目にキラキラしたものが見える!そんな場合の考えられる病気は?

病気・症状

目にキラキラしたものが見える…
そんなことはありませんか?

それは、何らかの病気のサインである可能性もあります。
キラキラしているものが見えている場合、
その原因を突き止めることが大切になります。

まず最初に言っておくと、
目にきらきらしたものが見えるからと言って
必ずしも治療が必要な状態とは限りませんし、
むしろ心配しなくてもいいようなケースが多いのも事実です。

そのため、あまり不安に思ったりしすぎずに、
対処していくようにすれば良いと思います。

どんなことが考えられるの?

基本的に、目にキラキラした光が見える、
という症状が出ている場合、
考えられる原因は2つです。

1つは「光視症(こうししょう)」と呼ばれるもの、
もう1つは「閃輝暗点(せんきあんてん)」と呼ばれるものですね、
光が見えていない場所でキラキラ見えるような場合は
この2つのうちのどちらかを疑うのが一般的でしょう。

稀に、精神的な原因だったり、
特別なケースだったりすることもありますが、
多くの場合は、この2つのどちらかであると
考えて良いかと思います。

緊急性は、そこまで高くない場合が多いので
(必ずしもそうではありませんが)
ある程度様子を見てみて、下記のような
状態であれば、眼科を受診するのが良いかと思います。

・症状がいつまでも続く場合
・症状が繰り返し何度も起きる場合
・激しい頭痛を伴っていて、辛い場合
・症状が日に日に酷くなっている場合
・その他の気になる症状もある場合
・自分で不安に感じる場合。

これらの場合は、早めに眼科で検査してもらった方が
良いかとは思います。

原因は何なのか、という部分に関しては、
「目」か「脳」
そのどちらかが元凶になって、キラキラとしたものが
見えている、ということになります。
光視症は、目が原因の症状、
閃輝暗点は、脳が原因の症状となります。

それぞれについて、概要を下記に示します。

光視症の可能性

暗い場所でも光がキラキラと見える症状です。
人によって見え方は異なるようですが、
一瞬光るような場合もあれば、
キラキラしたり、チカチカしたり、色々な感じ方があります。

さまざまな要因で網膜に刺激が与えられたりした際に
光を感じる、というもので、
その原因は生理的なものからストレス、外部からの刺激、
網膜剥離の前兆などなど、様々なものがあります。

この光視症であった場合、具体的に”何”が原因なのかは
眼科で検査を受けなくては分かりません。
検査の結果、網膜剥離などの兆候が見られる場合は
その治療を行う必要がありますし、
その他の病気が発見された場合に関しても、その治療が必要になります。

一方で、生理的なもの(ストレスなど)が原因の場合は
経過観察となり、この場合は何年、何十年と続いても
特に問題ない場合もあり、治療は必要ありません。

光視症について詳しくはこちらをご覧下さい!)

閃輝暗点の可能性

もう一つ、可能性として挙げられるのは「閃輝暗点」と呼ばれるものです。
突然、視界にきらきらした光のようなものが見え、
目を瞑っても、それが焼付いたかのようにずっと、見えたままに
なってしまう、というものです。
この光は、ギザギザした感じだったり、歯車のような形だったりと
カタチは色々です。
この光に関しては、初めての場合はとっても驚かれると思いますが
数分~数十分程度で消失します。
ただし、消失後に激しい頭痛(片頭痛)が出てくる場合があり、
注意が必要です。

閃輝暗点は脳の血流・血管関係の問題で、
片頭痛の前兆現象として現れることが多いものです。
そのため、目自体には異常はなく、脳の方に異常がある
(多くの場合、そんなに深刻に考えなくても大丈夫です)ものになります。

基本的には片頭痛が原因になるもので、
片頭痛治療(主に内服薬です)で対処するカタチになります。
が、稀に頭痛を伴わないタイプもあり、
その場合は、目のギラギラだけ味わうカタチになりますね。

なお、片頭痛あり・なし、どちらの場合でも、ごくまれに
脳梗塞などの前触れとして出てくる可能性もありますから
その点は、要注意です。

閃輝暗点について詳しくはこちらをご覧下さい!)

きらきらした光が見えたら何科に行けば?

まず、最初に書いた通り、しばらく様子を見るのも
構いませんが、書いたように異常があったり、悪化したりする場合は
すぐに病院に行きましょう。
網膜剥離(最悪の場合は失明)、脳梗塞(最悪の場合は命に関わることも)の
可能性も0ではありません。(全体でみれば割合は少ないですがそういう可能性も
稀にあるという意味です)

きらきらが見える場合は、最初は「眼科」が良いかと思います。
光視症と閃輝暗点を確実に見分けることは難しいです。
両方体験していれば話は別ですが、そうでないとなかなか難しいのは事実です。
そのため、まずは「眼科」を受診し
眼科で異常がなければ、閃輝暗点を疑い、脳神経外科、という流れが
ベストではないでしょうか。

まとめ

目にきらきらしたものが見える。
見えるはずのないものが見えると、
それがどんな見え方であっても、不安には
なりますよね。

きらきらしたものが見える症状は
基本的には、そこまで心配するもので
ないことが多いですが、
稀に網膜剥離、脳梗塞などに繋がっている可能性もあります。

そのため、症状が続いたり、悪化したり、別の症状もある!
という場合に関しては、必ず、眼科・脳神経外科を受診して
原因ははっきりとさせておくことをおすすめします。