどんな手術でも”賭け”であるのは事実。
100パーセントは存在しません。

しかし、それでも人間には手術を受けないと生きられないこともありますから、
賭けでも、手術を受けなくてはいけない人は大勢います。
しかしながら、レーシック手術はそうではありません。
「手術しなくても、生きることはできます」
ですので、レーシック手術を妨害するとか、そういう意味ではなくて、
受けなくても、生きることはできる、ということは
覚えておいた方が良いと思いますし、
その上で賭けに出るのかどうか、ということです。

確かに、視力回復して眼鏡やコンタクトレンズから
解放されて、生活している人もたくさんいます。
が、逆にレーシック手術で苦しいことになってしまい、
今も苦しんでいる人も居ます。
これが、事実です。
成功確率は高く、安全な手術ではありますが、
それでも、苦しんでいる人も居る。

その上で、自分が手術を受ける選択をするのか、どうか。

私は個人的に費用とリスク、この2つを考えてみて、
レーシック手術を受けることは考えていませんし、
今後も、受けることはないと思います

決めるのは自分自身!

視力が落ちてしまった場合、レーシック手術を受けるかどうかを
決めるのはあくまでも自分自身です。
ただ、何も知らずに「視力が回復するんだ~」と軽い考えで
レーシック手術を受けるようなことはあってはいけないと思います。

少なくとも「費用」と「リスク」
この2つについてはしっかりと知ったうえで判断を行うべきです。
手術が悪いものだ!と言っているわけではありません。
手術自体は適切に行われればしっかりと効果を発揮するものです。
ですが、どんな手術も100パーセントではないですし、
するべきかどうか?と言われれば
「するべきではない」と言うのが答えです。

「やめろ」という意味ではなく
絶対に必要か?と言われればそうではない、という意味の
するべきではない、です。

最終的に決めるのは自分自身です。
費用やリスク、裸眼視力が本当に必要かどうか、
色々な面を考えて判断するのがベストであると思います。

まとめ

私の場合は、レーシック手術について、
安全性などを知ったうえで、総合的に判断して
やらなくていいや、という答えに辿り着きました。

が、受ける!というのが悪い事ではないですし、
ちゃんと費用とリスクを理解した上で受けるのは、
全然良い事です。

絶対必須、というものではないですが、視力回復の数少ない
手段であるのも事実です。
自分自身で判断して受けよう!となるのであれば、
受けてみるのも一つの方法です。

眼鏡がいらなくなるのであれば、やはりそれは
喜ばしいことですからね…!